FC2ブログ

ヤギ山通信 その256 GWの営業とナチュラルワイン試飲会のお知らせ

IMG_2997_R.jpg
春の仕事が急ピッチで進む中、
放牧地の電牧線張りも大方終わり、
今週中には山に放牧できる予定が見えてきました。

今はまだ、パドックの中だけですが、それでも
ちょっぴり青草ニュアンスをチーズに感じられるように
なってきました。

すごいですよね、ヤギたちが食べたものが、
ミルクを通して、そしてチーズを介して
また表現されてくるのですから。

春のチーズは面白いです。
「この日から放牧した」というのがわかるくらい違います。

さて、今年で3回目になる
「ナチュラルワインの試飲会」のお知らせです。

山田農場の直売所にて
4/27~5/6
10時~15時まで
ナチュラルワインを3~5種類ほど試飲できます。
1グラス 300円
3種飲み比べ 700円
(チーズのおつまみ付き)
抜栓したてから、数日経っているものなど、
実は面白い変化をしていくワインの様を、
チーズと合わせながら楽しんでみませんか?
新しいワインの楽しみ方があるかもしれません。

抜栓するワインは内緒です(笑)。
その都度変化を見ながら決めますので、
いつ来た方がお得よとか言えなくてすみません。。

試飲会というよりは、山田農場で販売中のワインを
味わいながら、楽しんでいただけたらなあという企画です。

※飲酒運転は固くお断りしています。
ドライバーさん付きでお願いしますね

更に、今年から輸入ワインに限ってですが
「地球発酵ファミリーカード」・・というものを発行中。

「地球上の発酵した家族だと勝手に思っているワイナリ―の
方々のワイン」を、いつも店頭価格の5%OFFとさせていただく
というものです。

チーズやワインの他に販売しているものも沢山あります。
詳しくはカテゴリー内の「お店の紹介」をご覧ください。

ガロ写真
山羊のチーズ 「ガロ」。
このチーズの懐の深さに、改めて感動した春。

続けていてよかったなと思えた春でした。
自分たちの敬愛するヴィニュロンの方々のワインと合わせても、
素晴らしい余韻、そして変化を遂げていくチーズ。
それだけでまた1年頑張れそうです(笑)。

この気持ちをちょっとでも共有したく、
試飲会を企画しているかもしれません。

天気が悪い場合もあります。
店内狭いので、外(テント張ります)でお願いすることも
あるかと思います。(温かい恰好でいらしてください)

色々とご理解いただきながらの試飲会ですが、
GW営業も併せて、どうぞよろしくお願いします!!

なお、GW後は、農繁期に入るため、
土日以外は事前予約が必要となります。
平日午後はまず不在になりますのでご注意ください。

DSCN0423_R.jpg

我が家のブドウも、なんとか増えてきています。
ブドウの作業が楽しすぎて、時間がいくらあっても足りない(笑)。
山の神様、土地の神様・・
今年も良い年でありますように。

ヤギ山通信 その255 イケメントリオ

DSCN0351_R.jpg

(哺乳中・・一人3本~4本の哺乳瓶持ち!)

春休みが終わり、学校が始まるとバッタバタの山田農場です。
子どもたちも朝6時ころから仕事を手伝い、分担してこなしてから
学校に行きます。

25頭の子ヤギの哺乳と、オス山羊のエサやり、
薪運びは子どもたちの仕事です。
(朝ごはんの支度も自分たちでやります。そうしないと、
間に合わないのです。。)

夕方も、同じ仕事をしてから宿題やパン焼き・・
好きなことに没頭できるのはその後になります。
なんでそんなに忙しいのかというと・・
酪農という仕事は、必ず朝晩に動物たちにエサをあげ、
搾乳をするからなのです(ヤギの場合は冬の搾乳はなしです)。
そう、自分たちのご飯の前に、まず動物たちという感じです。
ちなみにうちは、そのあとにチーズの仕込みが朝夜あるので、
更に時間がかかります。

