FC2ブログ

ヤギ山通信 その248 40代の壁

DSCN0103_R.jpg
さてさて、秋の畑終いも進み、今週は雨から雪の日が多い予報。
これはやっとデスクワークの日々到来かっ!ってことで、
早くもブログに現実逃避(笑)。
溜まったブログ用の写真を整理しつつ、まずは10月下旬から
取り掛かった地下熟成庫の改修工事の事から・・。

7年前、3・11のあと、すぐに掘り始めた地下熟成庫。
(エネルギーをできるだけ使わないチーズの製造方法と
熟成方法を探り、実践するために掘ることを決意。
その後、酒類販売免許も取り、ワインとチーズの熟成庫に
なり、現在も継続中・・という経緯)

チーズ工房の裏に位置します。
重機が入れない狭い場所だったのと、
重機を使って地盤を痛めるのを避けるため、
スコップ1本で掘った熟成庫。

当時私は3男を妊娠中、何の手伝いもできず、
日々の仕事をこなすのが精いっぱいで、
写真もほとんど残っていませんでした。
ので、蓋を開けつつ、7年前を回想しつつ、
見てくださいませ。

まずは、屋根部分に当たる断熱材を剥がしていきます。↑
そうすると、中はこんな感じ↓
DSCN0111_R.jpg
これを手で掘ったんだから、はあ~、若かったのか
アホだったのか、ケイスケ自身も
「ようやったわ、オレ・・」

実は、蓋をあけてびっくりだったことがあり、
山アリによる断熱材の痛みと、
結露による材の痛みが相当なものでした。
「・・(絶句)・・開けてよかった・・」
こういう山アリの被害、結構あるそうです。
知り合いの大工さんに言ったら、、
「あ~、あいつらなあ~、わかるわかる~、
なんで断熱材好きなんだろうな~」と。
断熱材をほじくって巣を作っちゃうんです。
まあ、それが地下熟成庫の屋根部分ときたもんだから、
結露もして、温かかったんでしょうね。
んで、写真のケイスケが居る部分にあった木の柱はボロボロに。

今、鉄筋を入れて、コンクリートの壁を作ろうとしているところです。
「30代のタイムカプセルは、想像以上に恐ろしかったわ・・」
「なんで俺、こんなことしてたんやろか・・」
「あ~、オレの仕事だもな~、なんやこれは~」
「がははは・・なにやっとったんか、オレは~」
「一生懸命だったんだな、オレ…」
・・と、30代の「オレ」を回想し、
自分自身に飽きれたり、慰めたり、笑い飛ばしたり・・
独り芝居やってました、地下工事しながら(笑)。


DSCN0125_R.jpg
さて、相変わらずの手作業の連続。
コンクリートも自分で練っては地下へ。
7年前もこうやって地下熟成庫の壁は作られました。
先ほどの木の柱がボロボロになったところに、
こんな感じでコンクリートの壁を作ります。

ところが、この壁、想像以上に手強かった。。
というか、独立した壁はやったことなかったので、
やっぱり毎日PCで調べたり、
自分でできることとできないことを比較してみたり、
「よし、これならできる!!」と確証を得て動き出すまで
1週間くらいかかりました。
始めたら最後、コンクリートは固まってくるので失敗できません。
1段目を入れたところで、
「うお~~、やっべ~~!!」と奇声が・・
どうやらこんなもんでいいかなと思って作った枠が甘かったらしく、
途中ではじけそうになったとかなんとか・・
は・・?でどうなん?それやばくない?

んで、必死に抑えて、なんとかのクソ力で押さえたんだと。
なので、下の方はオブジェの様にしもぶくれに。
「ま、これで絶対に倒れないわ!」
・・とあくまでも前向き(笑)。

DSCN0130_R.jpg
そうしてまたこの作業の繰り返し。
暗くなるまでほぼ2週間、毎日走っていました。
急ぐ理由は、地下から出したワインの心配があったから。
今年は暖かくて、地上に置いておいても大丈夫と踏んで
工事を始めたのですが、工期1週間とみていたけど、
やっぱり見通しが甘く、2週間かかることになり、
気温が下がる前にワインを戻して蓋をしないとなりません。
もちろんチーズの事もあり。

それで走っていたのです。

DSCN0132_R.jpg
でも、なんとか壁ができ・・嬉しそう。
「オレ、40代の壁を越えたわ~~」
(まだ41です。。これからまだ壁あるよ~(^_^.)
とにかく、お祝いにA.Sさんのワイン開けました(笑)。

