お知らせ

大間原発に関するイベントを3つ紹介します。(『しゅわそら』から抜粋)

①バイバイ大間原発函館ウォーク
6月9日(土) 報告会 10:00~(函館千歳教会)
       ウォーク  13:00~(千代台公園発)

●問い合わせ 080-5590-4117(南北海道自然エネルギープロジェクト事務局長 高橋)



②以下は6月16日・17日に大間原発で行われるイベントです。

大間原発に反対して土地を売らないで原発工事の遅らせた熊谷あさ子さんの残した土地で行われてきた「大間現地集会」とコンサートを今年も開きます。
今年は、大間町の公民館で反原発現地集会も開きます。
原子力資料情報室の澤井正子さんの講演です。

大間原発に反対している人たちがたくさんいることを「電源開発」に知らせること、
そして全国の仲間とつながって、原発のない未来を考えたいですね。
●大MAGROCK vol.15

日時:6月16日(土)12:00~18:00

場所:大間原発敷地隣接共有地


●学習会「なぜ私たちは大間原発に反対するのか」

日時:6月16日(土)19:00~20:30

場所:大間町立公民館

講師:澤井正子(原子力資料情報室)

主催:大間原発反対現地集会実行委員会(http://nonukesooma.wordpress.com/ )

チラシ:http://nonukesooma.files.wordpress.com/2012/05/20120616-stdy.pdf


③6/17 第5回大間原発反対現地集会

2011年3月11日以降、大間原発建設工事は「休止」しています。昨年の地震、津波、そして、東京電力福島第一原発事故で、これまで明らかになったことだけでも、原発は廃止すべきであり、それでも、「負の遺産」は残されたままなのです。しかし、懲りない面々は、原発にしがみついています。

大間原発の事業者である電源開発(株)は、建設工事を再開したいと言い、大間町内で個別訪問をしています。大間町長は、工事再開を国や事業者に要請しています。そして、青森県知事は、昨年末の青森県原子力安全対策検証委員会の報告を容認し、むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設の工事を再開させました。

しかし、大間町の対岸である北海道函館市では、函館市長や近隣の首長と各議会が建設工事凍結を求め、函館市民を中心とした市民団体が建設差し止めを求めて函館地裁で裁判を行なっています。また、北海道新聞社による世論調査では、93%の道民が大間原発建設工事の凍結や中止を求めています。そして、3月11日に青森市で開催された「さよなら原発さよなら核燃青森県民集会」には約1800名が参加しました。

私たちは、大間原発に原子炉設置許可が出された2008年から現地大間町で、反対集会を行なってきました。「休止」中の大間原発建設工事を再開させず、計画を断念させるために今年も開催いたします。
前日にはマグロックも予定されています。ぜひ、ご参加下さい。

第5回大間原発反対現地集会

日時:2012年6月17日(日)11:30~
  (集会後13:20から大間町内をデモ。)

場所:青森県下北半島・大間町 大間原発に反対する地主の会・所有地
   http://nonukesooma.files.wordpress.com/2012/05/tizu.jpg?w=640
  (「大間原発敷地」隣接・一坪共有地)
<注意> 本年は「あさこはうす」敷地内での開催ではありません。

主催:大間原発反対現地集会実行委員会(http://nonukesooma.wordpress.com/ )

呼びかけ:核燃料廃棄物搬入阻止実行委員会(http://hankakunen.exblog.jp/ )
     ストップ大間原発道南の会
     PEACE LAND(http://peaceland.jp/ )

協賛:大間原発訴訟の会(http://ameblo.jp/ooma/ )

連絡先:大間原発反対現地集会実行委員会事務局(事務局長中道雅史)
    青森中央郵便局私書箱17号
    TEL:080-6041-5089(阻止実携帯・中道)
    FAX:017-741-2802
    e-mail hankakunen●gmail.com →●を@に変えて送信ください


私たちはなかなか農場を空けることが難しく、イベントには参加できないことが多いのですが、気持ちはいつも参加しています。そういう人たちもきっとたくさん居ると思います。
できることから、できることをやっていこう。いつもそう思い、いつも祈っています。
子供たちに希望のある未来を残してあげたいと・・・。

チーズと畑 011_R

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示