ヤギ山通信 その159 うれしい畑

IMG_2478_R.jpg
畑に足を運ぶのが嬉しくなってきました。
天候不順で、1か月以上まともに太陽を見ていなかったけど、
本州が梅雨明けした途端、急に来た夏。
「梅雨明け10日は晴れる」
本当にそんな感じ。
急に暑くて父ちゃんはすでにバテ気味だけど、
暑さが恋しかった私は、汗をかいて畑にいることが嬉しい。
きっと野菜たちも。

IMG_2482_R.jpg
ピカピカなズッキーニ。
みんなの朝食&おやつのラズベリー。

IMG_2518_R.jpg
右側の草ボーボーの下にはジャガイモ。
収穫した部分にはこれから大根を蒔く。
(もちろん新じゃがは毎日食卓に!うまい!!)

「秋大根は、お墓参りの帰りに蒔く」(8月10日前後)
という、この辺の人たちの言うとおりにすると上手くいく。
これ、地の野菜を作る基本。

IMG_2516_R.jpg
右はソバ。
来年新しく始める畑に蒔くための種採り用。
雨が多くて少し倒れたけど、何とか採れるかな。
真中は秋人参。
左は大豆。
受粉して実がついてきたのを確認。
ホッとする・・大事なわが家の味噌を支える豆です。

IMG_2517_R.jpg
手ありのさやインゲンたち。
これから毎日採れる。
右は黒千石、これも種採り用。
来年から本格的に作ります。

IMG_2515_R.jpg
ミニトマトと加工用トマト。
「とれちゃってゴメンナサイ栽培」をトマト農家さんに教えてもらって実践。
わ~・・なんか採れそう。
今までと樹勢が全然違う。
ほとんど芽かきをしません。
左側はカボチャ。
うちはカボチャがないとヤバイ。
それくらいみんな大好き。
おなかいっぱいになるしね(笑)。

IMG_2511_R.jpg
きゅうり。
北海道の露地ではやっと今が収穫期。
でも、やっと夏だから今なんだよね。
切らないでそのままかじるのが一番おいしい。

IMG_2512_R.jpg
アスパラ。
種から育てて、増やし中。
越冬して、春に畑からちょこんと出た芽はかわいい。
「おお、よく頑張ったな」と言ってしまう(笑)。

IMG_2513_R.jpg
ニラ。
これも春先に有難い野菜。
アヒルの卵で作るニラ玉は絶品。
(うちではアヒルを飼っています)

IMG_2514_R.jpg
暑さを忘れるホッとするひと時。
それは畑の合間に見つける・・
一瞬ですぎていく夏。
土の上に居られる幸せ。
育てることから収穫の時期へ。
やっぱり畑はうれしいなあ。

IMG_2510_R.jpg
畑半分。
遊び半分・・の子どもたち。
いやあ、十分でしょ。
うちのきゅうりが美味しいのを知ってるんだから(笑)。





コメントの投稿

非公開コメント

畑もうれしい!

写真を見てるだけで、畑も喜んでいるように感じます。
空間全体が幸せに満ちている。単なる空間が愛に満たされた場所になっているように感じます。
そういう場所を破壊するもの、破壊しようとする動きを許せません。知らぬ間に虚無に覆われるだけでなく、権力が蹂躙する世界に恐怖を覚えます。
山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示