ヤギ山通信 その58 感謝祭

羊解体 007
昨年の感謝祭は、わが家で自家用に飼っていた豚くんをお肉にしました。(昨年の様子)

今年は羊のペコ、老齢になり、有難くいただくことにしました。
毎年こうやって、搾乳を終えたヤギやヒツジたちが何頭かお肉になります。
子どもたちにそれをきちんと教えたくて、毎年感謝祭には学校を休ませてみんなで参加、「食育デス!」と言ってね。

屠場から枝肉で返ってきたペコを解体。
今年はハルサクもやる気満々。(手元に注目・・最初はこわいから木のナイフを渡しています)

羊解体 008
ソーセージメインで作るため、まずはとにかく細かく切ります。

羊解体 009
大事な戦力の子どもたち・・

羊解体 010
やっぱり我慢できなくて包丁を持ち始めたハルサク・・
見てられないから、見るのを止めた母ちゃん・・切りませんように~
(意外と上手に切ったけど、やっぱりプスプス刺してたようで、使用後は絆創膏のお世話に・・)

羊解体 011
お昼ご飯は、ラムチョップ(マトンチョップ?)。
おいし~い!と言って、骨をしゃぶる子どもたち。

羊解体 013
ホエイで仕上げたせいか、全然クセがなく、旨みが強いお肉でした~。

さあ、これは一日目、次は細かく切ったお肉に塩をして、二晩寝かせ、いよいよソーセージ作りの日。
羊解体 014
あかり農場の豚脂をもらってきて、細かく切り、3割混ぜます。

羊解体 016
ミンサーでひき肉にします。

羊解体 019
ニンニク、こしょう、オレガノを入れて、ミキシング~。

羊解体 021
スタッファーという機械で腸詰するんだけど、写真撮り忘れた・・
というわけで、お昼ごはんはもちろんソーセージ!
うんま~い◎!!

羊解体 022

羊解体 020
さあ、ここで助っ人登場!
おにぎりと野菜のおかずを差し入れて、手伝いに来てくれた友人のチョコさん。
いつも差し入れを持って登場してくれるので、チョコさんが来る日は、母ちゃんはなんも心配しないで仕事できるの。

羊解体 023
ひとしきり腸詰を手伝ってくれたチョコさん。
今日の目的はもう一つ。
子ども部屋に木の絵を描きたい・・
柱を木の幹に見立てて、子ども部屋に「木」を描いてくれた。
葉っぱを2枚づつ描いたところで電池切れ・・

この続きはまた今度。
今度は子どもたちも一緒に描こう。
葉っぱを描いたり、花を描いたり、実をつけたり、鳥や動物たちもかな?
部屋が森になった。
森の絵本の中にいるみたい。
想像力や空想力が子どものように豊かなチョコさん。
またひとつ、ステキな部屋になったよ、ありがとう。

羊解体 025
さて、ソーセージと一緒にサラミも仕込んだので、またまたブナで燻煙。
わが家の愛農かまどでゆっくり燻煙。
これで冬の間貯蔵できます。

ローソク 001
ペコの毛は、これから冬の間に羊毛加工(コツコツとね・・)。
そして脂はローソクにしてみました。
クリスマスのキャンドルにするには少し寂しいけど、でもふっと命に感謝する時間をもらえそうな灯になると思います。

今年も無事感謝祭が終わりました。
わが家の感謝祭は、わが家の動物たち、生きている者たちすべてに感謝したいお祭りです。
無駄のない命の営みの中に、人間が少し仲間入りできるひととき。
だから、大事に大事に・・ね。
「いただきます」ってね。



山田農場について

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示