FC2ブログ

ヤギ山通信 その267 今シーズン初販売! 地球発酵ファミリーセット~春のときめきアワー編~

DSCN0351_R.jpg
(子ヤギ哺乳中・・乳首争奪戦・・(笑)

地球発酵ファミリーセットとは・・
私たちが勝手に地球上の家族だと思っている造り手さんたちのものと、
山田農場のチーズとのコラボセットです。

一昨年くらいから突発的にコラボを組ませてもらっていましたが、
今年は春一番にこれを!!というものを用意していました。
コロナ騒動もあり、落ち着かない日々だと思いますが、
自然と寄り添う暮らしや農業を営み、
心を通わせる仲間のものを「食べる」ことを通して、
また皆さんと繋がっていけたら嬉しいなと思っています。
ご紹介長くなると思いますが、お付き合いください。

~地球発酵ファミリーセット💛春のときめきアワー編~

★内容
①山田農場セレクトのナチュラルワイン(発砲)を1本
春はやっぱり、アワー(泡)だよね~と勝手に((笑)
食材と合わせやすいのも魅力です。

DSCN0903_R.jpg
左から・・
エツィオ・ツェルーティ/リ・フォル2017
カミロ・ドナーティ/ソーヴィニヨン・フリツァンテ2018
カミロ・ドナーティ/マルヴァズィーア・フリツァンテ2018
メンティ/ロンカイエ・スイ・リエーヴィティ2018
ラ・ビアンカ―ラ/ガルガンゴ2018
ムスー2018/ヴァンサン・リカール
ヴァン・ムスー・アトモスフェールNV/ドメーヌ・ランドロン
以上の中からお選びします。
ご希望のワインがあったらお申し出ください。(在庫無くなり次第終了)

②いつのもガロ
はい、いつもの~。でも、春物~。
ガロ(2週間熟成)/80g/個
IMG_2789_R.jpg

③おおば製パンの薪窯パン
ハード系のカンパーニュかブロンいずれかが入ります。
(いずれもハーフサイズ)

④八雲山水自然農園トマトジュース
180ml/1本
なんと、トマトジュースのために作られたトマトから。
ぐビッとのんでもよし、実はチーズフォンデュにも入れると美味しい。
八雲町で新規就農した親友の大林夫妻が、
トマトと相談して作ったジュースです。
トマトジュース

八雲山水自然農園

⑤牧場タカラのチーズ工房タカラより・・
「タカラのタカラ」 120g以上/1カット

なんだか宝物みたいな名前ですね。
喜茂別町の斎藤牧場のチーズ工房で造られたハードチーズ。
造っているのは、なるみつくん。
新得共働学舎で一緒に仕事をした仲間です。
昨年、すごく久しぶりに一緒にご飯を食べました。
同じ情熱を持った仲間だと改めて感じ、今回
貴重なチーズを分けてもらえることに。
チーズ屋がチーズのコラボも珍しいですが、
こうやってセットを組ませてもらえて本当に嬉しいです。

タカラ

チーズ工房 タカラ

★セット価格
5500円(税込み)

★受け渡しまたは発送日
4月4日(土)または5日(日)10~16時、山田農場直売所にて受け渡し。
また、発送ご希望の方はご相談ください。
(送料別途かかります。また初回の方は代引きになります。)

★ご予約
限定25セットですのでお早めにお願いします。
お申込み締め切りは3月31日まで。
ご予約・お問い合わせは山田農場まで。
(お電話・メール・FBメッセージなど)

★セットと合わせてのおすすめ

その1* 輸入のナチュラルワインに限りますが、セットと一緒にご購入された分は
5%オフとさせていただきます。
発送ご希望の方も同梱できますのでご相談ください。

その2* チーズの追加、フレッシュのご予約・同梱可能です。
ご相談ください。

以上です。
長々すみません。

何度かやり取りが必要になるかと思います。
メッセージなど、お返事にお時間かかるかもしれませんが、
できるだけ早めにお返事しますので、お待ちください。
ではでは、よろしくお願いします!
因みに、次回は未定です。
農繁期すぎた後、秋ころになるかと思います。

DSCN0910_R.jpg
共栄堂さんも入荷しました。
チーズ屋なのか、酒屋なのかわかりませんが((笑)、
私たちもお客さんも楽しい農場になったら嬉しいです。
あ、もうなってるか((笑)!!

