FC2ブログ

ヤギ山通信 その272 山田セット第3便のお知らせと、憧れのパン窯完成の記録

山田セット第3便

今年は天気があまり良くなくて寒いせいか、思ったより青かびくんが
生えるロットが出現し、また「ガロ・青」で山田セットが組めました。

DSCN1066_R.jpg
前回のお客様で、「あんまり生えてなかった~」とのお声を頂きましたが、
青かびがボーボーに生えるわけではなく、ほんのり生えたり、
コロニー状だったりマット状だったりなのです。

通常熟成2週間で出荷のガロを、
青かびが生えたロットだけ5週間以上熟成させるので、
風味が変わり、また別の美味しさです。

気温が上がってくると生えなくなるので、5週間前からはもうほとんど
生えなくなりました。
不思議ですね。

前回同様、上のチラシに詳細ありますのでご覧ください。
日にちがまたがっていますが、一度の出荷が難しいのでずらしての
ご案内となります。

発送の場合は、やりとりさせていただいて、ご都合の合うタイミングで
お送りさせていただきます。

今回は30セット限定!ってか、だいぶ生えたね((笑)。
よろしくお願いします。
※すでにお申し込みをされていて、やり取りされている方は
ご連絡不要です。

山田セットは60サイズの送料で80サイズの箱に入る分お送りできるのが
お得なセットです。
ワインですと3~4本同梱できますし、お米も3キロ×2個まででしたら
入ります。

というわけで、前回同様、おすすめワインや新入荷食品の紹介です。

DSCN1116_R.jpg
今回はロゼ特集!
アセロラ的な瑞々しさや、赤ワインと変わらない味わいに軽さが加わるワインも
あります。汗ばむ日にキュッと冷やして飲んでも。
ガロとも合います。

・ロゼ2018/エルヴェヴィルマード/2800円
・カルナヴァル2018/ラ・フォンチュード/2550円
・ミステイル・ド・ロゼ2017/ミッシェル・ギニエ/3200円
・アソール2017/ラーチノ/2600円
(※全て税込です)

DSCN1101_R.jpg
↑アグリシステム(十勝)さんの北海道地粉
360円/500g
うちはこれで毎日パンを焼いています。
中力粉ですが、パン、お菓子、餃子の皮など、多用途。
石臼でひいているので、粉の味が本当に美味しいのです。
契約農家さんの小麦粉のみを使用。

DSCN1109_R.jpg
↑さて、お待たせしました!
ルバーブが初収穫。ジャムができました!
セットにベリージャムは付きますが、ルバーブも追加可能です。
(左がベリージャム、右がルバーブジャム)
400円/80g

30セット限定です。
ご予約お待ちしております!

DSCN1078_R.jpg
さて、農場の日々の記録。
今回はいつも以上に盛りだくさんです。
農繁期始まりですが、何とか書けたので読んでください。
写真はカボチャとズッキーニ、キュウリの種まき。
今年はいつも以上にカボチャ率を上げる目標があり、
多めに蒔きました。

DSCN1079_R.jpg
自家採種のタネなので、何となく発芽が心配で、
いつも大量に蒔いてしまうのですが、色々あって、
いい苗を選んで、いつも丁度良かったということが多いので
やっぱり多めに蒔きます。

DSCN1118_R.jpg
ところが、今年は低温が続き、トンネルをしても温度が上がらず、
このままでは種が腐っちゃうかも・・と思っていたところ、
ハウス!!という救世主が・・!
友人のYさんが、なんとハウスをくれたのです!
今までなんか踏ん切りがつかなくてハウスは遠目で見ていただけだたのですが、
北海道ではやはりハウスの力は大きいかもしれない。。

DSCN1120_R.jpg
・・・ということが、ハウスに苗を移動してすぐに実感。
当たり前だけど、安定して温かい。
ヤマセのようなガスがかかって寒くても、
20℃以上キープ。

DSCN1119_R.jpg
カボチャもズッキーニもキュウリも、ハウスに移動して数日後に
発芽。
この発芽に失敗して蒔き直すことも今までありましたが、
そうすると著しく収量が落ちるのです。

北海道は適期が短い。
ハウスに頼れるのは本当に有難いなとつくづく感じました。

DSCN1117_R.jpg
さて、彼を紹介します。
うちの長男のユウサクと一緒に写っているのは
「カズくん」
愛農学園農業高等学校(通称:愛農)の専攻科生(4年生)です。
愛農は三重県にある、有機農業を教える高校です。
コロナの影響で1か月遅れで来ましたが、
これから10月まで研修する、わが家初の研修生です!!