DSCN0134_R.jpg
たまたまお買い物に来たMさんをご案内。

DSCN0135_R.jpg
アクアパネルというもので蓋をしました。
プールの壁材に使われたりするものです。

DSCN0145_R.jpg
そしてその上に断熱材を何段にも重ね、
30センチの厚みを作り、通気口も出して、
更にアクアパネルでサンドイッチ。
「あいつら」(山アリ)の侵入しそうなところを丹念に埋めていきます。
それで完成。

DSCN0128_R.jpg
なんとかなりました。。
寒さが来る前にワインをしまい、ホッとひと段落。
母ちゃんは一人畑終い。
芋ほり、人参、大根の収穫、選別。
そして、来春まで置くものを埋けました。
こちらもホッ・・。

DSCN0146_R.jpg
ワインを入れる前。

DSCN0150_R.jpg
入れたあと。
あの「壁」側から撮っています。
手前にバンジュウに入れられたチーズが置かれます。

DSCN0151_R.jpg
地上から下りる階段。

DSCN0148_R.jpg
数年後、次はこの階段かな。。

やったことない連続の12年間。
作ったことない家。
作ったことない地下熟成庫。
「やれないことないけど、ホントにやるかそれ~!」
と言われ続けて12年。
でも、それだから今があるのかも。

そして7年前に作ったものを開けるというのは、
なんだか不思議な経験でした。
当時の自分と向き合うのですものね。
アルバムより、説得力のある「自分」がいて、
自分のした仕事を、また今の自分が見て。
まるでワインみたいですね。

「もう、次は開けたくないな・・」と
言っておりましたが(笑)。




ヤギ山通信 その247 醗酵大合戦!!

醗酵大合戦!~新酒&復活の巻~
天然・野生・自然の微生物バンザイ!素晴らしき醗酵ワールド!!

・・またなんのこっちゃですよね(笑)。
今年、山田農場チーズ工房10周年企画として
2回もセットものを販売させていただきましたが、
どれもスペシャルすぎて大好評でした~。
そして・・待望の(?)第3弾いっちゃいます!

DSCN0184_R.jpg
そう、なぜ復活の巻かと言うと・・
山梨の「あのお方」が還ってきたんです!
共栄堂のワイン農家さんの小林さんです!
四恩醸造時代の小林さんのワインを飲んで、
私たちは日本のナチュラルワインを初めて知りました。
原点のような方です。

その小林さんの復活を機に、年内最後の
セットを販売します。
今回は寺田本家さんの新酒(しぼったまんま)も
入っており、クリスマスやお正月にも
楽しめるかと思います。
ぜひぜひ、素晴らしい醗酵の世界で1年を
締めくくっちゃってください。

★セット内容
①共栄堂ワイン 1本(赤or橙)
 赤:巨峰&MBA
 橙(だいだい):甲州

②寺田本家「しぼったまんま」 1本
(五人娘純米原酒の搾りたて新酒)
→詳しくはこちらへ寺田本家HP

③ガロの赤ワイン粕漬け 1個
(農楽蔵さんの赤ワイン粕に漬けたチーズ)
DSCN0182_R.jpg
・・あ、超限定品です・・内緒(*^_^*)

④おおば製パンさんの食パン 1本
(天然酵母の食パン。軽くあぶったら最高)

⑤coneruさんのスコーン 2種類
(塩麹と緑茶黒糖・・この旨味がワインにも合う)

★価格
5500円(税込)

★発送または受取日
12月15日・16日
(お受け取りは山田農場直売所または、
カフェ・プランタール(時任町)でできますので
ご相談ください)

※限定15セットです。
なくなり次第終了します。
他にもチーズ、ワイン、調味料などの追加もできますので、
もろもろご相談ください。

ではでは、ご予約お待ちしております!!

DSCN0140_R.jpg
さてさて、遅かったけど初雪もあり、
急に冬らしくなってきました。
先日、今シーズンの放牧も終了。

DSCN0144_R.jpg
これから春まではパドックの中だけのお散歩、
雪がどっかり降れば小屋暮らしになります。
母山羊たちは繁殖期を終え、
ほとんどが妊娠したんじゃないかな。
そう思うと、また新しい命を急に感じたりして。
お母さんってすごいよね。
そんな母さんたちのお腹の中に、、
そっと手を当てつつ、じっくり春を待つことにしよう。

山羊のチーズもあと少しです。
冬支度をしながら、ゆっくり終います。
(これから冬道になり、天気によっては悪路の
場合もあります。チーズの在庫がない場合もありますので
ご来場の際は、必ず事前にご連絡ください。)


