ヤギ山通信 その130 冬休み 3兄弟編

IMG_2076_R.jpg
とうとう来ました水族館。
大沼から片道3時間。
一番近いのがこの登別の水族館。

IMG_2077_R.jpg
私も子どもの頃大好きだった。
夏休みには必ず連れて行ってもらったなあ。

うちは冬休みしか遊べないから、今年は絶対に行こうねって言ってたんだ。

IMG_2078_R.jpg
海洋生物が大好きな3兄弟。
サメやイルカもいて、もう大満足でした。
よかったね、また行こうね。

IMG_2067_R.jpg
さあ、どんどんいきますよ~!
母ちゃんと一緒に自由研究。
羊毛でスリッパを作る。

IMG_2092_R.jpg
大きいのは大人用。
小さいのが子ども用でコウサクの自由研究。
うちの2種類の羊の毛を使って。

IMG_2093_R.jpg
さすがに仕上げは母ちゃんがやったけど、
毎年作ったら、そのうち一人でできるようになる。
大事なのは、使うものを作ること。
そして「あったか~い♥」という実感。
羊毛は本当にあったかいんですよ。
しもやけも治る(笑)。

年少さんのハルサクは、まだまだ登園拒否児実行中。
「早く1年生になりたいなあ~・・」
「ハルサクは、保育園は行かないけど、学校には行くの」
・・ともはや保育園行かない宣言を断言か・・。
困ったなあ~。。
と思いながら、でも実は、こんな時を内心ちょっと楽しみに待っていたかも。
自主保育の会なんぞ、就学児、未就学児含めて考えてもいいかななんて、
妄想している母ちゃん。
まあ、母ちゃんが楽しんでいる限りは大丈夫でしょう。


IMG_2094_R.jpg
ユウサクの自由研究。
実は、結構苦労していた。
そりゃあそうだ、難しい課題だもん。
でも、自分からやりたいと言ってきたので、
わかりやすい言葉、わかりやすい表現
知っておいてほしいこと、知りたいこと
何とか伝えられたかな・・。
まだまだゆっくりにしか理解できないユウサクだからこそ、
本当のことを、的を絞って伝えていかなきゃ・・
というのが母ちゃんにとっても大変でした。

スケッチブックに書いたユウサクの今の「原発への知と想い」。
きっとまた続きを書くんだろうな。

弁当の日 本
さて、この本。
お弁当の日を全国に広めた竹下和夫先生。
竹下先生の講演会を七飯町で行いました。
主催は「七飯の食を考える会」。
メンバーは主婦7人。
私もメンバーに加えてもらい、初の講演会でした。
七飯の食を考える会

竹下先生のおはなし、取組み。
ビンビン心に響いちゃって、泣きながら聞きました。
そしてさっそく実践した色々を、次回のブログに載せます。
子どもたちが大きくなるにつれて一緒に考えること、
一緒にやること、やりたいことが増えていく。
「手がかからなくなる」、「手が離れる」ということなんか全然ない。
むしろ関わる時間が増えていく。
根っこができた子どもたちは、幹や枝葉をどんどん伸ばし、
充実させていくんだ。
グラグラしないように、一緒に根っこを作っている実感。
それを感じたことで、親の方が満たされた冬休みでした。

コメントの投稿

非公開コメント

山田農場について

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示