ヤギ山通信 その183 不思議なクニの憲法上映会

ふしぎ
「不思議なクニの憲法」上映会、明日から2日間。
(大沼上映会情報→こちら
いよいよです。
小学校でインフルエンザの声がチラチラ聞こえてきたので、
冷や冷やしていましたが、何とかなりそうで、ほっ。。

先日、試写会をして観てきました。
予想以上に、素晴らしい映画でした。
高校生から90歳まで、みんな自分の言葉で、
賛成派も反対派も、改憲派も護憲派も、
とてもわかりやすく、しっくりくる言葉。
そしてその人の表情、語り口。

2時間半が、あっという間でした。
ブックレット(1000円)もあるので、後に復習もできます。
当日も販売しますが、ご希望の方には後日ご案内できると
思いますので、お問い合わせください。

また上映会終了後に、報告と感想を書きますね。

さて、試写会から帰ってきたら・・・

IMG_2904_R.jpg
生まれていました!!出産第一号!
1週間も早いお産で、ノーマークでした。。
でも、初産にもかかわらず、しっかりした双子を産み、
産後の処理も自分でして(後産を食べる)、
もう子どもたちに初乳を与えた後でした。

お母さんの名前は「コハイジ」。
いや~、りっぱりっぱ!
映画で希望をもらって帰ってきたら、
希望が生まれていて。。
なんかじ~んと嬉しかったです。
「がんばろう。この喜びのために生きてるんだもんな」
そう思いました。

そういうわけで、始まりましたベービーラッシュ。
3月に入ったら、チーズ工房も起こさないと!(笑)

_MG_8641_R.jpg
うちの子たち(乳酸菌たち、酵母たち)もね!


ヤギ山通信 その182 必ず帰るよ

IMG_2882_R.jpg
「行ってきま~す!!」と元気よくハルサクが出かけていく。
背中にリンゴを2個背負って。

IMG_2890_R.jpg
2月に入ると気温が上がり始め、雪が堅雪になる。
そうすると薪仕事が始まる。
今年はぶどう畑を広げるため、そこの面積分の木を切ることに。
雪が融けてしまうと作業がしづらいので、3月までには終わらしたい。

IMG_2886_R.jpg
うちから歩いてすぐの山なのだけど、
丁度作業半ばでお腹がすいてふらふらしてくるので、
お昼までのお腹を持たせるためのリンゴ休憩。
そのリンゴを持ってハルサクは出かけているのでした。
もちろんお手伝いも!(一応母ちゃんも!)

IMG_2897_R.jpg
そして週末には総動員で薪仕事。
実は子どもたちのアルバイトにもしていました。
ここで少しお小遣いをもらい、
春休みにまた好きなガンプラを買うのが楽しみ。

IMG_2894_R.jpg
この日はプラス5度。
もう春だなあ~。。

IMG_2898_R.jpg
働く働く働く。

IMG_2899_R.jpg
シバ片づけも、助かるんです。

IMG_2900_R.jpg
太い木は玉切りにしてソリで下します。

IMG_2896_R.jpg
このあと回収した薪を割っていくのだけど、
今年から薪割りも本格的にやってもらいます。
「筋肉付けたい」「強くなりたい」
という理由で、子どもたちは快諾。
男の子っていいなあ~(笑)。

IMG_2901_R.jpg
今シーズンの初倒木の朝、山へ出かけるケイスケは少し緊張していた。
「最初が一番緊張する。怪我しないようにということと、
山や木々に対しての畏敬の気持ちを持ってチェーンソー使わないとな」

ああ、あったあったと、私もお守りを渡した。
なぜか「安産祈願」だったんだけど(笑)、パッと手の届くところにあったので。
「やっぱりさ、必ず帰ってきたいからさ。」
と、ケイスケ。

山の仕事も、どんな仕事も、時としては命に関わることもある。
それをいつも心に置いて、仕事をするのは大事なことだと思った。
そして自然や、暮らしを温めてくれる薪になってくれる木々たちにも、
山々にも、いつも感謝の気持ちがあって。
そして必ず帰りたい場所があって。

もう少しで山羊たちの出産が始まります。
命のサイクルの中にどっぷりはまる日々。
そのスタートは、春の薪仕事でした。
そう、もう始まっている。農場の春です。

ヤギ山通信 その181 暮らしから始める平和な社会のつくり方

IMG_2865_R.jpg
真冬のわが家。
1年で一番、心も体もリセットされて解放されている時。
色んなことを充電したり、
今まで貯めこんだ、様々なことを噛み砕いて
消化したり反芻したりする、大事な時期。

