ヤギ山通信 その132 冬休み ケイスケ編

子どもたちの冬休み・・19日に始業式だったのですが・・

IMG_2102_R.jpg
爆弾低気圧のおかげで、どっかり雪が降り、見事に小雪の冬を巻き返し。
こんなに一気に降らなくても・・って、みんな思ってただろうな。

IMG_2103_R.jpg
早朝に学校から電話が。
「今日、始業式だったんですけど~・・臨時休校です~」
あ~、よかった。。これで子どもたちにも手伝ってもらえる。

IMG_2105_R.jpg
でも、なんか違うことに一生懸命じゃないか??

IMG_2104_R.jpg
雪山にトンネル掘って
「アクアトンネル~!」
め、めんこい・・(笑)。
雪国の子はたくましいわ。

IMG_2106_R.jpg
3時間かかって何とか除雪。
屋根から落雪したら、また除雪だわ。
昨年から、冬にトラクターを動かすのをやめたから
全て手での除雪なんです。
トラクターが骨董品のように古いので、冬に動かすのが厳しいのと、
トラクターに燃料食わせるくらいなら、自分たちで腹いっぱい食べて動こうかという結論。
いい運動です(半分強がり・・笑)!

IMG_2097_R.jpg
さて、春に向けて、チーズ工房の大改造中。
ケイスケの頑張りは半端なく、もう終盤に差し掛かっております。
「2月半ばにはヒツジが産み始めるので、それまでには・・」
この感じ・・2008年に工房をオープンした時に似ている。
あの時も、山羊の出産、牛の出産までに・・が合言葉だった。


IMG_2110_R.jpg
2か月経った試作のチーズ。
最低2か月熟成してから・・と待ち、いよいよ切ってみる。

IMG_2114_R.jpg
素晴らしい香り、甘み、すーっと後を引く旨味。
間違ってなかったと確信する。
チーズと向き合って20年。
山田農場でのチーズ造りは10年目。
10年は一区切りというより、やっと根っこができた時だと思う。
根っこがきちんと張れるのに、10年はかかると思った。
石の上にも3年というが、10年だと思うな。
そしてやっと枝葉を張り、花を咲かせ実を結ぶ。
どんな色になるかは、もう根っこが知っている。

「今、すごくいい気持ちだあ~」
ケイスケの言葉が嬉しい。
これからだね。
まだまだ、これからだ。



コメントの投稿

非公開コメント

読んでるこっちが嬉しくなる。

気候変動の影響?

ドカ雪ですね。工房改造順調そうですね。いよいよスタートラインに立つという感じでしょうか?
日本では「温暖化」と言いますが、世界的には「気候変動」と言います。極端な気象現象(異常気象)が現れるということです。チョッと気になるのは太陽活動が低下していることで、一昨年は地球に届く太陽エネルギーが15%減だったということです。極端な気象→気候変動→極端な寒冷化→氷河期突入、という恐ろしいシナリオもありえます。東京が札幌ぐらいの気候になります。函館は?平地はあまり変わらずかもですが、標高数百m以上だと氷河に覆われるかも?数百年から1000年ぐらいはかかるでしょうが、地球規模では、寒冷化、旱魃、多雨など穀物農業などに大打撃でしょう。
思いつきです。いろいろな可能性の一つです。
山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示