ヤギ山通信 その152 1番牧草スタート!

IMG_2385_R.jpg
わが家の牧草収穫が始まった。
この日は、午後から集草になったので、
子どもたちは学校を早退し、堂々と「家業の手伝い」。
昔は田植え休みとかあったんだよね。
うちの牧草はほぼ手作業のため、
子どもたちはとってもありがたい戦力なのです。

軽トラの向こうに見える、手押しの草刈り機(バーディーくん)、
アタッチメントで付け替えるレーキ、テッダー。
小さな機械で乾草を作っていき、最後は人力で集めます。
子どもたちは軽トラの上でひたすら「ふみふみ」。
これがめちゃくちゃ助かるのです。
これ全部一人でやったら、次の日使い物になりません。
体力の温存には、欠かせない子力!

IMG_2386_R.jpg
わが家の1番牧草は、大沼ではダントツ早いスタート。
短い草でないと刈れない、集めるものタイヘン。
それとこの後、隣町での本格的な牧草作業に被らないようにしないとなのです。
(こちらはアルバイト、そして足りない分をロールで購入します)
ちなみにこの畑、お隣さんの畑。
ご好意で貸していただいています。
お隣さんはおじいちゃんとおばあちゃんで住んでいます。

IMG_2388_R.jpg
70歳近いおじいちゃん。
体は小さくても、馬力はかないません。。
いつも気が付いたら来てくれて手伝ってくれます。

IMG_2387_R.jpg
3兄弟の働きは、おじいちゃん、おばあちゃんを癒すことにもあります。
子どもがいないじいちゃんたちは、
いつも子どもたちが来るのを楽しみにし、
しばらく行かないと
「今日も来ないなあ。。」と待っているそうです。
有難いです。
お互いにありがとうです。
それだけで、この土地に住んでよかったなあと思います。

ヤギ山通信 その151 晴耕雨読

IMG_2361_R.jpg
新緑、スプリングフラッシュ。
一気に芽吹く農場の生き物たち。山の生命たち。

IMG_2360_R.jpg
3月に生まれた子山羊たちも、山への放牧に向けて練習中です。

IMG_2343_R.jpg
薪運びも終盤。
まだ生木なので重いんです。
1回ここに仮置きして、真冬になる前に家の周囲に移動します。

IMG_2345_R.jpg
山のカラマツ林から切り出してきた「小屋の材料」。
今年、新しいオス山羊くんがやってくるため、
頑丈な小屋を建てなければいけません。
そのための柱にする材です。
チェーンソーで縦割りにし、一旦ここに仮置き。

IMG_2354_R.jpg
春初めの大きな畑仕事、ジャガイモ植え。
今年もバイオダイナミックの種まきカレンダーを見ながら予定を組んでいきます。
今日は根の日。
そして日曜日。
みんなでジャガイモを植えました。

IMG_2355_R.jpg
畑に居られる、土の上に居られる、
この何とも言えない幸せ感。
土の上って落ち着く。暖かい。

IMG_2356_R.jpg
年々逞しくなる3兄弟。
3人それぞれだけど、畑で感じる成長。

もうすぐ牧草も始まります。
晴れていれば、必ず畑に行き、
雨が降れば、家で読書・・?
いやいや現実はそんなに甘くはないのであります。
「雨が降ったらこれをやろう・・」と貯めておいたことで
その日は終わるんです~(泣)。

IMG_2368_R.jpg
でもね、こんな芽を見てニヤニヤしちゃったり・・

IMG_2367_R.jpg
「育てる」ってことに心が和んじゃったり・・

IMG_2382_R_R.jpg
あの年末の、めちゃ笑えるお餅つきを想像しながら、
ヨモギ餅用のヨモギを摘んでみたり・・
農繁期といいながら、心と頭が解放されまくっております。
1年分の元気を、どんどん摘んでいる感じ。
働いたら働いただけ、ご飯がうまい!酒もうまい!(笑)。

さてさて、何の話だったかね。
そんなわけで、なかなかブログの更新が滞りがちですが、
北海道地方雨の予報があったら、きっとブログも更新されていることと
思いますので開いてみてくださいね。
まずは、もう第一弾、一番牧草刈っちゃったから雨降らんでください!




ヤギ山通信 その150 友人

春の放牧③2015 (2)_R
2011年、映画を撮らせて欲しいとその人は言った。
まだその時は、知り合いくらいの人だった。
撮影を繰り返し、寝食を共にし、そのうちに色んな話をするようになった。

映画が出来上がり、観せてもらってからかな・・
なんだかわからないけど、彼女の生き方にシンクロしている自分がいた。
同じ時間を共有し、同じ感覚で物事を見て、
それが私たちはチーズに・・
彼女は映画に・・

とても自然体な映像、そして観る人の価値観にゆだねられた映画。
そんな映画ってあまりないんじゃないかな。
「風のたより」のHPができたようです。

古いけど新しい友人を見つけたような気がしています。

HPはこちらからどうぞ→風のたより
山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示