FC2ブログ

ヤギ山通信 その270 「地球発酵ファミリーセット」とGW営業のお知らせ

先日の「山田セット」はあっという間に完売してしまい、
間に合わなかった方、すみませんでした。
「山田セット」は山田農場のチーズが基本になります。
いつものチーズに+αで、一期一会のチーズ(ヨシノ)などが
入る、限定セットになります。
ヨシノもそうですが、結構あるんです。一期一会のチーズ(笑)。
ケイスケの「楽しみ」で造るチーズが「ヨシノ」だったり、
「テラサワ」だったりします。
なので、毎回味が違います。・・と言っておくと、
味違ってもいいじゃないですかね、言い訳になるし(笑)。
・・という、造り手本位のチーズです。

さて、今回は「地球発酵ファミリーセット」のご案内です。
「なんか、山田さん、マメになったんじゃない??」って言われるかも。
はい、そうなんです。だって、コロナだし(T_T)。
いつも直売所に来るお客さんの中には遠方の方も居て、
今遠方からは来れなくなってしまっています。
だったら、もっと発送で楽しいこと考えよう!!
と、企画部長兼舎長のあゆみが思い立ち・・

なので、いつもよりマメにブログ更新、企画増量です!!
自分たちのモチベーションを維持するためでもあり、
みなさんとのつながりの中で情報を共有したいというためでもあります。

山田農場の季節のたよりとして、どうぞお付き合いください。

DSCN1032_R.jpg

今回はまた、山梨の共栄堂さんワインとのコラボ。
共栄堂の小林さんが、前職時代の四恩醸造で造っていたワインを
飲んで、ナチュラルワインにはまってしまった私たち。
今回の橙はまたガロにすごくよく合いました。


★価格 以下の①・②・③・④が付いて
4400円 です。
価格は税込みになっております。
(送料は別途かかります。初回の方は前払いか代引き、
それ以外の方は後納も選べます)

★内容
① 【 K19bAK_DD 】(共栄堂2019年・橙)
 品種:甲州種100%
色はほんのり濁った淡いライトイエロー。
レモンの香りや花の香りも。
チーズやパンにも合います。

② coneruのふきのとう味噌スコーン
春一番のふきのとう味噌をスコーンに入れたもの。
甘しょっぱくて香ばしい感じがワインにも合います。

③ 山田農場のフレッシュとガロ
いつものです(笑)。
春のチーズはやっぱりヤギだよね!
そういう春の風物詩になりたいです。

④ベリージャム
山田農場ではベリー類も栽培しています。
カシスがメインで、ラズベリーやホエイも入ります。
サラッと煮詰めすぎないようにしているので、
香りが壊れずにさわやかな風味いっぱいです。
チーズにつけてどうぞ。

★受け渡しまたは発送日
4月29日~5月3日の間、山田農場直売所にて受け渡し、
または発送となります。
(発送の場合、着日はご相談ください)

★ご予約
限定10セットですのでお早めにお願いします。
お申込み締め切りは4月29日まで。
ご予約・お問い合わせは山田農場まで。
(お電話・メール・FBメッセージなど)

★セットと合わせてのおすすめ
輸入のナチュラルワインに限りますが、セットと一緒にご購入された分は
5%オフとさせていただきます。
また調味料など各種物販類も同梱できます。
発送ご希望の方はご相談ください。

前回もお知らせしましたが、これから少しずつ物販の方も紹介していきます。
まずはお米。
DSCN1035_R.jpg

厚沢部町「清和の丘農園」さんの無農薬・有機米。
きたくりんという品種の玄米と5分付き米です。
どちらも1650円/3キロ。
量は多いも少ないもできるし、白米にもできるのでご注文の際に
お伝えください。
清和の丘農園の山本さんとは10年以上の付き合いです。
一見、物調面の山本さんですが、意外や意外、子どもと遊ばせたら、
「保父さんか・・?」っていうくらい面倒見がいいんです。
子どももなつくし。
実は最近知った・・10年付き合いあるのに。
お米、美味しいです(*^_^*)。

20200226山田農場2k-182_R

20200226山田農場2k-113_R

さて、ここからは山田農場たより。
出産は少し落ち着きましたが、これからどんどん農作業が入ってきます。
子ヤギもどんどん大きくなります。
どんどん、ぐんぐんの日々です。

