ヤギ山通信 その147 嵐の中考えた

春の放牧②2015 (1)_R
先日、ものすごい嵐が来た。
夜中中吹き荒れる暴風と突風。
ガタガタ揺れる家、窓から見えるしなる木、
外で何かが飛んでいく音。

家が壊れたらどうしようとか、色々考えて眠れなくなっているうちに、
熊本で被災した方々のことを考えた。
家がなくなるって、どういうことなのか。
家族が亡くなる、離れ離れになる・・

考えていたら、家のトタン屋根がバキッと言って吹っ飛んだ。
外れかけたトタンも、すごい音で風にあおられて・・
でも、今外に出るのは危険だし、もう祈るしかない。
雨が降らなかったことが幸いで
雨漏りもせず、なんとか夜明けには風も弱くなった。

トタン屋根は谷の方まで吹き飛ばされたけど、
拾いに行って直し、あちこち倒れたものもあったけど、
大事には至らずホッとする。

根っこごと倒された木を見た。
自然の力の前には、私たちはなんて無力なんだろう。
でも、それでもこの倒れた木にはひこばえが出て、時間をかけて再生していくんだ。
ちっぽけだけど、ちっぽけじゃないなと思った。

熊本・大分の被災された方々の身の安全と
お亡くなりになられた方々のご冥福、
そしてこれからも、大災が続かぬよう祈るばかりです。

今、私たちにできることとして、やんじーとアグネスのネットワークを支援することにしました。
(災害救援ネットワーク)
義援金や物資の受付窓口として、函館では
Pazar BazarとSimplyがやってくれているようです。
(以下参照)

災害救援ネットワーク北海道

Pazar Bazar

Simply
山田農場について

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示