ヤギ山通信 その158 心が揺さぶられた写真

牧場 山羊
束の間の晴れ間。
いつもと違うアングルからの写真。
(仙台の佐藤商店さん撮影)
青空にグッときちゃって送ってもらいました(笑)。
長い長い梅雨明けはもうすぐかな。
待ち遠しいです。

さて、本題の写真はこちらでした。
中筋純写真展 表

中筋純写真展 裏
うちのチーズの常連さんの同級生ということでご紹介いただいていて、
このチラシを見たときから行きたいと思っていました。
そして先日、雨だったのでみんなで見に行くことができました。

上のチラシ表は和歌山ですが、函館では7/22~27。
この後札幌で8/2~7日。
横浜で8/30~9/4。

館内の写真撮影は全てOKで、「ご自由に」と書いてありました。
カメラ持っていなくて記録できずだったのですが、
中筋さん本人と出会えたこと、
展示してある写真に圧倒されたこと、
そして心が揺さぶられてしまい、
「ああ、今日来られてよかった」
そう思えただけで十分でした。

チャルノブイリから30年。
福島の原発事故から5年。
その対比と、風景が教えてくれる意味。
それでも植物たちは大地を覆いつくす。
その土地を浄化しようとするかのように。

「人間の勝手」は、もうこの辺でやめて、
自然の仲間たちと手を携えて生きることを
考えたらどうだろう。
きっと大地はこうやって迎えてくれるんじゃないだろうか。

チェルノブイリ半径20キロ圏内に残った老婆の写真が印象的だった。
収穫したジャガイモを手に、澄んだ青空を仰いで微笑む姿。
この人たちは「豊かな経済」なんて望んでいるわけじゃない。
暮らしていけるだけの畑と家があれば、
きっと幸せなんだ。

美しすぎる村の木々と空が忘れらない。

IMG_2489_R.jpg
「旅のお供にチーズを・・」
と立ち寄ってくれた中筋さん。
ありがとうございました!


山田農場について

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示