子どもたちにとってはどうかというと・・・
「仕事」は「仕事」なんだけど、自然と「自分の家の事」、
そして「自分の事」と捉えてくれているようです。
だから、いつも「ありがとうね!」というのを忘れないようにしています。
ホントに助かっているからです。

DSCN0064_R.jpg

でも、何だかんだそれが日常になると、「子どもたちの日常」になるようで・・
時間のやりくりをし始め、どうやったら効率よく時間までにできるかを
自分たちで考え始めます。

DSCN0075_R.jpg
(ほぼ毎日、ユウサクパンが焼きあがります)
ユウサクが中学校に行くのをやめた理由も、
「勉強が忙しすぎて、仕事とやりたいことが出来ないから・・」

DSCN0089_R.jpg
朝仕事と朝ごはんが終わった後、フリースクールに行くため、
待ち合わせ場所まで走っていきます。片道約5キロ。

DSCN0284_R.jpg
先日、そのフリースクール(チーフークリスチャンスクール)にて、
わがやの提案で、「ヒツジの解体&ハンバーグ造り」という授業を
させていただきました。

最初はみんなおっかなびくりだったけど、肉や骨に触って、
包丁を入れ、ミンチにし、ハンバーグを作っていくうちに、
色んなことを感じてくれていたようです。

感想文にNくんが書いてくれたことがとっても印象的でした。
「動物たちは、人間に食べられる。人間は誰にも食べられない。
そんな安全な所に居て、でも、人と人は争う。
戦争したり、人のものを奪ったりする。
愚かだ。」

色々と、通うには大変なことも多いけど、
こんなに温かい大人や子どもたちに囲まれて、情緒豊かに
育つ環境にある学校にいけることは本当に幸せなことだと思います。
ここに通う子どもたちを見てたら自然にそう思います。

DSCN0419_R.jpg


最近は、薪割りにもはまってます。
小割りをいっぱい作ってくれるのでありがたい。

DSCN0421_R.jpg

うちの子は、みんな身長が低いので、なかなか
薪割りは難しかったのですが、力がついて来て
足腰しっかりしてきたせいか、パカパカ割ります。

DSCN0425_R.jpg

こちらはまだお遊びですが(笑)、かまど用の廃材を小割りにするのは
「おらやる~!」と、自分から引き受けてくれます。

DSCN0427_R.jpg

最近は、みんな音楽が好きで、暇を見つけてはギターやウクレレを
弾いたり、唄を歌ったり。

DSCN0333_R.jpg

そして、お小遣いで(うちでバイトして貯めたお金)で、とうとう
自分のCDをゲット!
最近はまっているアーティストは・・
ユウサクはハンバートハンバート
コウサクはスペシャルアザーズ
ハルサクはサンボマスター
それぞれ、バラバラなのが面白いよね(笑)。

DSCN0409_R.jpg
春休み、お出かけしたり、従兄弟が来たりして、
楽しかったけど、次の目標としては・・
「家族旅行に行こう」です。
と言っても、なかなか動物たちやチーズたちを置いて遠くまでは行けない。

だから近場ででも小旅行をどこかでしよう。

小学校の文集で、コウサクのやってみたいこと・・の欄に
「家族旅行」って書いてあった。
それを見て、なんかグッときちゃった父と母なのです。

このイケメントリオにボーナスとして、
「冬に家族旅行をする!!」ことを目標にして、
今シーズンも頑張ります!!!

さて前回に引き続きお知らせです。
GW中にはまたナチュラルワインの試飲会を予定しています。
(詳細は後日アップします)

4月中旬ころからは放牧も始まります。
少しづつ変化していくチーズの味をお楽しみください。

土日はだいたい営業していますが、必ず事前に営業日時や
チーズの在庫をご確認の上、ご来場いただくことを
お願いしています。
どうぞよろしくお願いいたします!







