ヤギ山通信 その157 お客さんラッシュ!

山田農場としては珍しく、
pen
Hanako
danchu
3つの全国誌に載せてもらいました。
どれも旅特集。楽しそうです
そのおかげか連日のお客さんラッシュ。
と言っても、この山の中の農場までわざわざ足を運んでくださる方は
タイヘン貴重な方々ばかりなので、いつもより少し多くても
「お客さんラッシュ」と言ってしまうのですが(笑)。
ありがたいことです。

IMG_2469_R.jpg
さてこの方は・・近くの農家さんではなく、
仙台の酒屋の
佐藤商店さん。
(佐藤さんの報告のブログ、必見!感動です)

毎年チーズをお送りし、大事に販売してくださっている酒屋さんです。
大変忙しい中、時間を作って足を運んでくださいました。
昨年訪ねてくださった時に
「今度酒でも飲みましょう!」という約束をし、
今夏、約束を果たしに作業着持参で(笑)来てくださいました。

IMG_2437_R.jpg
この日はまだ学校があったので、3男のハルサクと一緒にべりー摘み。

IMG_2441_R.jpg
「おじさん、こうやってとるんだよ」
「おじさん、このラズベリーうまいから食ってみな」
「おじさん、面白い顔して~ひゃひゃひゃ、変な顔~!」

佐藤さんちにも3人の男の子がいるそうで、
男の子の相手はお手の物。
夕方には温泉まで連れて行ってくれました。
感謝・・。

IMG_2440_R.jpg
夜には佐藤さんのお土産ワインで、
クルトワの希少な貴重なワインをいただき、
わが家のチーズと、山羊&ヒツジのソーセージでおもてなし。
こうやって共に過ごせた時間が宝物です。
野生酵母でワインを作ること
自生乳酸菌でチーズを造ること
無農薬で米・野菜を作ること
天然酵母でパンを焼くこと
そして、それらを心を込めて売ること
どれもジャンルは違っても同じ土俵にいる仲間です。
それを見つけられた時の喜びは大きく、
自分の身を置く世界を共有できる安心感として
心が静かに教えてくれる気がします。

そんな素晴らしい時間でした。
佐藤さん、ありがとうございました。
また来年、飲みましょう!



コメントの投稿

非公開コメント

No title

ボク、一度お付き合いを始めると長くお付き合いするタイプです。水俣、徳島の鬼頭村、八丈島のくさや屋さん、富山のはぐれ雲、東京演劇アンサンブルのみなさん、それからアムネスティなどのNGO…、長いところは40年近く続いています。そのときどきで自分も違うし相手も変わるのですが、自分が「大切」と思った物差しが変わらない限り、お付き合いが続きます。保守派ではないのですが、大事なことは大事、大切なものは変わらないということでしょう。変に時流に流されて…、というのは性に合いません。
昨今のポケ騒ぎ、ファシズムの匂いがしてイヤですね。現実世界が非現実世界に浸食されているようで気持ちが悪いです。
山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示