ヤギ山通信 その246 子どもたちのこと

DSCN0098_R.jpg
少し前のことになりますが、
大沼グレートランウォーク(10/14)に参加した時のこと。
大沼湖畔1周→14・1キロ
半周→6.3キロ
ランかウォークか選べるのですが、
ユウサクは1周ラン
コウサクは半周ラン
ハルサクは2年生から出場しようということで今回は見学
母ちゃんはサポート役
・・ということで出場しました。

このマラソン大会は、順位とか関係なく、
秋の大沼を気持ちよく走ったり歩いたりしよう!というもの。
でも、自己記録は更新したいよね。
当然、長距離派のユウサクと、中距離派のコウサクは、
自己新記録を目指して、意気込みマンマンでスタート!

DSCN0102_R.jpg
半周のコウサク、ゴール!!
300人以上の参加者の中で30位!
自己ベスト更新!!おめでとーー。

DSCN0101_R.jpg
1周のユウサクもゴール!!
1000人(ほとんど大人)以上の参加者の中で255位!
もちろん自己ベスト!

いやはや何にもしてなかった母ですが、
ゴール直前のわが子を迎えるのは、
感激+感動=感涙・・しかありません(笑)。

たった7年前、12年前にはお腹の中にいたのにね。
毎日見てるとわからない成長も、こうやって1年に一度の
大イベント(我が家にとっては)を乗り越えると見える見える・・
マジな自分への挑戦を、毎年積み重ねて行って欲しいです。

DSCN0109_R.jpg
さて、お次は日曜大工中の子どもたち。
意を決して何かを作り始めました。

DSCN0108_R.jpg
父ちゃんは熟成庫の改修に大忙し(後日アップします)。
子どもたちに質問されても生返事。
母ちゃんは大工関係はわからず・・
資料不足気味でスタートしたのが小屋作り。

DSCN0110_R.jpg
そう!チチの小屋!だってさ。大丈夫かなあ・・・

DSCN0108_R.jpg
まあ、なんでもいいから作ってみ。
・・と、ちょこちょこアドバイスを伺いながらのスタート。

DSCN0106_R.jpg
子どもたちが描いた設計図。
問題山積み・・らしかったけど、一応スタート・・。

DSCN0107_R.jpg
この話、実はオチがあって、
この小屋は完成しなかったんです。
来年、チチの小屋の裏に野菜の室を作ろうということになり、
併せて小屋も改修しようということになったのです。

DSCN0105_R.jpg
ただね、こうやって設計図を書いて、材料を切って、
サイズが合わなくて、兄弟でケンカして、
人のせいにして怒られて、
「自分たちの力じゃできなかった」っていう挫折感と言うか、
そんな哀しかった感情や思い出も、
子どもたちの中に残って、なんかそれがよかったというか。

DSCN0104_R.jpg
来年は野菜の室(やっと作ってもらえるーと母ちゃん嬉!!)
と一緒にチチの小屋も直そうね。
一緒に・・がまだまだキーワードの我が家です。

DSCN0121_R.jpg
さて、これはブドウ畑での収穫風景。
山野草がボーボーの中にブドウがあります。
次回にアップしますが、これで山田農場のブドウ農家としての
覚悟が決まります。
人が利用しづらい山で、山羊たち以外の可能性を秘めた
また別の農業の形を模索して5年目。
答えまでとはいかないけど、方向性が見えた気がしました。
「立体的に土地を使う」
「人が利用しづらい場所での土地利用」
そんなキーワードが頭の中に行ったり来たりした5年。
本当にできるのかな・・できるか、できないか・・
と考えて、それでも開けてしまった「ブドウ」という
パンドラの箱を閉じられずに頑張ってみた5年。

5年って、長いでしょ。
長いよ、長い。
でも、必要だったかもしれない歳月、
(自根で増やすので時間もかかるし、成長もゆっくり、
越冬できないもの、ネズミやウサギにかじられたり・・)
・・をかけることで得られた知識・知恵。

やっぱりゼロからのスタートは時間がかかる。
それでも進もうとした心底にあった「いつか子どもたちと一緒に・・」
農業は一代限りじゃなく、
100年経っても老舗じゃないと言われるくらい、
本当は代々繋がっていくもの。
畜産以外の、色んな農業の可能性がこの「山」にあるような
気がした5年前。

DSCN0137_R.jpg
(向こうの山が農場です)
複合という形がここで実現出来たら面白いよね。
ブドウ以外でも、毎年広がる妄想(笑)。
でも、子どもたちが大きくなるにつれて
妄想がまた少し形を変えて現実になることもある。
それがまた面白い。

