ヤギ山通信 その158 心が揺さぶられた写真

牧場 山羊
束の間の晴れ間。
いつもと違うアングルからの写真。
(仙台の佐藤商店さん撮影)
青空にグッときちゃって送ってもらいました(笑)。
長い長い梅雨明けはもうすぐかな。
待ち遠しいです。

さて、本題の写真はこちらでした。
中筋純写真展 表

中筋純写真展 裏
うちのチーズの常連さんの同級生ということでご紹介いただいていて、
このチラシを見たときから行きたいと思っていました。
そして先日、雨だったのでみんなで見に行くことができました。

上のチラシ表は和歌山ですが、函館では7/22~27。
この後札幌で8/2~7日。
横浜で8/30~9/4。

館内の写真撮影は全てOKで、「ご自由に」と書いてありました。
カメラ持っていなくて記録できずだったのですが、
中筋さん本人と出会えたこと、
展示してある写真に圧倒されたこと、
そして心が揺さぶられてしまい、
「ああ、今日来られてよかった」
そう思えただけで十分でした。

チャルノブイリから30年。
福島の原発事故から5年。
その対比と、風景が教えてくれる意味。
それでも植物たちは大地を覆いつくす。
その土地を浄化しようとするかのように。

「人間の勝手」は、もうこの辺でやめて、
自然の仲間たちと手を携えて生きることを
考えたらどうだろう。
きっと大地はこうやって迎えてくれるんじゃないだろうか。

チェルノブイリ半径20キロ圏内に残った老婆の写真が印象的だった。
収穫したジャガイモを手に、澄んだ青空を仰いで微笑む姿。
この人たちは「豊かな経済」なんて望んでいるわけじゃない。
暮らしていけるだけの畑と家があれば、
きっと幸せなんだ。

美しすぎる村の木々と空が忘れらない。

IMG_2489_R.jpg
「旅のお供にチーズを・・」
と立ち寄ってくれた中筋さん。
ありがとうございました!


ヤギ山通信 その157 お客さんラッシュ!

山田農場としては珍しく、
pen
Hanako
danchu
3つの全国誌に載せてもらいました。
どれも旅特集。楽しそうです
そのおかげか連日のお客さんラッシュ。
と言っても、この山の中の農場までわざわざ足を運んでくださる方は
タイヘン貴重な方々ばかりなので、いつもより少し多くても
「お客さんラッシュ」と言ってしまうのですが(笑)。
ありがたいことです。

IMG_2469_R.jpg
さてこの方は・・近くの農家さんではなく、
仙台の酒屋の
佐藤商店さん。
(佐藤さんの報告のブログ、必見!感動です)

毎年チーズをお送りし、大事に販売してくださっている酒屋さんです。
大変忙しい中、時間を作って足を運んでくださいました。
昨年訪ねてくださった時に
「今度酒でも飲みましょう!」という約束をし、
今夏、約束を果たしに作業着持参で(笑)来てくださいました。

IMG_2437_R.jpg
この日はまだ学校があったので、3男のハルサクと一緒にべりー摘み。

IMG_2441_R.jpg
「おじさん、こうやってとるんだよ」
「おじさん、このラズベリーうまいから食ってみな」
「おじさん、面白い顔して~ひゃひゃひゃ、変な顔~!」

佐藤さんちにも3人の男の子がいるそうで、
男の子の相手はお手の物。
夕方には温泉まで連れて行ってくれました。
感謝・・。

IMG_2440_R.jpg
夜には佐藤さんのお土産ワインで、
クルトワの希少な貴重なワインをいただき、
わが家のチーズと、山羊&ヒツジのソーセージでおもてなし。
こうやって共に過ごせた時間が宝物です。
野生酵母でワインを作ること
自生乳酸菌でチーズを造ること
無農薬で米・野菜を作ること
天然酵母でパンを焼くこと
そして、それらを心を込めて売ること
どれもジャンルは違っても同じ土俵にいる仲間です。
それを見つけられた時の喜びは大きく、
自分の身を置く世界を共有できる安心感として
心が静かに教えてくれる気がします。

そんな素晴らしい時間でした。
佐藤さん、ありがとうございました。
また来年、飲みましょう!