20200226山田農場2k-229_R

20200226山田農場2k-227_R

ゴエモン(猫)とコウサク。
仲良し二人組。
(上の4枚の写真は水本ケントさん)

DSCN1027_R.jpg
ゴエモンとバッテリー・・?
はい、いよいよ踏み出しました。

DSCN0983_R.jpg
夢の。。というか念願の。。というか。

電気の苦手なケイスケが「わがや電力」という、
12歳からとりかかる太陽光発電の入門書というのを冬の間に
読んで勉強し、そしてコロナ騒動を受け、
「やっぱ電力も自給したい」という気持ちがどんどん強くなり・・

DSCN1029_R.jpg
なんとかかんとか取り付け中です。
この記事はまた次回に続くです。

DSCN1045_R.jpg
さて、最後にGW期間中の営業のご案内です。

山田農場の直売所は「食料品店」として営業は続けていきます。
チーズ以外にも日用不可欠品がワインも含めて沢山置いてあります。

ただ、お店は狭いので、1組様だけ入店する形を取りますので、
外でお待ちいただくこともあると思います。
またいつも企画していたナチュラルワインの有料試飲会は中止します。
ご来店の際は、できるだけ時間帯をご予約いただくことと、
マスク着用でお願いいたします。

地方発送もバンバンやっておりますので、チーズ単品でもワインや物販のもの
同梱でもお気軽にご相談ください。
物販のご案内は、前回の「山田セット」の記事をご覧ください。

まだまだホッとできない日が続きますが、暮らしのどこかで自分がホッとできる時間を
敢えて取るようにするといいかもしれないですね。

私が一日の中で一番ほっとできる時間は、山羊たちの朝晩の搾乳時間です。
手絞りでしぼりますが、私の瞑想時間です。
夜搾乳の後に夕ご飯なのですが、その時の晩酌もほっっ・・です(笑)。

ヤギ山通信 その269 山田セット始めます

DSCN0984_R.jpg
(自宅とチーズ工房、売店)

今まで経験したことのない状況が続いていますね。

そしてまだ見通しが見えず、どこか胸のつかえがとれないような日々です。
幸い、私たちの農場は人間も動物たちもみな元気で毎日を
過ごせています。

山の景色もどんどん茶色から緑が出てきて、新緑の春に向かって、
あちこちからエネルギッシュな躍動感を感じます。
DSCN0986_R.jpg
(放牧開始・・白い点々はヤギ)

農場直売所は、もともと沢山のお客さんが押し寄せるような所では
ありませんので、相変わらずの不定休ですが開けています。
DSCN0987_R.jpg


ただ、やはり外出・移動の自粛。
ここまで来られない方のためと、お客様と会えなくて寂しい私たちの
気持ちが少しでも前を向けるように、定期的にセット販売を企画する
ことにしました。

実は、山田農場は地方発送やってるんですよ(笑)。
よく直売のみと勘違いされますが(>_<)。

ナチュラルワインや自然酒、自然食品も調味料を中心に
山田セレクトで置いています。
最近では玄米や小麦粉などの扱いも始め、
いわゆる生活必需品だらけです。
IMG_2256_R_R.jpg


これは、私たちの暮らしを支えるだけではなく、近所の方や、
小さなコミュニティを支える役割も感じています。
災害時などには、ここに来ればしばらくは大丈夫・・
酒も味噌もあるし!(笑)
商店って、きっとそういう役割もあると思うのです。
さて、本題のセット販売についてです。

山田セット

分かりにくいと思いますので、ご質問はどんどんお願いします。
ちなみに、ワインリストはありませんが、エチケットでわかれば・・

ワイン種類_R
常時30~40種類ほどワインの在庫はある予定ですが、
本数が少ないものもありますので、無くなり次第終了です。
また、お好みをお聞きしてセレクトもできますのでやり取りが必要になりますが、
ご相談いただければと思います。


基本セットについてですが、限定生産の「ヨシノ」が入ります。
1か月熟成のセミハードタイプ。
なかなか作らないのでホントに限定です。
なので8セットのみとなります。
ヨシノだけの別売りはしません。

DSCN0997_R.jpg
焼いてもよく溶けて美味しいです。

調味料についてもお問い合わせください。
昔ながらの製法できちんと作られたものばかりです。
体を作る食べ物の中には、もちろん調味料も入ります。
こんなときだからこそ、ちゃんとしたものを食べて腸内細菌に
頑張ってもらわないとなりません。

山田セットの特別運賃として、80サイズまで全国一律1000円(チルドゆうパック)
で発送します。ただし、道内60サイズは800円です。

販売日も限定ですが、できれま定期的に毎月やってみたいと思います。
基本セットのチーズの内容は時々変わるかもしれませんが、
限定チーズが必ず1個入る予定です。
5月の販売はまた後日お知らせします。
お問い合わせお待ちしてます!

