ヤギ山通信 その176 「不思議なクニの憲法」上映会のお知らせ

ふしぎ
ずっと観てみたかった映画でした。
でも、自分で上映するきっかけがなくてモジモジしていたら、
参院選後にリニューアル版が公開されていたのを知りました。
「やっぱり観たい!!」
そう思ったら、仲間もタッグを組んでくれて・・
来年上映会が決まりましたのでお知らせします。

「不思議なクニの憲法」

2月24日(金) 13時半から~(大沼ポロトポント)
2月25日(土) 9時半から~(大沼ポロトポント)
2月27日(月) 15時半から~(山川牧場モータウンファクトリー)
上映時間2時間30分
参加費:1000円
主催:「不思議なクニの憲法」上映実行委員会

お申込み&お問い合わせ:山田農場(090-6263-7896)

不思議なクニの憲法公式HP

私もまだ観ていませんが、映画ってフライヤーだけでビビッと
来ることありますよね。
ビビッと来ちゃってるんです、だいぶ前から。
これを見て、ビビッと来た方、ご連絡ください。

どうしてこんなに、私たちが「行ってほしくない」と思う方向にばかり、
進んで行ってしまっているのか、日本。
それは、国がもう形を崩してしまっているから。

その中でどう生きていったらいいのか。
一緒に考えましょう。
きっかけはいくつあってもいいと思います。


ヤギ山通信 その175 感謝祭 おまけ

IMG_2792_R.jpg
ヒツジ3頭分の脂を精製し、約6キロ。
精製して固めた脂をまたストーブの上で溶かし、
苛性ソーダをホエイ(乳清)で溶かしたものと合わせて
ホエイ石鹸を作ります。
400グラムほど取って置いて、後日ローソクも作ってみます。

IMG_2795_R.jpg
牛乳パック10本分の石鹸ができました!
カレンデュラ花弁のオリーブオイル漬けも少し混ぜてみました。
3~4週間寝かせて、使える時を待ちます。
いつもは牛脂で作っているのですが、羊脂は初めて。
楽しみです!

IMG_2793_R.jpg
またモリモリと絵を描くハルサク。
不思議と、兄弟と居ると、あまり絵を描かない。
どわ~~っと遊んでる方が多いからかな(笑)。

IMG_2785_R.jpg
集中して絵を描ける時代(時間?)は貴重かも。
・・・と思う、今日この頃の親ばかです。

ヤギ山通信 その174 感謝祭 Part2

IMG_2768_R.jpg
さて2日後、解体したお肉をミンチしていきます。
小さいミンサーなので休み休み。
取り切れなかった脂も適度に混ざり、いい感じです。
子どもたちももう手慣れたもの・・だけど、
「オレがやるっっ!」とケンカ絶えず。
とにかくお腹がすく時間になるとやたらケンカが増えて仕事にならないので・・
早々のお昼ごはんで、「人生で2度目のハンバーグ」(ハルサク曰く)。

IMG_2771_R.jpg
ひき肉に、玉ねぎ、にんにく、アヒルの卵、パンくず(パン粉じゃないという・・)。
農場のハンバーグだね。

IMG_2773_R.jpg
こういう時のお昼ご飯は、ぱっと食べて、
さっと片づけ、次の仕事!となるのがいつもなのですが。
ハンバーグが唸るほど美味しくて、パッと食べられない。。
結局この日にミンチが終わらず、翌日に持越し。
まあ、子どもたちと仕事するということは、諦めも肝心なわけで。
根詰めても、いいことありません、うん。

IMG_2775_R.jpg
でも母ちゃんはそうはいきません。
2日分けてミンチすることになったとはいえ、
これからの仕事も丸2日がっつりかかります。
保存食であるミートソース(肉ビン)を仕込んでいきます。
今年はトマトが豊作だったので、ストックしてあったトマトソースや
夏野菜と一緒に煮込んでいきます。

IMG_2774_R.jpg
1ℓ入るビンに約40本。
きっちり脱気して、夏ころまで持たせます。
なぜ肉ビンなのかというと・・・
ソーセージやハムなどにするとしても、長期保存には向かず、
ドライサラミにするにしても、なかなか大量には食べられず、
冷蔵庫や冷凍庫を使わない保存食・・と考えた結果、肉ビン。
昨年少し作った肉ビンが、思いのほか長く保存できて美味しかったのです。
おまけに、夏野菜をストックしておいて一緒に煮込めば、
手軽に冬の食卓が賑やかにできるという。

IMG_2780_R.jpg
夜暗くなるまでビン詰めは続きました。
電気をつけて仕事をしていたら、外からケイスケが
「アジアの屋台みたいだなあ」
スパイスもアジアンだからかな~?
うちの玄関の土間が、朝までいい匂いでした。

ヤギ山通信その173 感謝祭 Part1.

