FC2ブログ

ヤギ山通信 その232 休日

IMG_3539_R.jpg
ユウサクの中学校の開校記念日。
この日は小学生組を休みにして、遊びに行くと決めていた。

天気の合間を縫っての牧草作業、農作業、
季節は待ってくれない、そんな作業ばかりが続き、
休みらしいことは何一つしてやれない農繁期。

やっと少し一息つけそうだったので、
思い切って遊びに行くことを決行!

・・と言っても、車で1時間くらいの八雲町ですが。
でも、ここのパノラマパークが子どもたちはお気に入り。
屋内遊具が、タイヘン残念なことに定休日だったので、
アスレチックでガンガン遊びました。

平日だったせいか、貸切状態(笑)。

IMG_3544_R.jpg
自動(手動?)ターザンロープ。

IMG_3543_R.jpg
大人は気を付けないと、柱に頭をぶつけます。
(一応使用は12歳までです・・)

IMG_3547_R.jpg
天気はいいけど、5月並みの風の冷たさ。
海沿いの街なので、更に冷たい。
このボヨンボヨン跳ねる布の山みたいなのが、
ナイロンで温かくて・・
母ちゃんはこの山の裾野で昼寝(笑)。

よく揺れるので熟睡はできなかったけど、
頭も体も解放~されました~。

IMG_3542_R.jpg
自分で焼いたパンを食べつつ、まったり。

IMG_3548_R.jpg
帰りに八雲の漁港に寄りました。
そこに落ちていた貝殻が、子どもたちの
思い出のお土産になったようです。

あ、母ちゃんもこの後、思いつきであるものをお土産に・・

IMG_3551_R.jpg
帰りにある農産物直売所で買った隣町の有精卵。
ガーコ、あれから卵産まないし、
有精卵かどうかも怪しいし、
せっかくデカイ機械もそこにあるんだし、
電気代かかるのも一緒だし・・
せっかくだし、どうせなんだし・・
・・とゴニョゴニョ言いながら、鶏の孵化に挑戦することに。

直売所のおばちゃんの話だと、
ここの卵を持って帰った子が、雛が孵ったと言っていたそうで。
じゃあ、確率はゼロじゃないね、きっと!

雛から育てたら、愛情も湧くだろうな~。
しばらくは卵たちとのお付き合い、続きそうです。




ヤギ山通信 その231 ガーコとダンナ

IMG_3509_R.jpg
山田農場のマスコットガールのアヒルたち・・
昨年まで4羽いたのですが、なんとテン(?イタチ?)にやられ、
ガーコ1羽になってしまいました。
ガーコはかなりの高齢で、卵もあまり産まなくなっていたので、
あとは余生を過ごしてくれればいいなあと思っていたのですが・・。

いろいろ調べたり、聞いたりして探したのだけど、
時季的なせいなのか、なかなか雛の入手先がなく・・

そうだ!いただきものの恒温器があったべ!
あれでたまご孵したらいいんだべ!

・・ん~でも、ガーコお婆ちゃんだし・・
だいたい雄いないし・・

そうだ!知り合いに雄だけ飼ってる人いたべ!
まずは一緒にしてみんべ!

というわけで、かりてきた「ダンナ」。
(写真左がダンナ、右がガーコ)

最初は噛みついたり、「あっちいけ!」状態だったガーコ。
次第に仲良くなり、いつも一緒に歩くように。
やっぱり仲間が居なくなって寂しかったのかな。
段々、心なしか元気になってきたような・・

と、思ったら!なんと!卵を産み始めたのです!
「やっぱり若いダンナを持つと違うね~~w(゚o゚)w」
・・と言ったのはダンナを貸してくれたMさん(笑)。

IMG_3505_R.jpg
有精卵かは不明です。
でも、やる価値はあり。
先日もまた1個産んだので、計3個の卵が入っています。
毎日は産まないので、とにかく見つけたら温めてみようと
思っていますが、果たしてどうなるやら。

IMG_3504_R.jpg
まあ、獣医さんのくれた立派な恒温器なので、
精密なこと。37度を確保してくれています。

どちらにしてもラストチャンス!!!
そんなにしてまで何故アヒルか・・?
飼ったことある人はわかります。
あのかわいさと、ユニークさと、頭の良さは、
なかなか右に並ぶものは居ないでしょう。

28日後までのお楽しみです。
(あ、でも、有精卵じゃなかったら10日くらいでわかるみたい(ー_ー)

ヤギ山通信 その230 6月の花

IMG_3501_R.jpg
直売所前のクレマチスが咲きました。
暑いくらいだった6月上旬から打って変わって、
台風通過後は10度くらい下がった北海道。
ここ3日ほどはストーブを焚くくらい寒いです。

そんな中、朝見たら、白い花が二輪、咲いてくれていました。
東京生まれの私にとって、6月の花は紫陽花。
ついでに誕生花。
でも、北海道で紫陽花が咲くのは早くて7月です。
今はこの白いクレマチスが、6月の花として
楽しませてくれています。
満開になると、白いブーケのようでとってもきれいなんですよ。

IMG_3502_R.jpg
かわいい(*^_^*)

IMG_3497_R.jpg
さて、先週の初夏のような晴天の元、
1番牧草半分終わりました。
我が家の牧草は、半分はほぼ手作業。
バーディーくんという、手押しの草刈り機&反転集草の機械を使って、
最期は手で集めて運ぶという、アナログでハードな作業なのです。

IMG_3498_R.jpg
この日はユウサクが、自分からやりたいと言って手伝ってくれました。
中学校の先生に「家の仕事で休みます」と伝えたら、
「今日はなあに?」って聞かれたとか。
のどかです(笑)。

IMG_3500_R.jpg
でも、この日、あまりの暑さにやられ、母ちゃん初めての熱中症?かもで
「いいから休め!」命令が下り・・

IMG_3499_R.jpg
ケイスケとユウサクが最期仕上げてくれました。
有難かったです。
熱中症、気を付けましょう。
暑い日は、朝、塩を舐めるといいらしいですよ。
(軽症で済みましたので、ご安心を~)

IMG_3487_R.jpg
暑かったり、寒かったりで、不安定な6月ですが、
植物たちはとってもいい感じで育ち、
動物たちは、常に順応して暮らしているようです。
私たちも、体得できることはまだまだ沢山ありそうです。

さて、今週末は、のまサルーテ!です。
のまサルーテ!
マルシェで山田農場も出店します!
チケット、まだあるみたいなので、ぜひぜひお問い合わせください。
私は自宅に残り、ケイスケが出店します。
お近くまでいらした際には、農場の方も遊びにいらしてくださいね。
16、17、18日は直売所やってますので!

それ以外の日にお越しのの際は、
お手数ですがご一報ください。
また晴れた日には畑ですので~。
ではでは、6月を楽しみましょう!
山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示