ヤギ山通信 その47 実りの秋 序章

017_R.jpg
それは冬を越し、春を迎えるための準備でもあります。
これは、人間用のスイートコーンで、実が入りすぎたりして市場価値が無くなったというもの。
近所の農家さんが声をかけてくださり、いただいてきました。
実が入りすぎたといっても、少し堅い??くらいです。
いつも思うけど、そんなシジョウカチってなんなんでしょうね。
でも、わが家には有難い食料です。
友人知人に配り、わが家の分もたんまり保存した後、動物たちのために干しまくります。

006.jpg
外側の皮をちょっと剥いてね。

016.jpg
どんどん干していきます。
結構タイヘン。みんながんばれ~。

痛みがひどいものや、生っぽいものは、わが家のアナログ裁断機(押し切り)で切りまくって動物たちへ。

ガラももちろん余さずあげます。

これ以外に、枝豆のガラ、ハネカボチャも頂いてきては、少しずつあげます。
山田農場では、配合飼料(輸入穀物)を与えていません。
地域で獲れたもの、地元の副産物、そして野山の草で動物たちは育ち、乳を出してくれるのです。

これからは山羊たちが繁殖期を迎えます。
10月になったらほとんどの山羊が発情期を迎え、雄と交配し、妊娠します。
山羊の妊娠期間は5か月。
無事妊娠すれば、3月には出産します。
そのために体を作る大事な時期。
皮下脂肪をつけ、お腹の赤ちゃんを育てながら冬を迎えるのです。

「無事に元気な赤ちゃんを産んでね」

子どもたちが干してくれたトウモロコシは、春、山羊たちの産後に大豆と煮てあげます。
栄養満点の授乳食なのです。

018.jpg
朝晩は寒くなってきたけど、日中はまだまだ暖かい。
この陽だまりの暖かさを、もう少し楽しみたいね。
外で裸で歩けるのももう少し。(フツウは裸じゃないと思うけど・・)

これからまだまだ実りの秋は続きます。
よい実りが得られますように~。
山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示