FC2ブログ

ヤギ山通信 その238 夏の約束

IMG_3590_R.jpg
今朝もまた、あの雛たちに会いに・・。

IMG_3607_R.jpg
目も開いて、模様も出てきました。
この翌日、雛たちは巣を抜け出し、
カシスの林の中へ走って隠れて行った・・
と、コウサクの証言。
もう巣立ちの練習をしているのでしょうか。
早い・・もう巣立ちかあ。。

IMG_3611_R.jpg
さて、夏の約束と言えば、海!!
こんなに海が近いのに(車で30分、いつもの鹿部町の砂浜へ)、
夏は忙しくてなかなか行けない・・。
それでも1回は絶対に海に行く!・・というのがわが家の約束ごとに
なっています。

IMG_3612_R.jpg
海水浴場じゃないので、ゴミは落ちてるし、
他になんにもないんだけど、
ほとんどいつも貸切り。
そして静か・・。
でも、寒いけどね、やっぱり(笑)。

IMG_3614_R.jpg
暑さのピークが短い北海道。
さすがに水温も、ひゃあ~~って叫ぶほど冷たい!
でも、水際でも超大盛り上がりの子どもたち。

IMG_3615_R.jpg
バックには鹿部・森方面から見た駒ヶ岳。
裏が、私たちの住む七飯町大沼。
見る方向によって、全然雰囲気が違うのがこの山の特徴です。
鹿部・森方向に火砕流が流れたせいか、こちらは荒々しい。

IMG_3613_R.jpg
なんか、遊び方が雪と同じだね。
ゴロゴロ転がっても痛くないし、砂でいろんなこと出来るし。

IMG_3623_R.jpg
寒くて唇がガタガタしてきたので、砂風呂~。
あったか~い!

IMG_3616_R.jpg
浜辺でラーメン作って、みんなで食べて、
ガッツリ遊んで帰りましたとさ。
あと何回来れるかな・・来年、再来年・・。
ユウサクが高校生になったら家を出る予定なので、
それまでの計算をしてしまった母。

あ、でも夏休みあるもんね。
家族の形は変わっても、夏にこの海に来る約束は
続けたいね。
やっぱ海はここだよね!!ってね。

ヤギ山通信 その237 8月6日、9日、15日

IMG_3588_R.jpg
8月6日午前8時15分
広島のその日に、今年も大信寺さんで鐘つきをさせてもらいました。

IMG_3589_R.jpg
1つ、つくごとにお祈りします。
鐘のすぐ下に居るので、すごく大きな音がしますが、
耳を突き抜けてダイレクトに心の奥にまで届き、
そしていつまでも響いている音です。
魂まで揺さぶられるのか、祈りと共に自然に涙が出そうになります。

IMG_3600_R.jpg
8月9日午前11時02分。
長崎の日。
友人と、長野から友人家族が泊りに来ていて、
大勢で鐘をつくことができました。
いつも鐘つきに来る人は高齢の方ばかり。
みなさん嬉しそうです。
「何年もやってるけど、こんなに子どもさんや若い人たちが
来たことないね~、嬉しいねえ~」
みんなで2回目の鎮魂と平和の鐘をつきました。
3回目は15日、終戦記念日の正午です。

IMG_3602_R.jpg
新得共働学舎から帰ってきたユウサクも、

IMG_3603_R.jpg
コウサクも、

IMG_3604_R.jpg
ハルサクも、
みんなに見守られながら2回づつつきました。

こどもたちは未来の希望だね!・・と誰かが呟いていました。
希望の種は小さいけど、本当に大きな力を持っていると思います。
それを大人の都合で、潰すことは決してしてはいけない。
どんな世の中になっても、それだけは絶対にしてはいけないと思います。

IMG_3591_R.jpg
カシスの枝に作られた小さな巣。小さな卵は、
気が付いてから数日後、孵っていました。
ウグイスではなく、ホオジロのようです。

IMG_3597_R.jpg
警戒して近づかない親鳥に謝りつつ・・
そっと雛に近寄って、小さく声をかけると、
パカッと口を開けました。
全く鳴きません。鳴くと敵に見つかるからだと思います。

2日経ち、3日経ち、日に日に大きく、体もしっかりしてきました。
親鳥の本能の向くままの子育てがすごい。
愛情は本能なんでしょうね。
4羽とも元気です。
お母さん素晴らしいです。
赤ちゃんを産んだ時の、初心に帰りました。
野生から学ぶ、母心・・です(笑)。

改めて、戦争や歴史の話を子どもたちとするのもいいものです。
自然から学ぶことも、同じことが言えますよね。
まだまだ続く夏休み。
いつもよりちょっと濃密な子どもたちとの時間。
仕事も大事だけど、いつもよりちょっと、
心に余裕を持たせて、寄り添ってみたいと思います。




