ヤギ山通信 その96 ちっちゃな幸せ

冬休み 除雪編 2014 005
冬休みとはいえ、動物たちがいるわが家では、
なかなか遠出はできません。
もともと出不精も重なって、冬もやっぱり家でなんやなんかやっています。
子どもたちは・・

冬休み 除雪編 2014 007
最近はもっぱらバードウオッチングにはまっております!
一昨年プレゼントした双眼鏡がやっとデビュー。

冬休み 除雪編 2014 008
鳥の図鑑のコピーを片手に森を歩きます。

冬休み 除雪編 2014 009
突然叫ぶ子どもたち。
「おーい!なんでカラスしかいないのさーー!」
そんなやかましいウォッチャーがいるかいな・・・

冬休み 除雪編 2014 013
それにしてもよく働く子どもたち。
除雪は、本当に助かる。
今冬は「トラクターは動かさない」って決めてから、
ほとんど毎日除雪をしに外へ出る。
除雪か、ソリ遊びかって言う感じ(笑)。

うちのトラクターは、昭和30年代のおじいちゃん。
冬はへそを曲げてばかり。
機械は動かしてなんぼっていうけど、
そうも思えなくて、今年の冬は長期休暇をあげることにした。
とはいっても、夏にトラクターを使うことも数回あるかないか。
重機がなくてもできる農場のカタチの実現は近いかも。
農業の近代化は農業機械が急加速させた。
農業機械のおかげで、どれだけの農民が助けられたことか。
でも、個人では負えないような負債を背負わされているという話も聞く。
うちのような超零細事業にとっても、機械のおもりほど辛いものはない。
それよりは、手で出来る事は手でやり、
できるだけ機械とエネルギーに頼らない暮らしをしていきたいといつも思う。

冬休み 除雪編 2014 012
まあ、前置きは長くなったが、
要するにマンパワーに勝るものはないということです。

冬休み 除雪編 2014 014
っていうか、マンパワーありきで行けるカタチをつくればいいんだ。

冬休み 除雪編 2014 016
・・と色々と考えさせられた冬。
時間があるとアイデアもどんどん出てくる。
そして手を動かし、体を動かしてわかる事もいっぱいあるよね。
それが今のちっちゃな幸せ。

冬休み 除雪編 2014 010
雪の下や、家の中にある越冬野菜をやりくりして作る冬の食卓。
漬物や乾物ももちろん。
今日は意外と華やか(笑)。
タカキビの雑穀米、漬物、人参のサラダ、大豆のサラダ、ふかしカボチャとゆで卵のそぼろ、
わかめの味噌汁・・
卵はいただきもの、わかめは大間のもの。
茹で卵があるだけで、子どもたちのテンションはアップ!
ここにもちっちゃな幸せ。
買ったものがほとんど無いというのは、
母ちゃんのちっちゃな幸せ(笑)。

そしてエネルギーに変えて、またマンパワーで出陣だ~!

コメントの投稿

非公開コメント

山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示