ヤギ山通信 その83 掘る人

芋ほり、暗渠ほり  2014秋 001
今年もやっと始まったイモほり。
天気が安定せず、天気の合間と、BDカレンダーの根菜の日に、
まずは第1回目の芋ほり。
右側は雑穀少々、奥のエゴマはモリモリ(熟したら収穫します)。
そして左側の雑草だらけの所にイモが埋まっています。
うちではワセシロとマチルダとハナシベツを作っています。
掘り起こして、手でまた掘って、ひたすら掘る掘る。

芋ほり、暗渠ほり  2014秋 003
「ボクつかれた~」
ってまだ始まったばかりなんだけど・・

芋ほり、暗渠ほり  2014秋 004
2分働いて10分さぼる二人組。
なんか春のイモ植えの時にも同じことを書いたような・・

芋ほり、暗渠ほり  2014秋 005
お兄ちゃんは一生懸命働いてますけど・・
まずは第1回目は4分の1くらい収穫して終了。
焦らずいこう、なにごとも。

芋ほり、暗渠ほり  2014秋 006
「掘る人」と言えば、このヒト!
まーた掘っています。
これはもう一つの小さい放牧地。
もともと水はけの悪い河川敷の様な土地だった。
そこを暗渠を掘って、なんとか放牧地にしてきたんだけど、
真ん中をズバッと掘ってみたら、水が流れ始めた(涙)。
そりゃあ水はけ悪いわけだ。
でも、これで少しよくなるんじゃないかな。
山の放牧地の下の方にある、この小さい放牧地。
昔は田んぼだったそう。
そして、この暗渠の右側に、念願の田んぼを作る。
来年1年かけて作る。
なんで1年もかかるかというと、重機が入れない所だということ、
全て手作業だから、ゆっくりしかできないということ、
田んぼなんて初めて作るから、やりながらじゃないとわからないということ。

でもさ、またそんなことやろうとしてる、懲りずに(笑)。
井戸を掘り、熟成庫を掘り、暗渠を掘り、田んぼを作る(うまくいくかわかんないけど)。
自分で言うのもなんだけど、面白い人生になっちゃったなあ。

コメントの投稿

非公開コメント

山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示