ヤギ山通信 その167 1年で一番早い時期・・収穫編

IMG_2687_R.jpg
またまた少し前の写真。
なかなかリアルタイムじゃないけど、すみません!
「秋」。夏の色も美しいけど、移りゆく秋の色もいい。
お腹がぐう~っとなる感じ。

今年の天気は、この10年で一番というくらい悪かった。
それでも、成るものは成り、実をつけてくれる。

IMG_2685_R.jpg
新じゃが、カブとボリボリ(山のキノコ)の味噌汁、
人参のサラダ、切り干し大根のハリハリ。
玄米は友人の無農薬玄米。

IMG_2693_R.jpg
今年は、花の時期にも雨が多く低温だったせいか、
大豆の収量も少ない。
来年の種分を残し、1年分の味噌を仕込んだら、
あとはちょっとお釣りがくるくらいかな。
そういう時は、昨年に採れた豆を食べる。
昨年は豊作だったから、何かのためにと多めに貯蔵しておいた。
お正月用の小豆、黒豆は大丈夫。

IMG_2697_R.jpg
そして待ちに待った初収穫!!
嬉しくて、大事に鋏を入れるケイスケ。

IMG_2701_R.jpg
今年はわずか2キロ。
でも、この笑顔。
嬉しすぎて、朝から晩までブドウの話(笑)。

IMG_2703_R.jpg
そして、み~んな、みんなのお腹の中へ~~。

IMG_2708_R.jpg
大根。
秋の根菜は、とっても上出来。
これだけあれば、漬物も、貯蔵用も心配ないわ~。
さて~、洗って干さねば!!

IMG_2709_R.jpg
芋ほり中に学校から帰ってきた子どもたち。
手伝うどころか、そのまま土遊び(笑)。
まあ、いっか。
土日に手伝っておくれ。
ジャガイモ掘りはみんなの仕事。
ジャガイモ畑は雑草がすごいので、何回か霜が来て、
上の雑草がシナシナになってから掘ります。
なので、結構寒くなってから。
掘ったらすぐに選別し、土の中に埋けます。

IMG_2688_R.jpg
なかなかブログ更新できないので、もういっちょ。
薪小屋を新しく建てることにしました。
奥の傾いている小さい小屋が10年目の薪小屋。
仮に建てたのに、結局このまま使っていました。
いい加減もうちょっと大きくしようと。

IMG_2689_R.jpg
材料はそろっていたので、早い早い。
柱は、うちのカラマツ林の材。
自分で製材したので、ごっついけど丈夫。

IMG_2704_R.jpg
高い所も全然へっちゃらなハルサク。
落っこちた傘釘を拾いに行ってくれたり、
ちょこまかと近くでお手伝い。
母ちゃんよりずっと役にたちそう。

IMG_2706_R.jpg
動物たちの世話、チーズ造り、畑・・その合間での建築。
来年は、大きな建築の予定もあります。
農民の作業は、1年かけて進めることも考えます。
シーズンの中で、どこにどうやって組み込んでいくか。
そんなことの日々です。
だから面白い。

IMG_2695_R.jpg
そして、日が暮れるのが早くなってくると、
早めに作業を切り上げることが多くなります。
やっと少し頭の中に余裕が出てくると・・
夏の間に貯めていた気持ちを形にしたくなってきます。
頭や心の中を整理し、もっと自分たちの暮らしや生き方に落とし込んでいく。
その道順を探るため、人や本との出会いを求めたりします。

今、出会った本、人。
「わたしとあなたのけんぽうブック」 水野スウ著
とってもわかりやすい言葉で、心にすとんと落ちてくる。
売店でも取り扱っています。(600円です)

長い冬に向けての畑や暮らしの整理。
そしてもうすでに始まっている来春への準備。
冬を迎える前のこの時期が、なんだか一番愛おしかったりします。



コメントの投稿

非公開コメント

「日計り」という言葉を思い出しました。

晴耕雨読という短いサイクルでなく、1年、何十年という時間の中で私たちが生きていることを改めて感じました。数週間で収穫できるy債もあれば、数十年、週百年たって役に立つ樹木もある。人間も同じだと思っています。
もう氷は張りましたか、雪は降っても積雪はまだでしょうか?山田農場のことを知ってから、函館の天気予報が気になって見ています。地理の教員だったので全国に知り合いがいます。退職したのでポツポツと尋ねて歩くのを楽しみにしています。退職金で世界一周などという大それたことは考えていません。海外は15回ほど行きましたが、サハリンとかパプアニューギニアとかのフィールドワークです。国内外ともに観光旅行をしたことがありません。観光地に行くと「観光産業」としてどうなのかというフィールドスタディになってしまいます。
山田農場について

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示