DSCN0896_R.jpg
放牧はまだ先ですが、パドック内は自由に歩けます。
もう外に出たくて仕方ない山羊たち。
今年は放牧開始が早そうです。

DSCN0892_R.jpg
種用のカブ。越冬させてまた埋け直し、芽を出させます。

DSCN0891_R.jpg
赤かぶ。状態が良くてホッとします。
20株以上ないと、健全な種が採れません。
食べないで取っておき、昨冬に埋けるのです。

DSCN0893_R.jpg
函館在来ニンジン。
いつもは4月に入ってから行う作業ですが、
今年は雪が少なく暖かく、もう芽が動き出しちゃうので、
早めに掘り上げました。
キツイ霜が来ないといいのですが。
埋け直した後は、念のため、落ち葉をかけておきます。

20200223yamadafa_mini-6_R.jpg
さて、本業のチーズも、製造量が増えてきました。
フレッシュは受注生産ですので、前日までのご予約が必要です。
ガロはまだ少量ですが直売所の方で販売開始しました。

ご来場の際は、必ず事前にご予約をお願いしています。
少量生産ですので在庫がない場合もあります。
農民ですので、畑作業で不在のことも多いです。
「今日やってますか~?」のお電話など助かります。

地球発酵ファミリーセットと併せて、またまたよろしくお願いします!






ヤギ山通信 その266 ベビーラッシュとチーズ始まりました!・・のお知らせ

DSCN0879_R.jpg

世界中の人が今混とんとした中にいると思います。
日常があっという間に非日常になってしまう怖さを、
9年前に経験したとはいえ、今回のコロナショックはまた別の
脆弱な部分を浮き彫りにする形となって今まだ継続しています。

終わりの見えない不安、
でも誰かのせいにしたり、差別やイジメのようなことだけは絶対に
避けなくてはいけないと思っています。
みんなの問題だと思います。

さて、そんな中ですが、山羊たちはベビーラッシュを迎えています。

DSCN0858_R.jpg
はは山羊の緊張感と、生まれた子ヤギのめんこさと、
また始まるチーズ造りで、農場は一気に賑やかになってきました。

DSCN0880_R.jpg
今12頭の子ヤギたちが生まれました。
この後4月ころまでにあと3倍は生まれる予定です。
はあ~~、忙しくなるぞ~(*^_^*)!

DSCN0882_R.jpg
初乳期が終わると、子ヤギたちは人口哺乳になります。
なので一日3回、哺乳。
子どもたちのお仕事です!

DSCN0885_R.jpg
無理やり抱っこしたら、Vサイン!
(当たり前でしょ、偶蹄目なんだから・・(笑)

DSCN0884_R.jpg
臨月のお母さん山羊。
あと2週間しないで生まれるのではという予感。
大きなおなか~~。
胎児が元気だと、お腹を蹴っているのもわかるんですよ。
お腹を軽く押すと、蹴り返してくれるんです(笑)。

ははは~・・人間と同じでしょ!?

DSCN0868_R.jpg
山羊が生まれ始めると、私は味噌を仕込みます。
なんで?
何となく、いつもそうしていました。
願掛けかな~。

DSCN0869_R.jpg
今年は特に、コロナで落ち着かず、
気もそぞろで、気持ちが入りませんでした。

DSCN0867_R.jpg
でも、山羊たちの出産が始まって、
「味噌作ろう!」って思えました。
2年後食べるものを作る気持ちって、やはり心のエネルギーが
必要な気がします。
それを山羊たちからもらってたのかな、いつも。

感謝しながら味噌を作りました。

DSCN0873_R.jpg
「母ちゃん!フキノトウ出たよ!フキ味噌作りな!!」
・・と犬の散歩の帰りに見つけたフキノトウを採ってきてくれた。

自分はフキ味噌嫌いなくせに、人のために採るの大好きだよね。
これも、エネルギーになりました(笑)。

DSCN0875_R.jpg
さて、先日の「ひとり種の交換会」の様子を少し。
4~5軒の農家さんたちの自家採種のタネが集まりました。
農家さんじゃない人も、少しづつ。
みなさん、大事に種を持ち帰り、気持ちの交換もできたような
気がしました。

DSCN0876_R.jpg
種の情報も、記録シートに書いてもらっているので、
種の名前と履歴、簡単な栽培方法が分かるように
してあります。時間かけてゆっくり読んでいる人も。。

こんな時だからこそ
でも、こんなときでなくても、
命を繋ぐことと、種を継ぐことは同じということを
感じてもらえたらなと思っています。

自家採種の大切さは、人それぞれが違うように、
受け取る想いも違います。

だから、「なぜ自家採種をするのか」・・
その答えを、みんなが持ち寄って、種と一緒に交換できる場を
作りたいと思います。

種苗法の改定で、変わらずできることと、できなくなることと、
ひとくくりにダメではないということも、
私たちの知っている情報もあり、参考書籍もありますので、
それを知るだけでも種の1歩だと思います。

3月15日もやります。
「ひとり種の交換会」
種をお持ちの方も、そうじゃない方もぜひ。
詳しくは前回のブログを見てみてください。

DSCN0886_R.jpg
さあ、チーズ始まりましたよ!
まだ数が少ないので沢山はお分けできないかもしれませんが、
ぜひぜひまた農場に足を運んでください。
お待ちしております!