ヤギ山通信 その156 ベリーラッシュ!

IMG_2471_R.jpg
忙しい日々が続いておりました。
なかなか更新できずにすみません。

そうこうしているうちに夏休み!
ひゃあ~・・でもこの夏休み、実はありがたいのです。
朝、少しくらい寝坊しても焦らないし、
なんて言っても「猫の手」以上の子どもたちの手があるのです。

これからしばらくはベリーラッシュ!!
道左側がラズベリー畑。
毎日のベリー摘みは子どもたちの大事な仕事。

IMG_2473_R.jpg
これはカシス(黒すぐり)。
挿し木をして増やしている途中ですが、
もう今年から結構採れそうです。

IMG_2474_R.jpg
5分手伝って、もはや遊び始めるコウサク。
近くの小川ですっころんで長靴の中までグシャグシャ・・
何しに来たんじゃ~

IMG_2475_R.jpg
農薬も使わず、病気にも虫にも強いベリーたち。
この野性的な果実たちは農場のジャムとして販売します。

IMG_2477_R.jpg
「ベリージャム!」
「ルバーブジャム!」
どちらも480円です(100グラム入り)。
このラベル、大好きな某ワインの「○-yuzuki!」を参考に。
わかる人にはわかる・・まだ在庫有りますよ~。

今年、日本全体で天気がおかしいようですね。
北海道も、低温・多雨・日照不足・・
もういい加減夏の太陽が見たいです。
連日続く異常気象に、農家さんタイヘンです。
うちも牧草作業が進まず・・・(いつ刈れるんだろう・・)

それでも子どもたちは夏休み。
買い物、映画、海、釣り、花火・・遠出はできないけど、
近場で楽しいこといっぱい計画中。
農作業と天気の合間を縫って遊んじゃいます。

というわけで、やっぱり夏休み中もご来店の際は
必ず事前にご連絡ください。
不在なこと、在庫がないことがありますので。
みなさまも夏を楽しんでくださいね!

ヤギ山通信 その155 守られてきたことがわかる日

IMG_2435_R.jpg
最近、子どもたちの姿と自分の幼少期が重なることがある。
小学校高学年になった長男を見ていると、
「ああ、自分も子どもの頃こうだったな」とか。
今でも小学校のころの記憶って結構残っているもんね。

色々あっても、家に帰ると落ち着き、
家族の匂いが近くにあるとホッとしたものです。
そんな風に、いつも守ってもらっていたんだなあと、
自分が親になり、記憶がフィードバックするたびに思い出します。

それと同じような感覚を
「日本国憲法」に感じました。
それは、「映画 日本国憲法」(ジャン・ユンカーマン監督)を観たからであり、
本当の歴史を知ったからです。

明日、選挙です。
私はもう期日前投票に行きました。
みなさん、是非選挙いきましょう!

この国は、本当に大切なものを失おうとしています。
ずっと守ってきてくれたものを捨てようとしています。
世界が「平和の祈り」のように日本に託してくれたものを、
歴史をよく知らない私たちの世代が
「要らない」といって手放してしまっていいのでしょうか。

たくさんの命が教えてくれて、授けてくれて、戦後70年、
ずっと変わらず私たちを守り続けてくれてきたものを・・。

守られてきたことが分かったとき、
守ってくれていたものを失ってからでは遅い。
当たり前は、当たり前ではない。
自分たちで守り続けて初めて尊いと思うのです。

参考にしてください。

マガジン9

ノーム・チョムスキー&ジョン・ダワー最新インタビュー(「ユンカーマン監督特集」より)

映画「不思議なクニの憲法」

映画「日本国憲法」

IMG_2428_R.jpg

先日、大沼での集いに参加させてもらい、
映画「日本国憲法」(ジャン・ユンカーマン監督)をみんなで観ました。
憲法の映画なのに、感動してしまいました。
「占領軍が日本に押し付けた日本国憲法」ではなく、
戦争でボロボロになった日本に授けられた、
日本やアメリカだけでなく、世界の「平和への祈り」のようなものが
この日本の憲法だったのです。

日本国憲法前文  
「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意し・・
主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する」

ベリーラシュ (4)_R

守ってくれていたものを知ったのなら、
守らないと。

山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示