DSCN0989_R.jpg
越冬野菜の煮物と、カブとアズキナの味噌汁。
沢ワサビのお浸し、黒千石のご飯。

子どもたちはもりもりお手伝いにもりもりご飯。
DSCN0981_R.jpg
何やら建築の準備の様相。

DSCN0980_R.jpg
今年いくつかの建築を予定。
また後日のブログをお楽しみに!

DSCN1021_R.jpg
最後に・・また可愛いの生まれました!女の子!
か、かわいい・・。
お母さんの名前は「タラ」。

DSCN1018_R.jpg
お母さん違い、でもお母さんは双子同志。
このお母さんは「ララ」。
子どもはこんなに違う顔。
こっちはブサかわいい~~!!
男の子と女の子!
あ、ヤギじゃないですよ、これはヒツジ!
ヒツジは搾乳しないので、お母さんに子育てしてもらいます。
そのうち放牧デビューしますがその光景が楽しみ(*^_^*)!

DSCN1014_R.jpg
うちの最年長の「ジャイ子」も最後にメスの双子を産んでくれました。
彼女は山田農場を支えてくれた貢献者です。
でも今年で10歳。さすがにリタイアです。
秋まで、一緒に頑張ろう。

山田セットのお知らせのつもりが、ついつい長くなってしまう(笑)。
でもこうやって農場の記事を書いていることが今の私の心の支えの一つだし、
ブログを見てくれている方々にお届けしたい風景や命の鼓動だったりします。
どうぞこれからもお付き合いくださいね。
晴耕雨読で、雨の日投稿になるかと思いますが、
頑張って書いていきます。
ちなみに今日は雨嵐です(*^_^*)。








ヤギ山通信 その268 『学校』じゃない選択をした春

DSCN0916_R.jpg
3月、子どもたちの母校が閉校となりました。

2年前の胆振東部地震のあと、体育館の耐震や
子どもたちの安全確保などを理由に町が小中の統合を
独断で決めてしまいました。
地域やPTAの合意以前に決まってしまった経緯に
腹立たしさを感じながらも、決定後では何もなす術もなく、
受け入れるしかなかった私たち。

地域の人たちも、本当に本当に残念だったと思います。
130年の歴史に幕を閉じた軍川小学校。
全校生徒20人に満たない小さくて温かい学校でした。
子どもたちも私たちも大好きでした。

そして大沼にある小学校3校と、中学校が1校統合し、
4月から9年生の義務教育学校として生まれ変わり、
「大沼岳陽学校」という、名前も制服もシステムも新しい学校と
なりました。

コロナ騒動で、最後の卒業式、修了式、もちろん授業でさえも
ままならず、尻切れトンボのままお別れすることになったことが
すごく残念です。

そして、以前から『学校』以外の選択を考えていた私たちには、
大きな転換期になりました。

長男のユウサクは今中3。
中1の夏休み後、勉強する理由が分からなくなり、不登校。
そしてフリースクールへ。
ユウサクのことで今の義務教育に疑問を感じた私たちは、
『学校以外の選択をする』ことの意味を考え始めました。

前置きが長くなりましたが・・
家族で悩んで、考えて、いっぱい話し合って・・
この春から晴れて『脱・学校』となった我が家です(笑)!

