ヤギ山通信 その169 放牧終了です

IMG_1992_R.jpg
10月の終わりに雪が来たと思ったら、
その後はやはり暖かさが引っ張り・・
まだまだ放牧したいところですが、また寒くなるという予報。
どかっと雪が積もると電牧線が回収できなくなるので、
惜しみながらの放牧終了となりました。

完全に根雪になるまでは、少し広いパドックの中でのお散歩、
日光浴をして過ごします。
放牧草の代わりにあげるのが、近くで青刈りしている畑の草(雪が降るまでは)、
そして夏場に採り貯めた乾草になります。

09YZ7221_R.jpg
そして、チーズまだあります!!
ガロのチーズ 15日熟成のみなります。
山羊のシーズンもあと少し。
晩秋のチーズをお楽しみください。


IMG_2256_R.jpg
自然食品・調味料。

IMG_2255_R.jpg
ナチュラルワイン、自然酒。
これからお酒の美味しい時期です。
ぜひぜひ~。

直売所は、自宅横にあるので、在宅であれば対応できますが、
不在の場合、チーズの在庫がない場合も多いので、
必ず事前にご連絡をお願いいたします。
悪天候・悪路も考えられます。
田舎道なので、お天気・道路状況も確認した方がいいかも。
私たちには「普通の道」でも、場合によっては「こんな道~~!?」
って方もいらっしゃるかなと・・。
よろしくお願いします!

コメントの投稿

非公開コメント

秋じまい

ニュースで北海道の大雪の映像を見て、山田農場は…と心配してました。イヨイヨ、冬ごもりですか?大雪が降るというのも温暖化の影響です。海水温の上昇で水分供給が増えてからですが、新疆(シンチャン)ウイグルの大雪が不思議です。世界で最も海から隔たった地域にどういうシステムで水分がたどり着いたのでしょう。モンゴル上空の高気圧、日本の気候にも影響を与えます。大気システムが“異状”なのでしょうか。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
山田農場について

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示