その中で、いつも心にあることを一つ、挙げさせてください。

広島で暮らす友人、坂本耕太郎くん。

裏山に豚を放牧して抗生剤などを使わず飼育し、美味しいお肉を出荷しながら、
無農薬の米農家であり、
ガソリンを使わず天ぷら油で車を走らせるWVOを実践し、
10歳未満5人の子どもを子育て中のおとうさんでもある。
桜の山農場のブログ
彼がまだ独身の頃、新得の共働学舎で出会い、
ケイスケも私も、短い間だったけど寝食を共にした。
あれから10年ちょっと。
お互いに家族を持ち、再び同じ感覚で繋がり合えたことが嬉しい。
遠く離れていてるけど、農業や子どもを通して感じることは、
きっと同じ目線、土俵、感覚だと感じるこの頃。
少し長くなるけど、読んでみてください。

彼の出身校「愛農学園農業高等学校」の母体「全国愛農会」の70周年記念事業で開かれた
「それでも私たちは種をまく」という分科会の、坂本くんの報告です。

=============================

ぼくは「平和について考えるとエネルギーにたどり着く」と言う言葉に出会い、
自分の食べるものとエネルギーを作ることが自分にできる平和活動だと思って
暮らしを作ってきました。

その暮らしは弱者から不当に搾取しないためと思ってきましたが、
実は自分自身の心の平和を作るものであり、
ひとのためではなく、自分自身のためだったと気付きました。

その生き方も農業も
とても楽しく、豊かで、平和だなと思います。

しかし今日本は平和でしょうか。

ぼくは、山口上関二建設が予定されていた上関原発の抗議行動を
近くでずっと見てきました。
カヤックに乗って、埋め立て工事の阻止行動に参加させてもらったこともあります。
しかし、そこにかけるエネルギーや感情というのは大変なもので、
そこから感じる負のエネルギーがつらくてしょうがありませんでした。

そんな時に、参議院議員の山本太郎さんの話を聞きました。
太郎さんは「経済を大企業がお金とマンパワーを使って送り出した政治家が、
今の政治を作っているから、
その立場からみれば、今の政治家はとてもよくやっている、ということになる。
と言っていました。

だから、自分達が暮らしやすい社会を作るためには、
自分達が暮らしやすいように、
社会の在り方を変えていかないと、
いつまでたっても、現場での阻止行動しかできないということです。

そのためには、1人1人がアクションを起こさないといけないんですが、
ではどうしたらいいんでしょうか。

この分科会の報告者であるアーサービナードさんは、
「戦争はすごく儲かる経済であり、
その経済は私たちの生活に深く浸透していて、
私たちが何かを買うことで、知らないうちに戦争技術への資金提供になるシステムが
うまくできあがっている、

まずそれを見見極める目を持ちましょう」
と言われました。

さらにそうした戦争を支えるものは、
往々にして「平和」と言う言葉で覆われているともおっしゃっていました。

化学合成洗剤も、
除草剤も
ラウンドアップも、原発も、
すべて「戦争技術」の「平和利用」です。

そういうものを見極めて排除していく暮らしを
楽しみながらしていくということも、提案して下さいました。

今の社会は戦争前夜と言ってもいいくらい、
危機的な状況だと感じています。

辺野古の基地も、
TPPも、
憲法改正も、
今ぼく達ががんばらないと、
子ども達の社会はどんどん住みにくくなってしまう。

だからみんなで
社会を変える取り組みしていかなきゃならないと思います。

そのためにぼく達は、
思いもみんなと共有したいし、伝えていきたい。

それが「私たちが種を蒔く」ということだと思います。
ぼくは、平和の種をみんなの心にまかなきゃいけないとおもっているんです。

それがどんどんつなっていかなければいけないと思っているんです。

どういうアクションができるか
みんなで考えて、
明日から実行に移していきましょう。

===============
IMG_2656_R.jpg
「持続可能な社会」・・「持続可能な農業」・・
持続可能な・・は、きっと当たり前の前提なのだと思います。
そうでないと、次に繋がらないのだから。
そういうことを「当たり前の前提」としながら話し合う、
そんな感覚的に話ができる仲間が居ることが一番必要なことなのかと。

09YZ7316_R.jpg
いいんです、別に同業者であろうがなかろうが。
だって、子育ては持続していくもの、きっとずっと。
農業もそうだよね。
暮らしもそうだよね。
だとすると、もっと私たちは話をしないといけないな・・
と思うのです。
そのきっかけや時間が圧倒的に足りない。
気づきをもらう出来事に出会っても、共有できる仲間がいないと、
なかなか波紋は広がっていけない。

でも、きっと種を蒔く人と、それを共有したい人と、
広げていきたい人は、もうすぐ近くにいて、
あと少し。
きっとあと少し・・なんだと思うのです。

そんな励まし、勇気を彼らにもらっている気がしています。

色んな社会の問題があるけど、
それに気付き、考え、話し合い、
「仲間とユーモアを持って生きること」。
それが平和な社会に繋がる一歩かなと、いつも想っています。



山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示