ヤギ山通信 その167 1年で一番早い時期・・収穫編

IMG_2687_R.jpg
またまた少し前の写真。
なかなかリアルタイムじゃないけど、すみません!
「秋」。夏の色も美しいけど、移りゆく秋の色もいい。
お腹がぐう~っとなる感じ。

今年の天気は、この10年で一番というくらい悪かった。
それでも、成るものは成り、実をつけてくれる。

IMG_2685_R.jpg
新じゃが、カブとボリボリ(山のキノコ)の味噌汁、
人参のサラダ、切り干し大根のハリハリ。
玄米は友人の無農薬玄米。

IMG_2693_R.jpg
今年は、花の時期にも雨が多く低温だったせいか、
大豆の収量も少ない。
来年の種分を残し、1年分の味噌を仕込んだら、
あとはちょっとお釣りがくるくらいかな。
そういう時は、昨年に採れた豆を食べる。
昨年は豊作だったから、何かのためにと多めに貯蔵しておいた。
お正月用の小豆、黒豆は大丈夫。

IMG_2697_R.jpg
そして待ちに待った初収穫!!
嬉しくて、大事に鋏を入れるケイスケ。

IMG_2701_R.jpg
今年はわずか2キロ。
でも、この笑顔。
嬉しすぎて、朝から晩までブドウの話(笑)。

IMG_2703_R.jpg
そして、み~んな、みんなのお腹の中へ~~。

IMG_2708_R.jpg
大根。
秋の根菜は、とっても上出来。
これだけあれば、漬物も、貯蔵用も心配ないわ~。
さて~、洗って干さねば!!

IMG_2709_R.jpg
芋ほり中に学校から帰ってきた子どもたち。
手伝うどころか、そのまま土遊び(笑)。
まあ、いっか。
土日に手伝っておくれ。
ジャガイモ掘りはみんなの仕事。
ジャガイモ畑は雑草がすごいので、何回か霜が来て、
上の雑草がシナシナになってから掘ります。
なので、結構寒くなってから。
掘ったらすぐに選別し、土の中に埋けます。

IMG_2688_R.jpg
なかなかブログ更新できないので、もういっちょ。
薪小屋を新しく建てることにしました。
奥の傾いている小さい小屋が10年目の薪小屋。
仮に建てたのに、結局このまま使っていました。
いい加減もうちょっと大きくしようと。

IMG_2689_R.jpg
材料はそろっていたので、早い早い。
柱は、うちのカラマツ林の材。
自分で製材したので、ごっついけど丈夫。

IMG_2704_R.jpg
高い所も全然へっちゃらなハルサク。
落っこちた傘釘を拾いに行ってくれたり、
ちょこまかと近くでお手伝い。
母ちゃんよりずっと役にたちそう。

IMG_2706_R.jpg
動物たちの世話、チーズ造り、畑・・その合間での建築。
来年は、大きな建築の予定もあります。
農民の作業は、1年かけて進めることも考えます。
シーズンの中で、どこにどうやって組み込んでいくか。
そんなことの日々です。
だから面白い。

IMG_2695_R.jpg
そして、日が暮れるのが早くなってくると、
早めに作業を切り上げることが多くなります。
やっと少し頭の中に余裕が出てくると・・
夏の間に貯めていた気持ちを形にしたくなってきます。
頭や心の中を整理し、もっと自分たちの暮らしや生き方に落とし込んでいく。
その道順を探るため、人や本との出会いを求めたりします。

今、出会った本、人。
「わたしとあなたのけんぽうブック」 水野スウ著
とってもわかりやすい言葉で、心にすとんと落ちてくる。
売店でも取り扱っています。(600円です)

長い冬に向けての畑や暮らしの整理。
そしてもうすでに始まっている来春への準備。
冬を迎える前のこの時期が、なんだか一番愛おしかったりします。



ヤギ山通信 その166 1年で一番早い時期・・復活編

IMG_2677_R.jpg
ああ、なんて久しぶりのユンボ!
これは借り物ですが、農場の開拓当初は自前のユンボがありました。
小さいけど、人力をはるかに超えた能力を発揮してくれていました。

久々に乗るユンボに、ケイスケは嬉しそう。

IMG_2680_R.jpg
目的は、10年くらい耕作放棄地になっていた元水田の開墾。
ぱやぱや~っと(道南弁?)生えた木々をユンボで抜き、
道を整備したり、もろもろと。
意外と湿気ってなくていい感じ。

IMG_2682_R.jpg
全部で2反くらいかな。
段々畑だったので、上の方まで全部使えば1.5町ほど。
でも、もう雑木林になっているので、これはうちの薪取りように。
ありがたい。