昨年の8月9月に、5日ほどうちに滞在したことがあり、
来て早々、カズくんの「前から居た感」ハンパなく(笑)。

DSCN1080_R.jpg
農家の暮らしの中の事なら、なんでも経験させるということで、
朝の仕事から昼ご飯の準備、昼の作業や夕方の仕事、
そして子守も含めて?こなしてもらいます。
まあ、子守というよりは、同年代が一緒に遊んでいるという感じ(笑)。
まだまだかわいいお年頃。
食欲はかわいくありませんが・・(笑)。
それにしても、当たり前ですが若いっ。
どんだけ疲労しても、10分寝れば回復です。
あ~、若いって尊いわね~~。
彼のことは追々書いていきます。
実習日記、お楽しみに。

DSCN1086_R.jpg
さて、ここからは憧れのパン窯制作の写真です。
いつも撮り忘れるので、今回はびっちり写真に収めてみました。
土台はコーヒーの麻袋に土入りコンクリを練ったものを詰めて積んでいます。
ガッチガチになります。
この後、冬までに練りコンで上から覆います。

いつもユウサクがカンパーニュを焼いてくれているのですが、
ガスで焼いているため、夏、もう~部屋がサウナになっちゃって。。
パンのために寝苦しい夜を送るのはもう嫌だなと。
そこで、カズくん来るなら、農繁期前に作っちゃおうか!!
・・となったわけです。

DSCN1087_R.jpg
土台の上に型枠を載せて・・

DSCN1088_R.jpg
昨年売店横に建てた下屋が役にたちます。
雨の日でも大丈夫!

DSCN1089_R.jpg
型枠にコンクリを詰め、抜くと、板チョコのような台に。
ここに耐火煉瓦を積んでいきます。

DSCN1091_R.jpg
そしてアーチを組んでいきます。

DSCN1092_R.jpg
始め、不思議がっていた子どもたちも、
「すげえ~、これでパンが焼けるの~??」
と言って興味津々。
ただ、男5人って、年齢も様々だけど人数多すぎ(笑)。
なかなかみんなを使うのも疲れます。

DSCN1095_R.jpg
いつもどうやったら仕事から逃れようか考えているコウサクも、
カズくんが居ると、朝は起きてくるし、仕事にも積極的。
レンガを切る仕事をしてくれました。

DSCN1093_R.jpg
アーチ完成。

DSCN1096_R.jpg
そしてまた上を覆っていきます。

DSCN1097_R.jpg
おっと、その前に煙突。

DSCN1100_R.jpg
そして断熱効果を上げるために上からペタペタ。

DSCN1102_R.jpg
入口の蓋を付けて、何とか形になりました。

DSCN1111_R.jpg
数日置いて、とろ火で少しずつ火入れしていきます。
煉瓦屋のおじさんから教わってきたやり方。

DSCN1113_R.jpg
ふんふん、ちゃんと吸い上げてるぞ・・と。

DSCN1114_R.jpg
火だあ~~、窯だあ~~!!
かっこいいじゃーん!
本格的にこれでパンを焼ける日が楽しみです。

アーチ状に組むということ、麻袋や土嚢袋での土台作り・・
実は2年越しで計画している「第2熟成庫 アースバック方式」の
実験というか、練習も兼ねていました。

実験は成功。
今年秋から着工予定です。
というわけで、コーヒーの麻袋、お持ちの方いましたら
ぜひお譲りください。500枚ほど必要です。
パンが出来ましたら、パンとチーズでお礼します(*^_^*)。

平林さん写真③_R
(写真:平林美紀さん)
さて、本格的な農繁期到来です。
天候不順ではありますが、きっと採れるものは採れる。
自然を理解する気持ちがあれば、
たぶん見捨てられない気がしています。

毎年、生きていくための知恵を自然は授けてくれているように
思います。天候不順とは言うけど、それもきっと糧になる。

逆らわずに知恵という引き出しを増やしていくことが
農業の面白さでもあると思っています。

農場も15年目。
生きてきたな~。
そうやって続けていけることが今は嬉しいです。

ヤギ山通信 その271 「山田セット 第2便」販売のお知らせと、春の農場

山田セット第2便_R

「山田セット 第2便」 販売開始です!
前回の山田セット、あっという間に完売でしたので、
今回は少しセット数を増やしました。

それと、前回は「ヨシノ」という、一期一会のセミハードタイプでしたが、
今回は「ガロ・青」が代わりに入ります。

DSCN1066_R.jpg
「ガロ・青」・・ガロを1か月ほど熟成、青かびが付いているチーズ。
知る人ぞ知る・・昨年もほんの少しだけ「青かびが出た」時に販売しました。

この青かびは、ブルーチーズと同類の青かびですが、
うちの熟成庫で自然に生えたものです。
季節によって生えたり生えなかったり・・。
最近は春先しか生えてくれません。
きっと春が好きなんでしょうね(*^_^*)。
青かびはもちろん全部食べられます。
ワインとの相性は最高です!

