ヤギ山通信 その120 糧の保存と種の保存

IMG_1918_R.jpg
やっと秋晴れが続くようになったと思ったら、
もう朝晩の冷え込みは晩秋のよう。
晴れた日の朝は、放射冷却で薄氷が張る。

IMG_1917_R.jpg
山羊やヒツジたちは季節繁殖なので、
秋には発情が来て、オスと交配し、妊娠して冬を迎える。
そのため、冬にはおっぱいが出なくなり、チーズは終了。
11月末にはほとんどの山羊が妊娠し、ミルクも出なくなる。
雪が降ったら放牧も終わり。
冬は、のんびり~な妊娠期間。
厳寒の冬も、しっかり脂肪を蓄えて乗り越え、春の出産に備える。
・・というわけで、動物たちの食欲はすごい。

IMG_1920_R.jpg
子どもたちも栗ひろいに出稼ぎ?に行くけど、
山羊たちの方が断然目ざとい。
どんぐり、栗、落ち葉・・放牧草以外にもいろいろ食べる。

IMG_1909_R.jpg
秋の終わりのラズベリー狩り。
早朝の霜で、フリーズドライのようになっている実が
一番おいしい。
夏にはたっぷりジャムを作ったから、
秋の実りは子どもたちのおやつ。

IMG_1908_R.jpg
なんとも幸せな時間。
いい香りと、ゆっくり摘めるシアワセ。
夏は、オニのようにあるから、どんどん摘んでも
半日かかる。オニのように摘んでた(笑)。

IMG_1910_R.jpg
秋はゆっくり色が変わっていく。
冬を前にどこかいつも忙しないんだけど、
ゆっくり移りゆく植物たちの色に、見入ってしまう。
雪が降り始めれば、数か月間、見られなくなるからだろうな。

IMG_1915_R.jpg
ぶどうの苗たちも冬を前に登熟の準備。
(これは来春、ブドウ畑へと移植予定)
みんな次の春へと命をつなげる。

IMG_1933_R.jpg
赤・黄・緑のパプリカを七輪で網焼き。
これは恒例の野菜ペーストの下準備。
皮を焼いて剥いて、トマトソースやにんにく、玉ねぎと煮る。
ビン詰めして、夏野菜のペーストを冬に楽しむ。

IMG_1929_R.jpg
なんでもやりたいハルサクにしばしおまかせ。
隣のかまどでは、動物たちのご飯を炊いている。
屑の玄米と屑の大豆。
うちは輸入穀物をやっていない。
タンパクを補うため、地元の穀物を少しあげている。
煮てあげないと、消化できないので、
毎日かまどで煮る。

とても燃焼効率がいいので、シバでも十分。
薪は大事な燃料なので、かまどではシバを主に使う。

IMG_1935_R.jpg
今日は雨が一瞬雪に変わった。
あまりにも寒いので、家の中で豆の脱穀。
なかなかできなかったこの仕事。
みんなでやれば早いし、面白いね。
みんなでやって3日かかったけど、これで味噌が仕込めるよ。
寒仕込みなので、2月頃に仕込む。
だんだんみんなの食べる量が増えてきて、
お味噌ももう少し仕込まなきゃって思ってたから、
今年は豆が豊作で助かった・・。

少しづつしか片付いていかない畑を
恨めしく見る日もあと少し。
いつもなんだかんだ最後にはちゃんと終わるんだ。
糧を保存し、種(タネ)を保存して、
やっと安心して冬を迎えられる農場の暮らし。

毎年ちょっとづつ、賢くなってるかな、
母ちゃんも。



コメントの投稿

非公開コメント

どういうわけか、思い出したのは…

秋から冬へ、生活が変わることも忘れていたような気がします。ふと、ブログのすばらしい写真を見て思い出したのが「イン トゥ ザ ワイルド」というショーン・ペン監督の映画です。優秀な若者が親とうまく折り合いがつけられず全てをなげうって冒険の旅に出て憧れの荒野で死す、という実話を映画にしたものです。観てると辛くなるのですが、とてもよい映画です。愛妻の感想は「男の子って、バカね…」というものでしたが、わたしは何か深く考えさせられました。
生きることは、簡単ではないのに、皆、平然と生きていく不思議?生きていることすら実感できずに「時」を過ごしているようにも思います。
「生」の実感が薄れ、何事にも興味がわかない人たちがまわりに増えている、そんな感じがして恐ろしくなることがあります。
こんな時代に「権力」が悪用されたら…、ゾッとします。
山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示