FC2ブログ

ヤギ山通信 その283 年頭に思うこと・・(義務教育の多様性って、あってもいいじゃん)

DSCN0879_R.jpg
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

2021年、始まりました。
1年の始まりの時、いつも自問自答する時間があります。

なぜ、このような暮らしをしているんだろう。
なぜ、こういうチーズ造りをしているんだろう。
なぜ、いつも人と違うと言われることをしてるんだろう。

「違う」っていうこと自体が違うんじゃないかと思うこの頃。
それでいいんじゃないかと思う。

社会的な秩序の中での「自由」は、「違う」ということじゃなくて、
「そういう選択をした」というだけじゃないだろうか。

堅い話ですみません。
でも、昨年からずっと思ってきたことを、
なんかまとめたくて、まとまらないんだろうけど、
ここにつらつら書いてみることにしました。
長いので、お時間ある時にでも。

DSCN1746_R.jpg

今回書きたかったのは教育のこと。

今、義務教育真っただ中にある、わが家の子どもたち。

ユウサクは現在中3。
中1の夏休みから不登校に。
それ以後、友人が通っていた七飯町にあるフリースクールに通っています。

コウサクは小6、ハルサクは小3、
地域の小さくて(全校生徒18人)、歴史ある学校に通っていました。
が、、一昨年に閉校が決定。
昨年からは小学校3校と中学校1校が統合し、新しい9年制の義務教育校として
生まれ変わり、地域の学校として始まりました。

子どもたちと何度も何度も話し合いを重ねて、
昨春からはユウサクと同じ、フリースクールに通う決断をしました。

ただ、フリースクールは学校法人ではないため転校ではありません。
あくまで、在籍校は地元の公立校なのです。
そういう体制の事例はほとんどないため、
公立校の先生には驚かれ、戸惑われ、どうしても理解をすることができないようです。

そうだと思います。
だって、コウサクもハルサクも、別に不登校ではなかったのですから。

DSCN1588_R.jpg
じゃあ、なんでわざわざ公共教育を受けずに?
新しい義務教育校として生まれ変わったのに?
(今までにない、新しい教育が受けられるのに?)
地元の子もみんな行ってるのに?
親のエゴでは?
子どもが可哀想では?

そうですよね。
そう思うと思います。

DSCN1591_R.jpg
じゃあ、なんでそう思うのでしょうか?
私たちもいつも自問自答しています。
考えるっていいことだと思います。

DSCN1592_R.jpg
それで選んだ答えだったら、そういう答えを出した家族が居ても
いいんじゃないかと思うのです。
相手を変えようとか(今の教育を変えようとか)、
相手を否定しようとか(先生を否定するとか)、
・・じゃなくて、ただ、こういう選択をした。
それだけでいいんじゃないかなと。

DSCN1749_R.jpg
子どもたちが3人ともフリースクールに行くようになって、
とにかく家族で話す時間が増えました。
元々、よく話すんですが(笑)、、

親が出来ることをもっとやってあげたいと思ったり、
今思っていることを、その都度話を聞きたいと思うようになりました。
これって当たり前の事なのかもしれないのですが、
私たちにはその時間が極端に少なかったように思えて・・。

その反省点に気が付けて良かったです。
仕事ばかりしてちゃだめだなと。
(仕事が趣味みたいなものなので、どんどんやること増やしちゃうんですよね)

フリースクールは、公共教育のカリキュラムと全然違います。
その分、自由な面と補助が必要な面とがあります。
親が出来ることが山の様にあります。
それはお節介とかじゃなくて、子どもと協力して、
お互いがお互いを必要として成せることのように思います。

DSCN1606_R.jpg
そこが一番、フリースクールに行ってよかったと思う所かな。

公共教育には叶わない面は山の様にあります。
でも、わが家にはそれは関係なくて、
自分たちがどうありたいか・・が大事だなと思ったこと。

・・と、ここまで書いて、
「ああ、そうか、そういう気持ちだったんだ」と、
我ながら納得(笑)。

フリースクールの正式名称は
「チーフーキリスト教学園」

わが家はクリスチャンではありません。
2002年より開校したチーフーでは、クリスチャンではない家庭の子も、
分け隔てなく「行きたい」という子は受け入れるという体制を取ってくれています。
バイブルタイムなど、聖書の勉強にも重きを置いていますが、
色々なことが学びの中にあるようです。
給食もめちゃくちゃ美味しいです(笑)。

2002年の開校時に、当時七飯町の教育委員長だった方が、
「公共教育だけが教育じゃないと思います」と言っておられたこと。
チーフーの校長先生は感動しましたと言ってたのが印象的でした。

教育の多様性って、あっていいと思います。

【チーフーキリスト教学園】
七飯町本町6-7-31
0138-64-4177

ホントに小さな小さな学校です。
隔週の土曜日に子ども食堂もやっています。
ご興味ある方はご連絡ください。

DSCN1628 - コピー_R
昨年のクリスマス会の様子。
全て英語での劇です。
感染対策をしっかりされた上での開催でした。
ユウサクが主役のザアカイ役をやりました。

DSCN1755_R.jpg
年に数回、チーフーだよりというのが発行されます。
今回の在校生の手記として、ユウサクが書きました。

さてさて、長々と書いてしまいました。
今年の冬は、本当に大寒波です。
こんなに寒い日が続いたことが今までにあったでしょうか?

ヤギたちも寒そうですが、何とか頑張ってくれています。
今のところ事故率ゼロ。
今週から少し暖かくなりそうです。
3月の出産まであと1か月半。
頑張れ~~、妊婦たち~!!

DSCN1590_R.jpg
さあ、そしてユウサクの高校受験まであと少し。
義務教育の先へ、自由に飛んでいけるように、
あと少しサポートしつつの日々です。

子育てに終わりはない・・と、
お子さんが大きくなった方によく言われます。
ホントそうですね。
だって、親であり、子ですもんね。

DSCN0787_R.jpg
「違う」ことを受け入れて、
じゃあ、自分はどう生きたいか・・
永遠の自問自答のような感じですが、
その想いを持ちつつ・・
2021年もどうぞよろしくお願いします!

※現在、ヤギたちが乾乳期のため、チーズ製造は休止しており、
在庫はゼロとなっています。
4月1日ころからの販売再開の予定ですので、
もうしばらくお待ちください。

また、ナチュラルワインや自然酒、調味料などは購入可能ですが、
雪道や、天候によってもアクセス不可の場合も考えられ、
そしてまた不在のこともありますので、
必ず事前確認の上ご来場ください。











山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示