ヤギ山通信 その64 山羊たちの出産

原さん料理教室と山羊出産 014
待ちに待った山羊たちの出産ラッシュが始まりました。
今年のトップバッターは「さくら」。
今年で4産目ですが、いつも育児放棄する困ったお母さんでしたが・・
何とか無事双子を産み、今のところかいがいしく面倒を見てくれています。
ホッとしたのもつかの間、翌日には1週間早く「みどり」の出産が始まりました。

原さん料理教室と山羊出産 015
陣痛の始まった「みどり」。
もう赤ちゃんの前足が見えています。
実は「みどり」も前科持ち。

昨年初産でしたが、山羊では珍しい子宮脱になってしまいました。
子宮脱とは、安産後、後産と一緒に子宮まで出てきてしまうのです。
でも慌てるなかれ、発見が早ければ、子宮をきれいにして押し戻し、前回は事なきを得ました。
ただ、一度あることは二度あるというリスクを背負い、今回のお産に挑んだのです。
というわけで、陣痛始まってからは付きっ切りで見ていました。

原さん料理教室と山羊出産 017
まだ後ろ足が完全に出切っていないわが子を舐める「みどり」。
なんていう母性愛。
何かあっても絶対助けてやるからな!・・と心に誓い、見守る母ちゃんでした。
この後、何事もなく、無事双子を産んでくれた「みどり」。
山羊は安産が多いとはいえ、やはりお産は大事業。
しかもまだ外はマイナスの世界・・生と死が隣り合わせの、でも生きる活気に満ち溢れたこの季節が私は好きです。

今、生まれ落ちた小さな命を抱き上げるとき、生きていることは当たり前じゃないんだなあと思います。
必死になって子を舐め、乳をあげようとする母たちを見るとき、私の中にもこみ上げてくる母性を感じます。
そんな春が好きだなあ。。

出産はまだしばらく続きます。
お知らせですが、山羊のチーズは早くて3月中旬ころからの販売予定です。
初めはチーズが安定しないため、予定はあくまで予定ですので、まずはお問い合わせくださいね。
「山羊のチーズできた?」って。
これ、山田農場の春の風物詩になっているセリフの一つです(笑)。
それから、牛のチーズは、2月中で現在の在庫分はゼロになりました。
次は5月の出産を待ってからの製造となりますので、こちらもその頃になりましたらお問い合わせください。
小規模少量生産、そして動物たちに合わせた製造を行っているため、どうぞご理解ください。

早く山羊のチーズが食べたいなあ。
夢に出てくる、たまに。
皆さんもお楽しみに~。

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示