相変わらずの不定休営業なので、
事前に必ずお問い合わせいただいてから
ご来場されることをお願いいたします。

また、春先で道が悪路の場合もあります。
せっかく来られても、チーズの在庫がない場合も、
不在の場合もあります。

連絡先は山田農場まで。

0138-67-2133
090-6263-7896

地方発送は4月に入ってからになります。

どうぞ今シーズンもよろしくお願いいたします!

DSCN0380_R.jpg

この看板が目印!
「300メートル先 右 山の上」


ヤギ山通信 その265 地球発酵会議の中止のお知らせと、ひとり種の交換会のお知らせ

TaneTabi_Photo01S.jpg

3月15日に予定していた、「第4回 地球発酵会議 種採りってなんだ??」
ですが、やはり今は集会は無理と考え中止とさせていただきました。

少し前にFBページや個人的に中止のお知らせをさせていただきましたが、
ブログ上に明記してなかったので改めて記事を書かせていただきます。

楽しみにしてくださっていた方、既に参加申し込みを頂いていた方、
本当に申し訳ありませんでした。
私たちもすごく楽しみにしていただけに、残念でなりませんでしたが、
今は命を守ることを優先するべきと考えました。

そして、今、個人的な種の交換会だったら、
小さくできないかなと考えなおし、
小さな小さな「ひとり種の交換会」を開くことにしました。

種は、種が蒔いて欲しい時に人の手元に無いと、
畑で芽吹くことができません。

そして、こぼれ種以外には、来年に種を継ぐことができません。
人と自然と種の力があって、初めて私たちの食卓に食べるものが並ぶ。

少しでも必要な人の手に渡るのだったら、ひとりでもやってみるかなと。

DSCN0819_R.jpg
(先日の青森での種苗交換会の様子・・山田農場ブース)

うちでは、豆関係含め20種類ほど自家採種しています。

それから、農家さんからの協力をお願いしてみようかと思うのですが、
+αでもう少し集められたらいいなと考えて居ますが、
まだその辺は未定です。

日にち* 3月11日(水)、15日(日)
時間* 11:00~15:00ころ
場所* ハル小屋(森町赤井川252-853)
お問い合わせ*山田農場(090-6263-7896)

予約などは要りませんし、種をお持ちでなくても大丈夫です。
ただ、種について説明する時間を頂きたいので、
コロナなど心配な方はマスクなどして自衛してください。

それからそれから、もう一つ。
「小さな自然食品店」も開店します。
3月11日(水) 10時ころ~
3月20日(金・祝) まで。
いつも山田農場で小売りしているものを出張販売します。
同じくハル小屋で、田中はるえさんが店番しております(笑)。
上映会1_R
(ハル小屋)

山田も、11と15日は居ます。
醤油、お酢、菜種油、オリーブオイル、砂糖、塩、味噌など・・

IMG_2256_R_R.jpg

厚沢部の無農薬玄米、寺田本家の酒粕、
おやつも少々持っていきます。

外出は不安なことも多いと思います。
でも、こんな時こそ、昔ながらの作り方で作られた調味料でお料理し、
種や土や微生物たちの力で作られた作物を食べて、
少しでもおしゃべりして、笑いあったり語り合ったりできる時間を、
持ってもいいのではと思います。

もちろん、そこは個人個人の意思で動く前提です。
今は○○の会は開催できなくても、ひとりひとりの意思で動くことは
誰にも正しいか否かも決められないと思うのです。

そういうわけで、私は「ひとり種の交換会」を開きます。
もしこの日に来られなくても、山田農場に直接来てもらっても構いません。
種を送ることもできます。
種を販売しているところを紹介することもできます。

種は未来の命です。
子どもたちとおんなじ。
沢山の人が種採りをすること、種採りにチャレンジすることでもいい、
そこから見えてくる命があると思います。
未来の種を守るには人の手が必要です。

DSCN0856_R.jpg

わが家の「豆選」。
多勢に無勢。ひたすら選別の日々。
休校になっても、やることだらけで少々うんざり気味の子どもたち(笑)。

DSCN0850_R.jpg

でもね、山羊たち、生まれ始めましたよ。
生まれる命もあれば、死にゆく命もあり、
春は本能そのものに触れる季節です。

そんな春が大好きです。

DSCN0315_R.jpg

もう少しで農場は子ヤギたちでいっぱいになり、
チーズ造りも始まり、賑やかになります。
人間の世界は色々ありますが、動物たちはいたってシンプル。
そのシンプルさが心を打ちます。
子ヤギたち、見に来てくださいね。







山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示