ヤギ山通信 その254 チーズ販売開始です!

3月の出産を経て、少しづつチーズが出来てきています。
4月1日より、山田農場の直売がスタートしました。
まだ数が少ないため、直売のみになり、
地方発送は4月中旬過ぎになる予定です。
また、チーズの種類も、しばらくは
フレッシュ、ガロの2種類のみです。
ハードタイプも限定生産の予定ですが、
数や出荷時期は未定です。

IMG_3404_R.jpg
冬季間、ミルクがないので工房は休眠状態でした。
乳酸菌や酵母たちを起こし、彼らの活動が活発に
なってくるまでには少し時間がかかります。

気温もまだ低いので、なおのこと。
酵母たちがチーズ表面を覆い、キノコのような
香りがしてきたら包装&出荷の合図です。

DSCN0380_R.jpg
今年、看板を新しくしました。
ヒツジを自家用のみとし、ヤギ乳100%になったことと、
ナチュラルワインを販売する酒屋として自覚が芽生えた(笑)?ことと、
お客さんから再三「看板見えな~い!」と怒られていたこと、、
などの理由で、こんな感じにしてみました。

DSCN0384_R.jpg
シロタイ方面から来たらこんな感じ。

DSCN0386_R.jpg
鹿部線(道道43号)からきたらこんな感じで・・

DSCN0387_R_R.jpg
このイケメントリオは立っていませんけど(笑)、
だいぶイメチェンです。

直売所は自宅横にありますが、平日は畑に出ていることが多く、
事前連絡なしですと不在の事があります。
以下、直売所情報です。

農場直売所の紹介

DSCN0392_R.jpg
看板を立てた後、すぐ下の川に「食べ物」を散策。

DSCN0394_R.jpg
子どもたちは川虫やヤゴを見つけて大はしゃぎ!

DSCN0391_R.jpg
これ、軍川なんですけど、砂防ダム工事をしてしまったため、
川魚がぐっと減ってしまっています。
要らぬ手を自然に与えてしまって困ったもんだなと
思っていましたが、少しづつ回復してきているようです。
まだまだ時間はかかるとは思うけど、
やっぱり川が近くにあるとなんかホッとします。

DSCN0390_R.jpg
ここ数日、季節が逆戻りして雪が積もり、
山菜の足音がまた遠のいてしまったと諦めていたのですが、
川の近くは石があるせいか温かくて、
ヨモギやイラクサの新芽がじゃんじゃん出ていました。

こんな小さな芽ですが、すごいエネルギーを感じます。
イラクサは、チクチクしますが、全然クセが無くて、
成長しても新芽は食べ続けられるので重宝します。
今日の食糧です、天ぷらかな?
これから露地野菜が採れるまで(6月頃かな)、
越冬野菜と山菜が、わが家の食卓のメインになります。
いかにやりくりするかが、意外に楽しいんです。

DSCN0396_R_R.jpg

さて、珍しく掲載冊子の紹介です(笑)。
(いつもあんまり宣伝しないもんで)

★クロワッサン スペシャル特別編集 
「体にやさしい手みやげ&お取りよせ」
(マガジンハウス ムック)

★日本のナチュラルチーズ/佐藤優子 著
(虹有社)

DSCN0398_R_R.jpg

クロワッサンの方には、知り合いのチーズ工房やパン屋さんの紹介も。
たまたまうちを訪ねてくれたライターさんからの紹介でした。
ありがたいです。

佐藤優子さんの本は、このように書いていただいて、
本当に感謝しています。
「チーズとは、その土地を語る唯一無二の発酵食品である」という
理念を持つ農場ということから始まるこの記事は、
永久保存版かもしれません。
機会があったら読んでみてください。

放牧やぎ_R
さて、長くなりましたが、
今シーズンも山田農場をよろしくお願いします!

