ヤギ山通信 その145 1/2足のワラジ

IMG_2236_R.jpg
3年前から始めたブドウ栽培。
うちは、大沼で希少な南向きの斜面。
ヤマセの影響を受けやすい大沼の気候で、
どこまで思うようなブドウ栽培ができるか・・初心者のケイスケには
まだまだ試行錯誤の日々です。

でも、50人いたら、50通りの栽培方法があっていいという、
師匠の教えのもと、のびのびと自由にやっている様子。
チーズ屋からブドウ栽培農家に転職するんじゃないかというウワサありましたが・・
まあ、それは100%無いとして(笑)。
だってこんなにチーズオタクもそういないでしょうから。

IMG_2237_R.jpg
越冬した立派な枝を見て、満足げ。
チーズの次に本腰を上げたブドウ栽培。
1/2足のワラジくらいにはなればいいな。

IMG_2240_R.jpg
自根で増やした枝を、これから移植していきます。
そのための畑作りをすすめつつ、
3年目のブドウたちの世話をしつつ・・。
何とも楽しいらしい、ケイスケの解放区。

IMG_2239_R.jpg
でもね、ホントに気持ちいんだ、ここ。
これから山菜もたくさん生えてきます。
ぶどうの世話をしつつ、山菜取りをしつつ・・
チーズを造っていなければ、畑です。
これからそんな日が続きます。

IMG_2241_R.jpg
母ちゃんは、薪運び。
昨年割った薪を、家の周りに運んだり、
今年割った薪を、小屋にしまったり・・

IMG_2244_R.jpg
北海道って、雪解けたら一気なんですよ。なんでもかんでも。
それについていくので必死。
年々必死!(笑)。

IMG_2248_R.jpg
でもね、気持ちいいの、そんな暮らしが。
小腹がすいたらリンゴでもかじってさ。
春の暖かくて、乾燥して、花の芽のような香りのするこの空気を
鼻から腹へ、すう~ッと吸い込んでさ。
体がどんどん動くようになるこの感覚が、
たまらなく自由になる感じが・・
たまらんです。

IMG_2246_R.jpg
(カラマツ林から切り出した材。これで今年はオス小屋を新しくします)

今年は、自給用の畑も新たに借りることができ、
また畑に向かう日々になります。
自宅や直売所にいない日々となります。
何足もわらじを履いて、いつか百姓になりたいなと思うチーズ屋です(笑)。

そんなわけで、
ご来場の際は、必ず事前のお問い合わせ、お願いいたしますね。
山田農場について

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示