ヤギ山通信 その81 まだまだ開拓は続く・・

夏の終わり 2014 021
怒涛の秋・・山からの恵みや畑からの恵みを収穫している傍ら、
まだまだ続く山田の開拓人生。

ケイスケが切り開いているのは、近所のじいちゃんの耕作放棄地。
昔は色々と作った良い畑だったらしい。
この山の斜面の上の方には炭焼きやさんも住んでいたことがあるらしい。
昔の風景を想像すると面白いけど、想像しきれないほどの労働をしながら暮らしていたんだろうなあ。

夏の終わり 2014 023
ここを起こして牧草の種を蒔き、わが家の採草地にしていきます。

秋の開拓 2014 024
トラクターで畑を起こし、種を蒔きました。
じいちゃんとばあちゃんが手伝ってくれました。
この方たちには頭が上がりません。
いつもいつもお世話になり、孫の様に子どもたちも可愛がってもらい・・
戦後苦労してここに生きたこの方たちのお話を、いつも聞いています。
生きること、暮らすことの意味と知恵とを教わり、
人情を肌でいっぱい感じます。

秋の開拓 2014 025
軽トラの右側が昨年作った採草地。
左側も同じように生えてくれれば、1ha位にはなる予定。

秋の開拓 2014 026
畑から見たわが家の山。(向かって正面)
右側が今までの放牧地。
左側は新しい山、こちらも開拓中。

秋の開拓 2014 007
さて、今度は新しい山の開拓。こちらもまだまだ続く。
木を伐採して、ユンボが歩いた道に春先に蒔いた牧草の種が何とか生えました。
でもまだまだ裸地だらけ。
そこにほふく性の牧草の種と自家採種した野芝の種を蒔いていきます。
子どもたちは休憩中。ミニトマトを食べて水分補給。

秋の開拓 2014 002
これまた手作業なのよ~。
アナログな日々・・。

秋の開拓 2014 016
放牧地にピョンピョン出ている野芝のランナー。
これも種以上に心強い。
採れるだけ採って移植していきます。

秋の開拓 2014 010
クワを持って、こんな道もなんのその!

秋の開拓 2014 005
それもこれも君たちのため、そしてチーズのため。

秋の開拓 2014 009
新しい山の上から見た放牧地、そしてガロの風景。
こんな景色が宝物だなあ。

秋の開拓 2014 013
さあ、昼だ~。
山を下りておうちへ帰ろう。

秋の開拓 2014 014
って早いよお~💦
と、3歳児にも追いつかない母ちゃん。
おかしいなあ、もとワンゲルなんだけど・・。

秋の開拓 2014 015
父ちゃんとユウサクは、のんびりのんびり帰ってくる。
どうやら何かを探しつつ・・

秋の開拓 2014 017
あ、やっぱり!
今年の初物だね。
キノコ狩り名人のケイスケは、この時期は目が泳いで落ち着かない。

開拓はまだまだ続く。
これも初代の宿命なのかなと思いつつ、
こんな楽しい宿命もないなあと、
体壊さない程度にがんばります(笑)。

秋の開拓 2014 021
そして最後に・・(長くなってすみません)
この3冊の本は一度は読んでみることをおすすめします。
私もまだ全部は読んでいません。
怒涛の秋が終わったら、じっくり読んでみようと思っています。
幸せをかみしめるとき、
心の片隅にいつもある本です。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

「死の海をゆく」は第五福竜丸の時代背景、世界の情勢、乗組員のことが書かれた本です。子どもに向けた本ですが調査と視線がとても素敵です。福島に繋がるこの歴史を抜きに日本の戦後を語れません。
「日米地位協定入門」は沖縄の前泊さんが書かれた本で、2016年までには絶対読みましょう。日本の沖縄に米軍基地があるのか?日本の空を日本の飛行機が飛ぶルートをなぜ米軍が決めるのか?在日米軍の犯罪を日本の警察が取り締まることができないのか?その答えがすべてこの本に書いてあります。
「戦後史の正体」タイトルそのままです。元外交官が日本の戦後を分かりやすく説明しています。
私たちがこれからどのように生きるのか。それは歴史を知ることから始まります。この3冊を読めば、どのように生きるのか、自分で考えることができます。必読書です。
山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示