ヤギ山通信 その236 新得共働学舎へ・・

IMG_3581_R.jpg
十勝の新得町にある「新得共働学舎」。
全ての始まりは、学舎からだった。
ケイスケは18歳で、学舎に行き、チーズの世界へ・・。
そして独立し、今ここにいる。

ユウサクは12歳。
初めての長旅、初めての長期外泊、初めての学舎・・。
全てが初めての体験、今、ユウサクが向かうのは、
全ての始まりの新得共働学舎へ・・。
1週間の学舎滞在を申込み、自分からすすんで行きました。

IMG_3582_R.jpg
とにかく心配でしたが、なんとか無事到着。
着いてすぐ、パン種を起こし始め、
3日目の昨日、全員分のパンを仕込み、
今朝の朝食でみんなのために焼いたそう。
す、すごい度胸・・そしてやらせてくれた学舎のみなさんに感謝です。
相当な量を焼いたらしいけど、結局完食だったとか・・。
美味しかったようです(*^_^*)
(→後で聞いたら、緊張して寝られなかったとか・・)

あとは牛舎での仕事や搾乳、食事作り、チーズも・・?
とっても楽しいらしく、土産話が楽しみです。
感慨深い子どもの成長と、学舎との縁・・
家族のように受け入れてくれてるのがわかり、
心の中がポカポカしています。
ありがとう。

IMG_3583_R.jpg
さて、現在4人家族の留守番組(笑)。
朝ごはんの担当が居ないし、兄弟のまとめ役が居ないし、
ベリー摘み隊長が居ないし・・で、バタバタの残され組。

IMG_3584_R.jpg
天気が続いたおかげで、2番牧草にも追われ・・
夏空というより、もはや秋風が吹き始め、
カラッと晴れた空の元、みんなで牧草上げをしました。
(この後、雨が降って、急に寒くなりました)

IMG_3585_R.jpg
ほら、もう空が高い、空気が澄んで・・これは秋です。
いつもより1週間くらい早いと思います。
でも、おかげさまで、史上最高な2番が上がりました。
来春の山羊たちの出産前後にあげる、大事な牧草です。

IMG_3586_R.jpg
春から初夏までの低温と日照不足のせいか、
夏野菜の出来が思わしくありません。
露地でもハウスでも、同じことが起きているようです。

1家族で、こんなにいらないでしょうというくらい、
1種類につき畑を使っています。
最近このような気候が多いので、余ったらあげればいいやと
多め多めに種を蒔きます。
それでも、十分に採れるかわからないくらいです。
来年の種も確保しなければなりません。

もうちょっと今の気候を理解しないとですね。
畑から色々と学ぶこと多し。

さあ、まだまだ夏休み。
これから遊ぶ計画を実行しないといけません(笑)。
子どもたちとの約束は果たさないとです!
IMG_3570_R.jpg
・・というわけで、土日以外の平日は、農作業やら外出やらで
直売所に居ないことがあります。
必ず事前にご連絡をお願いいたします。
よろしくお願いします。

ヤギ山通信 その235 梅雨明けと夏休み

IMG_3579_R.jpg
ザ・梅雨・・が長く続いていた後、やっとザ・北海道!!という天気に。
長かった。。
晴れたら晴れたで、暑っっ!と言いたいところだけど、
朝晩は霧がかかったりで涼しく、また少ししたら
秋の気配になっていくのはわかっているので、
暑いのも、晴れ晴れしているのも、楽しもうと思います。

IMG_3580_R.jpg
花やハーブたちも一気に花を咲かせているのが
微笑ましく、一緒に待っていた同志のようです。
背の高い白い花は、函館在来人参の花。
昨年から越冬させて、今花を咲かせています。
タネを使うのは来年。
今年は3寸人参の自家採種したものを蒔きました。
人参は乾燥が苦手なため、播種後の乾燥にはとても
気を使います。今年はその心配いらず。
発芽も、その後の成長も、超順調です。
やっぱり悪いこともあれば良いこともあるね。

IMG_3575_R.jpg
夕方撮ったので少し暗いですが・・
にんにくと、初収穫のズッキーニ。
夏野菜の初収穫は、本当にうれしいです。

IMG_3573_R.jpg
小さめだけど夏大根、カブ、きゅうり、春菊・・
トマトは1個だけ採れました。
露地だけなので、遅いのですが、何とか越冬野菜と春の山菜や葉物で
繋がったわが家の食卓。
手前のはラズベリーとカシスです。

野菜は買わない!!・・とストイックになているのではなく、
買わないでどうやったらいけるかな~と試行錯誤するのが
楽しいんです。
だって、道草だって食糧に見えちゃうんですから(笑)。

芽がバンバン出ちゃってる越冬のじゃがいもだって、
芽をかきかき、あとは料理の工夫次第で、
やっぱり有難い貯蓄です。

さ、これからジャンジャン夏野菜が採れ始めます。
一生懸命採らないと!食べないと!!