第1回目の山田セットと変更点が一つあります。
送料なのですが、別途地域運賃がかかります。

ただ、80サイズにおいても60サイズと同額でお送りする形にさせて
もらおうと思っていますので、 チーズと一緒にワインや他の食品も
同梱できます。
ガロ・青以外のチーズやジャムも追加可能です。

そして、今!!すごくよかった、おすすめワインの紹介です。

DSCN1076_R.jpg
写真左から・・
ピノ・ブラン2017/ピエール・フリック 3200円
ムスー2018/ヴァンサン・リカール 2800円 
ラ・ミー2017/クリスチャン・ヴニエ 3200円
ラ・クロー・デ・カルトリー/クリスチャン・ヴニエ 2980円

1本1本、思い入れのあるワイン、自分たちを育ててくれたワイン、
チーズと素晴らしい時間をもたらしてくれるワイン。
少しづつ紹介できたらと思います。
(まだまだヴォキャブラリーが少なくて説明が下手なのですが・・(>_<)

山田セット、20セット限定です。
上記のお知らせをご覧いただき、お申込みはお電話、メール、
FAX、FBメッセンジャーなどでお願いします。
ご質問はどうぞご遠慮くなく、どんどんどうぞ!

さて、ここからは農場の春の様子です。

先日まで山桜が満開。本当にきれいでした。

DSCN1058_R.jpg
寒かったのに、温かくなったその日、あっという間に蕾がはじけ、
満開に・・・

DSCN1059_R.jpg
朝の搾乳を終えて、放牧されて出ていく山羊たち。

DSCN1062_R.jpg
一直線に登るけど、前の子がつっかえると、玉突き状態に(笑)。

DSCN1064_R.jpg
放牧草はまだまだ短いけど、新緑のパワーはすごい。
あっという間にチーズにも反映されていく。
春は、桜餅の香り、そしてほんのり香る草の味。

DSCN1055_R.jpg
そして、GW恒例のジャガイモ植え。
一日かかると思った作業が、午前中で終了。
え~、もう終わったの?っていうくらい。
それくらい、子どもたちが成長したということなのでした。

DSCN1056_R.jpg
それ以外のことも、2時間くらいだったら集中してできるようになり、
それも作業というよりちゃんと「仕事」になってます。
居なくなった時がツライ・・(笑)。
いや、、、今は考えないでおこう。。

DSCN1072_R.jpg
ヒツジ小屋の下屋の屋根うち。
上に居るのはユウサクとコウサクです。

DSCN1074_R.jpg
「おしり写さないで~~!」と、いっちょ前に恥ずかしがるコウサク。
今年小6です。
屋根の上は、もう母ちゃんは登れない、ってか登りたくない(笑)。
助かるよ~、釘打ちも上手になった。
すごいなあ~男の子って。

DSCN1057_R.jpg
山菜と越冬野菜のてんぷら。
これから新じゃがが採れるようになるまで、うちの越冬イモは
大活躍。すんごい量が埋けてありますが、まだまだ夏まで食べます。

DSCN1070_R.jpg
カブの浅漬け
越冬野菜のきんぴら
黒千石ご飯
フノリ(いただき物)の味噌汁
くらかけ豆の浸し
ここに山菜が入ったり、、、
もう少ししたら自家畑の野菜も獲れ始めます。

土の上にいるということは、微生物たちの上に立ってるということだなと、
いつも畑に居ると思います。
土は彼らの生きた証、活きてるそのもの。
自分たちはそこに生かされているだけなのだということを
いつも思います。

平林さん写真④_R
(写真:平林美紀さん)

彼らも同じ。
山羊たちもヒツジたちも、微生物たちと共に生きてる。
そう思うと仲間だなあと思います。
大事な存在です。

春は始まり。
また今年もそう新たに思いました。
どうぞ今シーズンもよろしくお願いします!




山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示