ヤギ山通信 その109 7周年回想・・続編

yamada1_R_R.jpg
7周年回想シーンが、予想以上の反響だったので、
「勝手に続編」を書いてみようと思います。
上の写真は、現在9歳の長男、ユウサク。
この時1歳半、やっと歩き始めた頃でした、
暑いので、ほとんど裸、もしくはフルチンくんでした。
トイレがまだないので、もちろんいつも野○○です(笑)。

yamada2_R_R.jpg
母屋ができた翌年、家の裏にチーズ工房と売店を建てていきます。
ようやく本業の場作りです。
開拓当時に炭埋をしているため、炭の場所を外して簡易基礎を打ちました。
そして土台を作っていきます。
奥にいるおじさんは、ケイスケのお父さん。
はるばる長野から大工の手伝いに。
親子3代です。

yamada6_R_R.jpg
土台ができたら、解体して運んだパネル式冷蔵庫を組んでいきます。
これがわが家の3坪のチーズ工房。
これのおかげで、解体して組み立てるという仕事をいくつか外注受けました(笑)。

yamada7_R_R.jpg
あとは外側に「囲うための建物」を建てていき、
隣に売店も併設します。

yamada8_R_R.jpg
売店の構造は母屋と全く同じ。
でも、2軒目だけあって、手際もよく、
そこかしこに工夫ができました。
母屋の時は、とにかく建てるだけで必死でしたから。

yamada5_R_R.jpg
ちょっと素敵な二重窓を地主さんがくれました。
こうなるともう家です。
隣に住んでの建築なので、通って作った母屋建築より気持ちが楽でした。
でも屋根張りが暑くて暑くて。
しかもトタンだし、高いし・・。
ユウサクが昼寝したのを見計らって一気に張ったのを覚えています。
もうやりたくない仕事の一つです(笑)。

yamada4_R_R.jpg
ユウサクはいつもフルチンで父ちゃんの手伝い。
結局冬までかかったけど、
一つ一つの工程を覚えているなあ。
忘れられない思い出です。

写真はここまでですが、
まだまだ続きはいっぱいあります。
そしてそれは今でも続いていて・・。
大切にしたいものは変わっていない気がします。
でも、その伝え方が、この頃と少し変わったかな。
あと10年、20年したらどんな農場になっているのだろう。
そして100年後は?

相変わらずここでチーズを作っている「山田くん」がいてくれたらな
・・と思います(笑)。




コメントの投稿

非公開コメント

山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示