IMG_3561_R.jpg
そして、子どもたちの大事な夏休みのお仕事、その1。
ベリー摘み。

IMG_3563_R.jpg
ラズベリーは子どもたちのおやつとジャムに。
カシスは自家用と販売用にジャムにします。
ほぼ毎日の収穫、1~2週間くらい採りつづけます。

IMG_3562_R.jpg
カシスの枝もとに、こんな可愛らしい卵。
子どもたちによるとウグイスだとか。
一日1個ずつ増えて、合計4個。
まだ増えるのかな~。
卵を落としたら申し訳ないので、この近くはそのままに。
親鳥は警戒して居なかったので、きっと近くで見てるんだろうな。

IMG_3564_R.jpg
3キロくらい採れました。
有難い、夏の果樹です。

IMG_3527_R.jpg
イヌのチチ。
暑いけど、元気いっぱいの10歳♀。

さて、そんなこんなで農繁期&夏休み。
ちょこちょこ不在にしています。
ご来場の際は、必ず事前にご連絡ください。
ヤギのチーズ、ジャム、ナチュラルワイン、自然酒、
そして夏の農場の仲間たちと共に、
お待ちしております!!

ヤギ山通信 その234 蝦夷梅雨

7月、本州で多数の豪雨被害がもたらされました。
北海道でも道央や旭川周辺でも被害が出ています。
まだまだ継続される被害もあり、心配です。
これ以上、被害が広がらずに、復興が進むことを祈ります。

冬には大雪の報告があったばかりの北海道。
年間降水量は一定しているはずだから、
夏は雨も少ないかも・・と、みんなが思っていましたが、
完全に予想は外れ、それ以上に低温・多雨の7月。

「蝦夷梅雨(えぞつゆ)」という言葉は昔からあるけれど、
もはや本州と変わらない梅雨が毎年来るようになるかもしれません。

蝦夷梅雨
↑蝦夷梅雨で調べていたら、こんな記事を見つけました。

また、広島で6人の子どもたちを育てながら
豚飼いと畑作で自給的な農業を営んでいる友人家族が、
今回の豪雨で被災し、その様子を日々ブログにアップしてくれて
いるので、その状況をシェアしたく、ここに掲載します。

桜の山農場のブログ

自給的な暮らしをしていたからこそできること、見えること、
思うこと、あるかと思います。
また、自分で作った農場だからこそ、これから考えていかなきゃ
いけないこと、思うこと、いっぱいあるんだろうなと思います。

私たちも日々考えます。
農業って、暮らすってそういうものなんだろうなあと思います。
自分たちだったら・・といつも考えます。
ある意味、まだまだ脆弱な土台だと思うからこそ、
いつも考えなきゃならないと思うのです。

彼らの事は、自分たちの事だとも思います。
遠いけど、いつも想います。
(家族みんな無事で、元気そうなので、ひとまず安心しました)

IMG_3553_R.jpg
そんな蝦夷梅雨の天候の中、
3歳の可愛いお友達が遊びに来てくれました。
たまたま着てたみんなの服が、お揃いみたいで、
兄弟みた~い(笑)。

IMG_3554_R.jpg
子どもたちの笑い声が、コロコロ・・
一気に空気が明るくなりますね。

IMG_3555_R.jpg
そして、また今年も仙台から来てくれた佐藤さん。
仙台で酒屋を営み、3人の男の子を育てています。
ナチュラルワインをこよなく愛し、
うちのチーズも販売してくれています。

ひと晩中、いろんな話をしました。
佐藤さんは強力な晴れ男で、佐藤さんが居る時だけ
晴れていました。ホントに。
2週間ぶりの太陽・・。

子どもたちと一緒に温泉に行ってくれたり、
朝起こしてくれたり。。まるでお父さんでした。
ありがとうございました、佐藤さん!
なんか、兄弟?家族が増えたようで嬉しいです(笑)。

梅雨の晴れ間は短かったけど、ようやく北海道にも夏が来そうです。
(一応予報では・・)
農作物が心配ですが、こういうときでも成るものは成る、
採れるものは採れる・・はず!
このままいくと、夏休みに農繁期再開になりそうです。

まずは災害回復、天候回復、太陽回復、作物回復、
ああ、神様、最優先でお願いします!







山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示