ヤギ山通信 その164 旅人AKOちゃんと子どもたち

IMG_2665_R.jpg
今年で3回目の到来でした。
AKOちゃんFBページ

3兄弟にもみくちゃにされて、まるでハーレム?
いやいやアイドル?
ほとんど子守してくれてたような・・。
2泊して、最後に少しだけお話しする時間が持てました。

今回は「憲法」のこと。
毎回毎回、その深い話に絶望的になるけど、
毎度毎度思うのが、
「やっぱり土の上で生きよう」ということ。
土の上で、土を触って生きて、
太陽と、雨と、風の力に慄いたり、感謝したり。
来年の糧を考えながら、畑に作付したり、種採りしたり。
冬を越すために糧を作ったり、薪をこさえたり。
そうやっていたら、外へ出かけている暇なんてなくなるし、
自分がなんで働いているのかなんて考えないし、
少しでも地域の人と協力して暮らそうと思うし。

真実の歴史を知り、自分たちでできることをいつも考えつつ・・
やっぱり「土の上」しかないっしょ。
その上で考える「経済」であってほしい。
「経済」ありきは、土を壊し、人を壊す。
これ以上壊れていく「経済」より、子どもたちへ手渡せる「土」を。
その土壌を、作っていかなければと思います。

IMG_2664_R.jpg
AKOちゃん、全国の人を繋げてくれてありがとう。
毎年ながら、AKOちゃんとの時間は忘れられないです。
子どもたちにとっても、きっと必要な人。
体大事にね。
また来年、会えるの楽しみにしてるよ!



コメントの投稿

非公開コメント

誠実ということ

「土の上で生きる」、大事なことを忘れてフワフワと生きているボク…、地に足がつかなくても、誠実に生きようと努力しています。自分の立場を示すまじめさが大事だと思います。そのためには自分に向き合うことが大切だと思っています。その結果としての山田農場のように見えます。
山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示