ヤギ山通信 その196 夏の稔り・・そして祈り・・

IMG_3110_R.jpg
夏の稔り・・ベリーたち。
カシス、ラズベリーはジャムに。
まだわずかのブルーベリーはおやつに。

IMG_3113_R.jpg
草の中のズッキーニ。
毎日食卓にのります。

IMG_3125_R.jpg
新じゃがの収穫。

IMG_3126_R.jpg
今年は小芋の時期に雨が降らなかったせいか、
収量が昨年の半分くらい。
しかし・・旨い!
越冬イモの、芽が出まくったイモを、
「新じゃがが出るまでは!」と食べ続けていたのもあって、
新じゃがは待ちに待った夏の稔り。
掘り上げた後には、大根やカブを蒔き、
晩秋の稔りへと繋げます。

IMG_3123_R.jpg
今年初挑戦の紅花。その奥はエゴマ。
紅花は、花も実も使えるので、山形から種を取り寄せて
作ってみたけど、意外と丈夫で育てやすかった。
若芽も美味しく、レタスのような味。
花は、素晴らしく素敵な香り。
色々な効能があるようです。
新しい、ここの作物になりそうです。
キレイだしね。

IMG_3129_R.jpg
ここの地域で自家採種され、20年以上受け継がれてきた朝顔。
朝咲いて、シュッとしぼむ。
あれ、だから朝顔だよね・・と思いますよね。
今の朝顔は、昼間も咲いています。
そして自家採種しても、2~3年でうまく栽培できなくなります。
F1種なのです。

この朝顔の顔の中に、早朝忙しそうに出入りする蜂・ハナアブたち。
その姿を見ているとホッとします。
でも、その数は、ここ数年で激減している気がしています。
飛んでる虫が少ない・・
野菜はもちろん、花も、木も、色々な稔りに、
虫たちは絶妙なバランスで関係しています。
それを忘れた今、人間の都合だけの農業になってしまっています。
農業だけではありません。

近所でも、草地更新するために大量の除草剤をまき、
牧草を枯らし、その上に未発酵の堆肥を大量に投入し、
起こしてまた牧草の種を蒔いています。
そして再び雑草がはびこってくると、牧草が枯れない除草剤をまくのです。
そしてそれは、誰のご飯?
牛です。
ミルクを絞っている牛、お肉になる牛・・その御飯です。

ネオニコの被害はよく聞く話ですが、
最近知り合いになった「種牧夫」さんのブログがわかりやすいので、
参考にしてください。
種蒔く旅人

近くで養蜂をやっている農家さんの話だと、
蜂が弱って越冬できないそうです。
そもそも安全だと謳う農薬はどこから来たのか?
農薬だけでなく、同じように暮らしの中に入り込む、
合成洗剤や化学物質はどこから来たのか?
どれも戦争と繫がる事実ばかりなのです。

原爆を落とされながら、核兵器禁止条約に参加しなかった日本。
誰かの都合のために、私たちは生まれて、生きているのでは
ないとしたら、そのことの意味をもう一度考え直さないと
いけないときに来ているのではないかと思うのです。

IMG_3128_R.jpg
8月6日、9日、15日。
広島、長崎の原爆投下時刻、
そして終戦記念日。
近くの大信寺さんの鐘をつきながら祈ります。

原爆は落とされなくてもよかったはずのものでした。
それが落とされたことの意味。
それによって失われた、罪のない、おびただしい数の命。
生き残った命。
今につながる言葉。

失われた世界は取り戻せない。
蜂たちにそう言われている気がします。

山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示