DSCN0972_R.jpg
小3になるハルサク。
家にいるときはもちろん家の仕事・ご飯作り、おやつ作り。
なんでも頼めば「めんどくさーい」って言いながら、
結局は手伝ってくれます。
放牧に向けての電牧線張り。
このボビン、結構重いんですよ。
上の段を母ちゃんが、2段目をハルサクにお願いしました。

DSCN0977_R.jpg
こんな急な所も登りながら張っていきます。

DSCN0976_R.jpg
走っては登ったり、下ったり。
そう、ハルサクは保育園も年少でリタイア。
3年間は家に居たので何だか懐かしい感じでした。
あれ、また居るのね~みたいな(笑)。

DSCN0978_R.jpg
おやつのホットケーキも何度も挑戦して、
ふわっと焼けるようになってきました。
鶏の卵を取ってくるところから。
食い意地が凄いので、毎日焼いてくれそうです。

スーホ_R
週3回は近所の「牧場のこども園スーホ」へ行くことに。
動物と自然と、多世代のこども・おとなが入り混じって子どもたちと
居る環境を持つ場所です。
ちょっと共働学舎のようで、子どもは心地よさそうです。
改めて、ここで働くスタッフさんや友人たちに感謝の気持ちで
いっぱいになりました。
いっぱい遊んで、いっぱい色んな人たちと過ごす時間は、
どんどん色んな情緒や感性を広げて行ってくれるんじゃないかな。
牧場のこども園スーホ


DSCN0970_R.jpg
さて、次は小6になる次男、コウサク。
長男のユウサクと同じフリースクールへ。
(七飯町にあるチーフークリスチャンスクールといいます。
うちはクリスチャンではないのですが、分け隔てなく受け入れて
頂いています。キリスト教の教えの元、人間教育に
重きを置いて子どもたちを育ててくれています)

小学生から高校生まで全部で6人。
小さな小さな、本当に家庭のような学校です。
こちらも本当に共働学舎のよう。
それぞれを尊重し、年齢も様々にお互いを認め合う。
私たちの知っている『学校』とは全然違う所です。

DSCN0969_R.jpg
入学式。
『チーフーで楽しみにしていることは給食です!」
・・と、いきなり大うけの自己紹介あいさつ。
やるな~~(笑)!

DSCN0971_R.jpg
父ちゃんは山羊の出産で留守番。
家族で記念写真を撮ってもらいました。
早速、めちゃくちゃ気の合うお友達もできて、よかった~。
(※チーフーはフリースクールなので転校という手続きではなく、
地元の学校に在籍している形で通います。連携しているので、
チーフーの出席が学校の成績に反映されます。出席扱いには
なりますが、内申点は付きません。そういうものみたいです)

コロナで子どもたちも色々と大変な時代ですが、
大人ができることは、いっぱい愛してあげることだと思います。
安心して生きて行けるように、一緒に考えて話し合っていくこと
だと思います。
そのためには、一度リセットするとスッキリするかもしれません。
固定概念を外してみると、意外と子どものような素直な目線に
なるのかもしれませんね。

家を造った時のことを思い出しました。
「家を自分で建てる」なんて考えもしなかったけど、
住む家が無くてお金もなかった時に、
「家は自分でも建てられるかもしれない」と思えたあの時。
その感覚に近い。
固定概念を外した時、スッキリするものなのかもしれません。

DSCN0979_R.jpg
そんな晴れの舞台から数日後、
不注意で転んで、顔を強打。。こんな顔に・・(>_<)。
でも、これがコウサクです(笑)。
素直すぎる直球おとこです。

DSCN0911_R.jpg
さあ、山羊たちの出産はまだまだ続きます。
生もあり、死もあり。
受け取るメッセージも沢山あります。
色んなことが日々メッセージとして自然から受け取っているのかも
しれません。見えてない、聞こえてないだけなのかもしれない。

20200226山田農場2k-37_R
いきなりダイレクトにDNAにまで深く沁みこんでくるときもあります。
四季折々の景色の中に見るふとした一瞬。
写真にすると1枚に収まるような一瞬に感じるもの。
そういうことをこれからも大事に生きて行きたいな。

20200226山田農場2k-96_R
(※写真は水本ケントさん)

『学校』・・ずっと疑問に思っていたことが、
子どもたちと一緒にそこから離れてみて、
スッキリしてきています。
ただ、違う選択をしただけ。
そうすると、また新しい友達や仲間が増えるんですね。
自分で選んでいく逞しさを身に着けつつ、
子どもたちとまた新たに成長していきたいと思った春でした。

DSCN0966_R.jpg
長々すみません。
春は、ゴエモンの昼寝姿があちこちで見られます。
困るのはどいてくれないことです(笑)。





山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示