ヤギ山通信 その60 冬休み

冬休み 2014 004
いつもよりの~んびりムードのわがや。
学校があると朝7時過ぎには優作が登校するので、朝ご飯はバタバタ。
でも・・休みはさ、やっぱり寝坊もするし、のんびり行こうだよね。

のんびりだけど、宿題は午前中の日課。ユウサクを待つ間、コウサクもハルサクも何やら書き書き・・。

ガンダム 002
夜には、父ちゃんとガンダムなんか作っちゃったりして!
いいね~、男の子って(^^)。母ちゃんは作れない。。

冬休み 2014 007
冬でも「なんか暑いなあ~」と言って脱ぎだすハルサク。
よくこの格好で踊っている。。

冬休み 2014 010
家までの坂は、ちょうどいいソリコース。

冬休み 2014 012
だよね、だよね~。
友達も一緒にそり遊び。
今は立ち乗りが楽しい子どもたち。
汗かきかき上っては滑り~。

冬休み 2014 009
母ちゃんは、今冬トライしている靴下を編みながら、色々と妄想中。
妄想と言っても、「今年の経営をどうしようか」とか、「今後の方向性」とか真面目な妄想です。

動物を飼うということ
チーズを作るということ
私たちに与えられたこの土地を最大限表現する農業とはどういうものなのか・・
子どもたちに残せるもの、残したいものが「お金」ではないとしたら、それはなんなのか・・

人にはマイナスと映る事柄を、私たちはプラスに変えていかなければならない。
そのエネルギーを常に持ち続け、ここでできる最大限のことをする。
それは無いものを探すことより、きっとずっと簡単で、あるものをうまくまとめあげるパワーと知恵が少しあれば、
見えてくるはず。だから常に発見、常に失敗??
でも感じる流れに進み続ける。

7年間、いつも同じじゃないことに、時々不安だった。
でも、その時々の流れを感じるまま、進んできた今の山田農場が私は好きだ。
ぶれないものを一つ、持ち続けていければいいのかなと思う。

冬休み 2014 002

子どもたち、またその子どもたちへ・・100年先まで繋げたい。
シンプルに、そのために今できることをしよう。

靴下にはまっちゃってる母ちゃんの冬休みは、そんな妄想で明け暮れるのでした。
今年はどんな年になるのかなあ。。





コメントの投稿

非公開コメント

山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示