IMG_2678_R.jpg
来年の春から使うために、今起こしておきます。

IMG_2679_R.jpg
二駆のトラクターでも、難なく起こせました。ほっっ。。

IMG_2681_R.jpg
この畑(元水田)は、農地です。
私たちは、今年の8月まで農家(農業者)ではありませんでした。
??と思うでしょ。
私たちは、この町に入植するとき、新規就農者として
認めてもらえなかったという経緯があります。
「チーズは農産物ではないので、あなたたちは農業者ではなく、
乳加工業者です」
という、訳の分からない理由で、農業者として認めてもらえませんでした。
10年近くも、農業の経験があったにも関わらず。

農業者でないと農地は借りられないため、原野を探しました。
そして今の土地と出会ったのです。
結果的には、この土地と出会えたことが良かった。

そして10年が経ち、また土地を貸してくれるという話があったとき、
そこが農地だったために、借りられないという問題になったのです。
耕作放棄地ですが、農地だと借りられない。
「どうしたら借りられるんですか?」と役場の農業委員会へ。
「農業者でないと、原則として借りられません」
「じゃあ、農業者にしてください」
・・というわけで、諸々の書類を提出し、
農業委員会の会議にかけられることになりました。

IMG_2674_R.jpg
そしてこの放牧地を見なし農地として認めることで、
「農業者として認めましょう」
ということになったのです。

「農業をやりたい」という前向きな気持ちがくじけそうになる、
今のこの日本の農地法。
でも、ちゃんと見ててくれる人はいます。
右手を挙げて、やり続けていると、
私たちが気づかない所でバックアップしてくれてる人が必ずいます。

現に、入植当時から知っている農家さんや、
食の活動を一緒にしている農家さんが後押ししてくれたそうです。
新規就農のマニュアル通りでなくても、
ちょっと遠回りになるかもだけど、自分らしいやり方で始められる形もあります。
色んな農業の形があっていいと思うし、
ぶれない信念があれば、活きるし活かされると思います。

IMG_2670_R.jpg
(ハルサクが持っているのは、カラカサタケ。美味しいよ!)

そんなわけで、長くなっちゃったけど、
この畑で更に自給率を上げるべく、来年も野良仕事満載です!


ヤギ山通信 その165 1年で一番早い時期・・開拓編

IMG_2573_R.jpg
秋が過ぎ去るのは早い。
道南は秋が長いと言われているけど、毎年ながら
あっっっという間に雪が降り始める・・(と感じる)。

秋のカラッとした晴れ間に干しておきたいものを干したり、
土の乾いているうちにやっておくことをカレンダーに書いていくと、
予定でびっしりになるくらい。
(写真は、5月に刈った羊毛。この時期にやっと洗い、干します)

IMG_2647_R.jpg
少し前の事ですが、野芝の種を取り、新しい山に蒔きました。
9月下旬ころまでに蒔くと、小さく発芽し根を張ることができます。
そして越冬し、その株は来年成長していきます。
うちの山は、日本の在来の牧草である野芝で覆われています。
3年前に地続きで放牧地にした隣の山は、だいぶ青くなってきましたが、
もう少し手を貸して、野芝に自然におおわれていくのを助けます。

IMG_2643_R.jpg
株で植えつけても、食べられてしまうので種で行きます。

IMG_2654_R.jpg
ハルサクも種まき。

IMG_2650_R.jpg
・・と思ったら、拾ったドングリを食べさせていました(笑)。

IMG_2648_R.jpg
山羊たちの足跡に落としていき、踏んでいきます。
土が柔らかい所は、バラバラ蒔いて、踏めばOK.

IMG_2644_R.jpg
こんな地道な作業で、見違えるほど素敵な山になります。
あと3年くらいかかるかな。

IMG_2642_R.jpg
この山の下の斜面には、ブドウを植えていきます。

IMG_2585_R.jpg
家の近くで育苗しているこのブドウの子たちが移植予定。

IMG_2656_R.jpg
10年経って、こんなに綺麗になった山。
10年前を知る人は、誰もが驚きます。
動物たちと、人間の共同作業で、開拓そして改良し続けたこの10年。
まだまだゆっくりと続いていきます。

IMG_2674_R.jpg
人が美しいと思う風景って、どこか懐かしい風景の時がありませんか?
山奥の田んぼとか、段々畑とか、防風林に囲まれた草地だったり・・。
人が自然とじっくり向き合い、何とか共存しようとして
少しづつ手を加えた土地なのかもしれないなって思いました。
きっとその気持ちが残ってるから、観た人が共感するのもあるかもな。

IMG_2666_R.jpg


IMG_2671_R.jpg


IMG_2667_R.jpg
山羊たちに囲まれたハルサク(見えないかな?)

さあ、次は「復活編」です。
10年近く耕作放棄地になっていた畑を借してもらえることになりました。
それを借りるまでにもひと騒動あったのですが・・
それも含め、また書こうと思います。
来年畑として使うため、今開墾です。
ひゃあ~、、また開墾じゃあ~!!
山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示