DSCN0138_R.jpg
(向かいの土地から見た山田農場と駒ヶ岳)
どうなるかな、10年後。
3世代先まで見通して、昔の人は暮らしてた。
私たちも、「それは理想だ」とは言わないで、
「それってどういう意味だったんだろう」って
農場の歴史を重ね合わせて考えていきたいな。




ヤギ山通信 その245 「あの日、僕らの命はトイレットペーパーよりも軽かった」

DSCN0133_R.jpg
「おとなと平和を語ろう」
「子どもと平和を語ろう」
というイベントを2日間にわたって開催します。
teteの会主催、それに賛同したメンバーによる共催です。
この映画は参考資料として用意しています。
以下、イベントの案内です。

1日目:11月10日(土) 13時~
ハル小屋にて(森町赤井川252)
「あの日、僕らの命はトイレットペーパーよりも軽かった」
・・この映画を参考資料に、30年間オーストラリアで暮らしていた
田中エリさんのお話を聞きながら今の平和について語り合う時間を
共有しましょう。


http://www.ntv.co.jp/cowra/
↑映画詳細です。

第二次世界大戦中にあった実話をもとに映画化されています。
この事件になるまでの経緯、そこでの人々の葛藤、
生きて家族の元に帰ろうとした人でさえも、生きられなかった時代。
生きさせてもらえなかった、あの日。
その悔しさと、切なさと・・
そしてそれが現代に伝わっていない事実。
オーストラリアにあった、カウラ日本人捕虜収容所で起きた、
日本人捕虜大脱走事件・・カウラ・・知らなかった・・。

日本政府がもみ消したから、だから今私たちが知らなかったという真実。
色んな「知らなかった」戦争がまだあります。
それを、オーストラリアからの視点も含め、考えます。
そんな会です。

2日目・・11月11日(日)9時半~
同じくハル小屋にて
アーサービナードさんの本を読み聞かせ・・つつ、
広島を舞台とした「この世界の片隅で」というアニメ映画を参考資料として、
子どもたちと、親と、大人と・・平和について語り合う時間を
共有しましょう。
お弁当を持ってきて、ゆるりとしてもよし、
「野外バームクーヘンを焼き、民族楽器をかきならそう!」
ということもやりますので、自由に遊びつつ、
思い出と一緒に子どもたちと、
「平和についてのおはなし」を持ち帰ってもらえたら
と思います。

両日、詳細は
田中はる枝 090-5753-7148
山田あゆみ 090-6263-7896
まで、なんでもどうぞ。

DSCN0144_R.jpg
(春に生まれた子ヤギ、こんなに大きくなりました)
知らなかったことを知ったとき、
まだ知らない人に伝えたいと思う。
それが伝わったとき、共有したいと思う。
語りたいと思う。
そんな輪が広がればいいな・・と思います。

teteの会のFBもできました。
よろしくお願いします。
teteの会FBページ

ヤギ山通信 その244 学校の話①

DSCN0082_R.jpg
2020年に、大沼の小学校と中学校が統合になることが決まった。
その告知を受けたのは、胆振東部地震の後、すぐのことだった。
大沼には、小さな小学校が3つと中学校が一つある。
そのうちの2校の小学校が耐震で引っかかっていた。
更に少子化で、学校の規模が縮小する中、合併の声は
何年も前から聞こえてきてはいたが、地元の反対の声が多くあり、
合併はまだ先の事だと誰もがたかをくくっていた。

DSCN0085_R.jpg
・・が、、、突然、、
合併もしくは統合になる話が新聞に・・
強行突破とはこういうことなんだなと、思ってしまった。
揺れに揺れる地元の足元は更に掬われ、
教育長さんからの説明会があった時にはすでに、
「9年生の義務教育校を作ります!!」と、何歩も
先に進んだ説明がなされ、
「渡島初です!!」・・ともはややる気マンマン。
いまさら反対も何もなく、もう決まったこととして受け止めるしかなかった私たち。

DSCN0083_R.jpg
(かまど用の薪を積んでくれています)

子どもたちの通っていた軍川小学校は全校生徒18名。
小さくて、温かくて、ふるさとのにおいがプンプンする、いい学校。
「教育」や「学校」に関しては、思うところは沢山あるけど、
この小さな学校だったら、子どもたちはのびのび育つだろうなあと、
家庭でやることだけ考えていれば、親としては満足だった。

