ヤギ山通信 その121 大沼と大間

大間・・それは青森県下北半島の最先端の地。
大間原発・・それはその最先端に現在建設中の原発。
大間と函館・・その距離最短で約20キロ。
大間と大沼・・その距離約50キロ。

大間原発については、何度かこのブログにも載せてきました。
2011年5月。
私は大間原発訴訟の会の裁判の第2回口頭弁論で意見陳述しました。
3男のハルサクがお腹にいたときです。
裁判の前に初めて大間原発を見に行きました。
その異様なたたずまいに背中に寒気がしっぱなしでした。

そのあと2013年に現地反対集会に参加。
それ以来、2年ぶりの大間に渡ってきました。

今回はコープさっぽろの粋なイベント。
函館市長の裁判を応援する姿勢を見せてくれたコープさっぽろ。
その生協さんの企画でした。

IMG_1942_R.jpg
函館からフェリーで約1時間半。

IMG_1939_R.jpg
行きのフェリーでは勉強会を企画。

IMG_1938_R.jpg
大間原発に20年以上反対してきた野村さんを講師に。
わかりやすく紙芝居的に説明。
みんな食い入るように聞いていた。

IMG_1940_R.jpg
大間に到着。
フェリーターミナルからも見える大間原発。
わかりにくいけど、正面にクレーンと建屋の屋根が見える。

IMG_1946_R.jpg
大間原発の敷地内には未買収地がある。
それが「あさこはうす」。
炉心から約300メートルしか離れていない。
この日は、あさこハウスまでは行けなかったけど、
その異様な風景は目に焼き付いた。
民家が原発の炉心からその距離にあるなんて・・

IMG_1956_R.jpg
原発横の高電圧線。
これで本州までで電気を送る。
9電力会社が買う大間の電気。
電気は足りているのに。
そしてその付近には集落が・・。

IMG_1953_R.jpg
左側は海。これからここに防潮堤を作るそう。
でも、その高さも強度も、地震や津波に耐えられるかどうかは
誰にも分からない。

大間ツアー_R
ここは原発最前線。
なぜまた新しい原発を作るんだろう。
色々と知れば知るほど落胆と絶望と諦めのような溜息が出る・・
・・のがこれまでだけど、
自然災害の前には人間は何もできない
でも、原発は人が作るもの。
人が作るものなら止められる。
止めるのは人・・私たちひとりひとり。

野村さんの言葉が響く。

IMG_1967_R.jpg
そんな野村さんの本です。
歴史を知るのは第一歩、
そして自分の目で見て、自分の感覚で考える。
それしかないと思う。
未来の子どもたちにできること、
それを考えることは、落胆でも絶望でも諦めでもない。
清々しく前向きな、希望の第一歩だと思う。

夏休みドーナツ (3)_R
(念願の山盛りドーナツ!)
諦めないことが、今の大人の責任だね。
そう思った3度目の大間でした。

補足・・大間原発の進捗率は約37%。
まだまだ燃料も入っていません。
今ならまだ止められます。
一緒に止めましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

貧しさにつけ込む権力

下北半島を1周したのは30年前かな?八幡平で熊に会って青森に下りたらねぶたで大騒ぎ、野辺地まで行ってやっと旅館の大広間に金屏風で仕切られた一角に愛妻とお泊りしたのが懐かしい。その後、恐山から下風呂温泉から大間、佐井に足を伸ばして、船で青森に戻ったのでした。そのとき、下北の荒涼とした風景に権力はこういう場所を狙ってくるのだと怒りがこみ上げたことを思い出しました。開拓でやっと暮らせるようになったであろう生活を権力・札束で踏みにじるように見えました。冗談でも大間に原発って、出来が悪いですね。大間のマグロ…、原発マグロとでも名を変えるのでしょうか?変動帯の日本で原発を造り、放射能廃棄物を10万年も管理できる地層などありません。日本列島ができて600万年ぐらい(古くみても2000万年ぐらい)です。プレートがぶつかり、火山が噴火し、巨大地震や津波に数百年に一度は襲われるこの国のどこに原発適地があるというのでしょう。「適地」にされてきたのは、人口が希薄で、経済活動が活発でないところ(カネで言うことをきかせられるところ)でしかありません。つまり、科学的選択ではなく、政治的に選ばれているだけですね。この50年間に原発推進に使ったお金を自然エネルギーの開発(海洋エネルギーの利用など)と利用(太陽光や風力)に振り向けていれば、とっくに日本は環境先進国になっていたはずです。
つい、授業のように長くなってしまいました。福島からわたしたちが学べているのか問われることですね。
山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示