ヤギ山通信 その62 海でつながる「おおま」と「はこだて」

宮沢賢治の絵本でお馴染みの、版画家「佐藤国男」さんの絵をトップページに迎え、
Kunitateさんが大間のサイトをリニューアルしてくれました。
リアルタイムでニュースをアップしてくれています。
ぜひお読みください。
海でつながる「おおま」と「はこだて」

2011年、3男の妊娠中に起きた東北関東大震災、福島原発事故。
私の中でも様々なことが大きく揺れ動いた年でした。
その時の思いと、2年後の2013年の思いをメッセージとして載せてもらっています。
Tomokaちゃんの「あさこはうす」のことを描いた絵とメッセージも載っています。
こちらも少し長いけど、読んでみてください。
メッセージ

大間を止めたいと、真剣に生きたあさ子さん、それによって延期した工事。
そのおかげで、今、大間原発は稼働していません。
工事が2年間、延びたおかげで今に至り、未だ建設途中なのです。
一人や二人でできることは小さい。
でも、限りなく大きな可能性をもつことがある。
奇跡かもしれない。
でも、人生って、振り返ってみると奇跡ばかりじゃない?
今こうして生きているのも奇跡かも。
小さな奇跡は必ず起きると信じて・・。

ヤギ山通信 その61 ユートピア

「大人がユートピアを夢見なければ、子どもも夢見る事が出来ない・・」と始まった子ども部屋の壁画制作、第2弾。
子どものように自由な心で描く大人たち。

壁画2 003

壁画2 006
花も咲き、木の枝には青い鳥が・・

壁画2 004
帰ってきた子どもたちも早速参加。
自由すぎてとても真似できません。。脱帽~。
これからまたもう少し子どもたちと好きに描き、空、宇宙、月、星、UFO?なんかも描きたいなあ。

このあと大人たちは美味しいお昼ごはんと(写真撮るの忘れた)、ざっくばらんなおしゃべり。
女の人のエネルギーって、このおしゃべりから来るよね。
いい時間でした~。

壁画2 007
春になって、窓のビニール(防寒対策)が外れたら、外の木々たちと重なって、絵本の中の世界のように映るかも。
ステキなユートピアをありがとう!
また描こうね。

ヤギ山通信 その60 冬休み

冬休み 2014 004
いつもよりの~んびりムードのわがや。
学校があると朝7時過ぎには優作が登校するので、朝ご飯はバタバタ。
でも・・休みはさ、やっぱり寝坊もするし、のんびり行こうだよね。

のんびりだけど、宿題は午前中の日課。ユウサクを待つ間、コウサクもハルサクも何やら書き書き・・。

ガンダム 002
夜には、父ちゃんとガンダムなんか作っちゃったりして!
いいね~、男の子って(^^)。母ちゃんは作れない。。

冬休み 2014 007
冬でも「なんか暑いなあ~」と言って脱ぎだすハルサク。
よくこの格好で踊っている。。

冬休み 2014 010
家までの坂は、ちょうどいいソリコース。

冬休み 2014 012
だよね、だよね~。
友達も一緒にそり遊び。
今は立ち乗りが楽しい子どもたち。
汗かきかき上っては滑り~。

冬休み 2014 009
母ちゃんは、今冬トライしている靴下を編みながら、色々と妄想中。
妄想と言っても、「今年の経営をどうしようか」とか、「今後の方向性」とか真面目な妄想です。

動物を飼うということ
チーズを作るということ
私たちに与えられたこの土地を最大限表現する農業とはどういうものなのか・・
子どもたちに残せるもの、残したいものが「お金」ではないとしたら、それはなんなのか・・

人にはマイナスと映る事柄を、私たちはプラスに変えていかなければならない。
そのエネルギーを常に持ち続け、ここでできる最大限のことをする。
それは無いものを探すことより、きっとずっと簡単で、あるものをうまくまとめあげるパワーと知恵が少しあれば、
見えてくるはず。だから常に発見、常に失敗??
でも感じる流れに進み続ける。

7年間、いつも同じじゃないことに、時々不安だった。
でも、その時々の流れを感じるまま、進んできた今の山田農場が私は好きだ。
ぶれないものを一つ、持ち続けていければいいのかなと思う。

冬休み 2014 002

子どもたち、またその子どもたちへ・・100年先まで繋げたい。
シンプルに、そのために今できることをしよう。

靴下にはまっちゃってる母ちゃんの冬休みは、そんな妄想で明け暮れるのでした。
今年はどんな年になるのかなあ。。





ヤギ山通信 その59 あけましておめでとうございます!

ガンダム 003
今年も、山田農場とヤギ山通信をどうぞよろしくお願いします。

ガンダム 004
今年も元気に行きます、🍡3兄弟!

餅つき 2013 013
さてさて、2013年の締めは、恒例のお餅つきでした。
子どもと大人と総勢25人、田舎の小学校1校分?くらいの大人数。なんともにぎやかでした~。

餅つき 2013 014
大人も子どももぺったんぺったん。
思えば、4年前くらいから何となく仲間内で始まったこの餅つき。
今では移住家族も増えて、気が付くとこの人数に・・。
ま、いっか~、年末だし。
・・と、10臼つきました。(男性陣ごくろうさんデス)

餅つき 2013 003
女性陣と子どもたちは餅丸め。
粉まみれ~(笑)。みんなの成長が楽しみな作業。
昨年出来なかったことが出来るようになっている子、
小さい子の世話をかいがいしくやってくれる子、
関係なく遊び続ける子・・

餅つき 2013 008
そしてお昼ごはん。

餅つき 2013 011
おいちいね~。

餅つき 2013 016
そして締めくくりは、ユウサクのお誕生日会。
12月30日生まれのユウサク、みんなに祝ってもらえていいなあ。
母ちゃんのケーキと、羊の脂で作ったローソクでお祝い。
みんなどの子も幸せでありますように。
良い年を迎えられますように・・。

友人、仲間たち、子どもたち、動物たち、自然、生きているものたち全てに生かされている私たち・・。
ひとつひとつの繋がりに感謝していこうと改めて思いました。

ではでは、今年もどうぞよろしくお願いします!
山田農場について

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示