GW中にはまたナチュラルワインの試飲会を予定しています。
詳細はまた次回に。

4月中旬ころからは放牧も始まります。
少しづつ変化していくチーズの味をお楽しみください。

土日はだいたい営業していますが、事前に営業日時や
チーズの在庫をご確認の上、ご来場いただくことを
お願いしています。
どうぞよろしくお願いいたします!



ヤギ山通信 その253 今冬の備忘録

山羊たちの搾乳期間が過ぎ、妊娠して乾乳期に入る12月から、
次のシーズンの出産が始まる春3月頃まで、
山羊農家はオフシーズンになります。

チーズの在庫があるので12月は何とか営業し、
実質1月2月は完全オフ(=失業とも呼ぶ・・(笑)。

ただ、私たちにはもう、なくてはならないリセット期間になっています。

IMG_3394_R.jpg
子どもたちと遊ぶ時間
読書、音楽、「発酵会議」
そして大真面目に呑んで語らう時間・・
これがあってこそ、人生楽しくなるもんです(笑)!

・・と、大見得切って冬を楽しめるようになったは最近ですが、
やはり、子どもたちが成長してくれているおかげです。
本当に一生懸命仕事をしてくれて、
本当に楽しそうに自分たちの好きなことをしている。

春から秋は、ほとんどゆっくり一緒に過ごせないけど、
冬だけは、家族の時間と、それぞれの充電時間を
いかに充実させるかを考えられる。
冬はなんとも楽しいバカンスなのです。

ひとつ、大切な思い出を備忘録で綴ります。
(今回は父ちゃんの思い出です)

52591505_1123987824446183_2937607688860729344_n_R.jpg

なんと!2月にケイスケは仙台に。
13年ぶりの道外脱出でした。
私が長男を妊娠中に東京の実家へ一緒に行ったきり、
道外は久しぶり、そして仙台は初!
そして一人旅(笑)!!!

目的はここ、「ニコル」さん。
「ニコルさんのお料理を食べて、ここで開店から閉店まで居る」
その夢を叶えに。。

53209754_584548652018984_7463375403382472704_n.jpg
左がニコル店主、伏谷さん。
右は仙台の酒屋、佐藤商店さん。
お二方とも、大切なお取り引きのお店です。
ただそれ以上に、熱い情熱を持って、
引き合ってここにいるんだ!ということを、
再確認した日だったそうです。

一言では書き表せない、出てくる一品一品にストーリーがあって、
それを大事に伝統や文化として守り伝えている伏谷さん。
文化って、消えていくのはあっという間だけど、繋げていくのは
時間のかかることですよね。

かかった時間の分、多くの人の知識や知恵や感性が込められている。
まるで「種継ぎ」のよう。。。

4000年のチーズ造りの歴史から感じるように、
伝統料理にも感じる根源的な何か・・
「魂が揺さぶられる」という感覚。

53068903_2319322824747152_4463416385795522560_n_R.jpg

ワインにも、チーズにも、文化があり、
同じくそこには魂があって・・
どんな話をしたのか、ケイスケは一通り聞かせてくれたけど、
後日、佐藤さんが送ってくれた写真を見たら、
なんかもう・・それだけでグッときちゃいました。

52561448_624498314646993_3098865285415829504_n_R.jpg

翌日、仙台の大先輩、バトンさんにもご挨拶。
時間がない中、1時間ぶっ続けでお話してくださったそうです。
みなさん、お忙しい中、本当にお世話になりました。

1泊の強行突破でしたが、本当に行けてよかったと言っていました。
13年、走り続けて、「仙人のよう」・・になりかけていました。
いつか、家族でも行きたい街、仙台。
ありがとうございました。

DSCN0324_R.jpg

さて、順調に出産を迎えている山羊たち。

チーズの直売は4月頭からの予定です。
道の状況も見つつですが、一応、
山田農場の直売所は4月1日オープンとさせていただきます。
(いつもあいまいですみません。。)

地方発送再開は、また後日お知らせいたします。
よろしくお願いいたします!