だから、この統合は、今まで安心してた土台がひっくり返されちゃった感じで、
わがやにとっては大きな出来事として受け止めることに・・。
ちょっと長くなるけど、少し学校についてまとめたくて、
今ある現状と、感じたことを書いてみますね。

DSCN0087_R.jpg
10月から地元の中学校を休んで、七飯のフリースクールに
通い始めたユウサク。
ユウサクがその選択をした時には、まだ統合の話はなかった。
彼は本当に楽しそうに通っている。
片道5キロの道を走っていき、途中から同じフリースクールに先生として
通っている人の車に乗せてもらっている。

DSCN0088_R.jpg
(準備体操中)
恐ろしく重い教科書の入ったリュックを背負って通っていた中学校。
制服を脱いで、小さなリュックに数冊の教科書とノートを入れて、
颯爽と走っていく姿は、清々しくて、なんかかわいい(笑)。

DSCN0089_R.jpg
小1~中2まで、全部で9人の小さな小さな学校。
カリキュラムは、学年幅をざっくりまとめてその教科ごとにクラス分け。
英語に力を入れているので、宿題は英語が少し出るだけ。
テストもない。
なんといっても美味しいのが給食。
毎日手作りの給食をみんなで食べ、週1回は家庭科の授業でみんなで作る。

(※現在地元の中学に籍を置き、、フリースクールに通う子は
出席扱いにするようにと文科省からの通達があったため、
ちゃんと出席扱いになる。今までならなかったというから、
だいぶ寛容になってきたようだけど、まだまだ認知度は低い)

DSCN0090_R.jpg
2回ほど体験・見学を私もしたけど、すぐに思い出したのが
新得共働学舎だった。
年齢も、人格もさまざまな人が集い、共に働き、
共に認め合い、共働生活をする場所。
大人も子どもも、人懐っこい。
まるで学舎のような雰囲気に、
その輪の中に一歩入ってホッとしてしまったのは私だけじゃなかった。
一緒に行ったケイスケも、もちろんユウサクも。
(ユウサクは夏休みに1週間、学舎体験をしてきてました)

DSCN0091_R.jpg
「給食が美味しんだよ!あとね、誰もゲームの話しないの、全く!」
「中学校ではゲームかテレビの話しかなかったのに」
「今日はね、あの子が絡み付いてきたから、おんぶしてあげたんだ」
「今日の帰りの会が面白くてさ、あの子がこんな議題を振ってきてさ・・」
出てくるのは、勉強の話じゃなくて、それ以外の話がほとんど。

クリスチャンスクールなので、聖書を読む時間もあったり、
賛美歌を歌う時間もあり、今までとは少し違うけど、
まるで昨日まで居たかのように、すっとその場になじんだようだった。

DSCN0096_R.jpg
今の教育の足りないものは、何となく感じていたけど、
細かいことは言ったらキリがないし、
ただの不満でしかないかもしれないけど、
日本の教育で、足りないと思うものを一つだけ挙げてと言われたら、
人としての「情」だと思う。
情緒とか、感情とか、そういう、心の成長。

DSCN0097_R.jpg
そんなもの、教えてもらうもんでもないのかもしれない。
感じて、見て学ぶものなのかもしれない。
だとしたら、学べる大人の社会が子どもたちの周りにあるかな。

教育よりも、テストや部活よりも、常に置いてきぼりがちになる「情」の部分を、
ないがしろにしないようにしていくにはどうしたらいいんだろう。
極論は、前者をなくして後者を取るしかないのかもしれない・・

学校に行かなくても、活き活きと育つ子どもたちを何人か知っているけど、
でも、それでも「学校のようなところ」で学びたい子もいる。
ユウサクを通して、やっぱり色々と考えることがあった夏休み明け。
そして、この統合問題。
一括りにはできない大きなこの学校問題・・
今まさに、突きつけられています。
でも、いいチャンスももらってます。

DSCN0094_R.jpg
新しく変われるかもしれない。
色んなことが動くかもしれない。
私たちの周囲でも、ザワザワとしています、親たちが。
子どもの事とか教育の事とか、
集まってはそんな話をよくしています。真剣に。
今までなんでちゃんと調べたり、行動に移さなかったんだろう・・
と反省から始まり、不満をぶつけ、少しでもいい方向に動くことを
考えて行動する。

DSCN0093_R.jpg
なんでもそうですよね。
この大きな動きは、しばらく落ち着かないと思いますが、
日々成長する子どもたちを置いてきぼりにさせないように、
出来ること、どんどんやってみます!!
また何かありましたら、ここで報告しますね。
山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示