IMG_2764_R.jpg
12月恒例の山田農場の感謝祭。
今年は、ヒツジ3頭をお肉にしました。
わが家のお肉は、基本的に「うちの子」。
搾乳を終えた老山羊または老ヒツジ。
とはいっても、まだまだ元気なおばちゃんヒツジでした。
ヤリ―、モリ―、ムック。
ムック(チェビオット×ヤコブ)は
わが家の初代ヒツジで、大変貢献してくれたヒツジでした。
私たちの暮らしにヒツジの魅力をもたらしてくれた。
ヤリ―、モリ―はメスの双子(ポールドーセット)。
この2頭もちゃんと後継のメスを残してくれました。

IMG_2760_R.jpg
友人宅で大人4人、子ども5人で勢いよく解体していきます。

IMG_2761_R.jpg
ヤリ―とモリ―は脂が多く、キレイにするのに時間がかかりましたが、
この脂も貴重です。
石鹸とローソクを後日作るのです。
(いつもは牛脂で作るのですが、うちのヒツジの脂で作るのが夢でした~)

IMG_2765_R.jpg
昼間っからですが、もちろん1杯いただいてから始めます!

IMG_2762_R.jpg
解体の合間の昼ごはん(子どもスペース)。

IMG_2763_R.jpg
ロース、ヒレはそのまま焼いてみました。
「うまっっっ!!」
マトンなのに、全然臭くも無く、むしろうまい・・。

IMG_2766_R.jpg
学校を休んで解体作業を手伝う子どもたち。
ユウサクは6時間、ずっと最後まで付き合ってくれました。

いやあ、ありがとう。ありがとう。。
素晴らしい贈り物です。
3頭分で、約50キロのお肉でした。
柔らかい部位以外はミンチにし、加工していきます。
動物たちと暮らしながら、
彼らのミルクをいただくこと、
彼らのお肉を食べること、
彼らの堆肥を使うこと(3年以上おいた完熟堆肥)、
それ以外の恵み(羊毛、脂など)を大事に利用すること、
これらは動物たちと自然と私たち人間が暗黙に約束した
循環だと思っています。
全てを完全に利用し尽くせてはいないけど、
少しでも無駄にしないように、いただく。

そこで初めて生まれる感謝があります。
そんな感謝祭になりました。




ヤギ山通信 その172 根雪

IMG_2729_R.jpg
昨夕から降り始めた雪。
サラサラと音が聞こえるくらいのみぞれ雪。
「やっと降ったね!!」とハルサク。
とうとう・・じゃないんだね、子どもって(笑)。

IMG_2732_R.jpg
もう、手当たり次第に遊ぶ。
なんでもいいって感じ?

IMG_2734_R.jpg
このシーンを見た街からのお客さんがひとこと。
「これって、普通、街の親ならやらせないよね。できないというか・・」
えっ・・・うち日常なんですけど。
まあ、2人目、3人目ともなると、子どもは勝手に逞しくなりますよ。
これで4人目、5人目だったら・・(楽しそう~)。

IMG_2757_R.jpg
まあ~、降るわ降るわで翌日にはこんな感じ。
あっという間の根雪です。
道はまだ溶けるだろうと踏んで、除雪はしません。
というわけで、今日は眺めるだけ。

IMG_2755_R.jpg
待ちに待った雪と遊ぶ子どもたちはかわいい。
風雪・着雪、関係なし。

IMG_2758_R.jpg
これから春まで暇しません。

IMG_2759_R.jpg
冬至まで日没が早くなり、冬至を過ぎると日に日に陽が長くなる。
その少し落ちてまた上がる時の雰囲気が何とも言えない。
まだまだ極寒期なのに、もう春に向かっているんだなあという、
確かな季節の約束。
それまでは子どもたちとクリスマスとお正月を楽しみに。
そして1月になったら、気持ちはもう春に向かえる。

IMG_2738_R.jpg
最近のハルサクの絵が面白いので、時々載せてみます。

IMG_2744_R.jpg
軽トラで牧草を運んでいるところ。
完全に親ばかですが、ハルサクの絵は好きです(笑)。


山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示