ヤギ山通信 その252 山の春、そして山羊たちの出産 

DSCN0312_R.jpg

雪が少なく、そして暖かい日が続いている今年の春。
山の雪もどんどこ融けています。

有難いのですが、雪が少ない年は、後で必ず何かでお返しが来ます。
干ばつ・・かと思いきや、大雨、低温・・。
最近は毎年ですが、アップダウンの激しいのが例年。
とりあえず今は、早い春の訪れを楽しんで過ごしておこう。
今年はどんな年になるのかな~。。

さて、暖かくて一番よかったことは、山羊たちの出産。
3月、いつもの年なら結構冷える時があり、油断できなかったのですが、
今年はお母さん山羊も子ヤギにも、優しい穏やかな気候。

3月3日に1頭目の「ハイジ」が出産。
↑写真はまだ1頭目です。
生まれた子を一生懸命舐めながら、子ヤギの体についた羊膜や
羊水を舐めとり、布でふき取った時とは比べ物にならないくらいの
スピードで乾いていきます。
マッサージ効果もあるので、子ヤギもどんどん活発に動き始め、
あっという間に立ち上がり、おっぱいを探し始めます。
(お母さんが元気ないと、子ヤギも乾かないので低体温になり、
どんどん弱ってしまいます。私たちは、出産のお手伝いは難産以外、
手を出さないけど、生まれた子ヤギが危ないと判断した場合は確保します)

その間、30分ほど。

そしてお母さんの方は次の子が出てくるので陣痛が続きます。
前足で地面をガリガリ・・・。

DSCN0315_R.jpg

そしてあっという間に2頭目。
2頭ともすぐに立って、おっぱいを探し始めます。
お母さんからは子ヤギが入っていた袋(羊膜)が出ています。

あれ??
あら・・!

DSCN0314_R.jpg

実は3つ子でした。
うちでは3つ子、4つ子は珍しいのですが、たまにあります。
ビックリするほど元気な3頭で、ホッとしました。
この後、お母さんからはちゃんと胎盤が出て、
お母さんはあっという間に食べてしまいました。

山羊は草食動物ですが、胎盤や羊水・羊膜は、
産後ほとんど食べてしまいます。
口にべったり血のようなものが付き、おおっ!という様相ですが、
外敵に気が付かれないようにするための本能なのかなと。
野性的な美しさがそこにはあり、出来るだけ触らないように、
いつもそっと見守っています。

DSCN0313_R.jpg

いつから陣痛が来ていたのかな・・
大あくびを連発するハイジ。

実は、今年の寒さで、分娩前に体調を崩していたハイジ。
心配だった分、安産で生んでくれたハイジに感謝しかありません。

翌日も2頭目が出産。
これからどんどん生まれてきます。

そして、3月下旬ころから少しづつチーズも販売できるようになる予定です。

分娩、そして搾乳をするということ。

ペットではなく、目的を持って飼育している彼女たちの存在は、
「家畜」という言葉ほど遠くもなく、「家族」というほど近くもなく、
でも、大事な彼女たちの体の一部であるミルクをいただくということ、
それのおかげで我が家のチーズ造りが成り立っているということ、
私たちの体や、暮らしを支えてくれている山羊たちの存在は、
いつも神秘的な強さを持って「ここ」に居てくれます。

それに恥じないよう、今年もチーズと向き合います。
今シーズンも、始まりました!
どうぞよろしくお願いします!

※今年からヤギと羊の混乳ではなく、山田農場のチーズは
ヤギ乳100%になります。

販売時期は3月下旬ころからですが、わが家の乳酸菌と酵母たちの
調子にもよりますので、まずはお電話やメールでお問い合わせください。

また雪解けで山道が悪路になっております。
長靴持参など、ご協力お願いします。
(できれば、4月入ってからの方が落ち着いているかもです)




山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示