ヤギ山通信 その144 開放!解放!快方!

IMG_2218_R.jpg
4月1日、今までで一番い放牧開始となりました。
ゲート開放!!

IMG_2221_R.jpg
「こっちだよ~!」
ハルサクを先頭に、山羊たちがぞろぞろと出てきました。
「えっ?もう?まじっ?早くない??」
・・みたいな感じで、やや戸惑いながら、
「ちょっと、あなた見てきてよ。」
「え~、一緒に行こうよ~」
「でも、あの子呼んでるみたいよ。行った方がいいんじゃない?」

何とも煮え切らない子から、
真っ先に思い出したように飛び出てくる子から、
パドックから出ても、
「きゃあ~~っ!」(嬉)ってはしゃぎながら帰ってきちゃう子とか・・
性格さまざま。
それがおっかしくって、おっかしくって。

IMG_2222_R.jpg
「やっぱ放牧はいいなあ~・・」と、
ぽつり・・はケイスケ。
この日だけは、どんなに忙しくても、
しばらくは山羊たちの中にいるんです。

IMG_2225_R.jpg
一緒に解放されているんです、私たちもね。
春一番の、放牧地の昼寝。
最高ですわ。

IMG_2231_R.jpg
あっという間に囲まれますが(笑)。
この草地、一見何も生えていないじゃないかと見えますが、
在来の野芝主体の草地のため、草丈が短いのです。
もう芽吹き、伸びてきています。
これを少しでも食べ、春の陽を浴び、風に吹かれ、
草や土に体をこすりつけてゴロゴロし、
お腹いっぱいにはならなくても、広~い山で、
好きなところで昼寝をする。
これって、最高の産後の快方方法でしょ?

山林も含めて約3ヘクタールの放牧地にヤギと羊たちが約30頭。
「うちは家は狭いけど、庭は広いんです」
ってケイスケの決まり文句。
屋根みたいな「庭」ですけどね(笑)。

乳酸菌たちの働きも、今一つだった3月。
やはり春の目覚めは放牧からかな。

IMG_2233_R.jpg
山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示