ヤギ山通信 その178 美味しい自由研究

IMG_2825_R.jpg
冬休み、いつも悩む子どもたちの自由研究。
まだ低学年の子には、何をやろうかと一緒に悩む。
「そうだ!食べるものがいいんじゃない?」
・・と思いつきで「ちくわ」を作ることに。
作ったことないし、面白そう。
(うちは普段はちくわとか練り製品は買わないのです。
添加物ハンパじゃないし。魚もらえるし・・)

漁師の娘さんが友達にいて、よくもらっていたカレイ。
冷凍してあったので、これを材料にすることに。
まずはさばいて、皮と骨を取り除き・・

IMG_2828_R.jpg
切って叩いて、すりこ木ですり身状態に。

IMG_2831_R.jpg
結構力がいるのね。

IMG_2827_R.jpg
ちくわに使う串は、笹の茎を使うことに。

IMG_2837_R.jpg
青のりをちょっと入れて、塩、片栗粉(新鮮なら要らないそうです)を混ぜて、
串に巻き付けていきます。

IMG_2839_R.jpg
10匹くらいのカレイからこんなにできました。

IMG_2846_R.jpg
グリルやフライパンで焼いて、出来上がり。

IMG_2845_R.jpg
切ったら、おおっ!ちくわじゃん!
ちょっと塩が強かったけど、美味しかったあ~!
ご飯のおかず、酒のつまみとしてイケます。

このカレイ、漁師さんの網にかかってしまうという、ちょっとした困り者らしく、
それをばあちゃんが大事に干して、みんなに配ったり、自分で食べたり。
他にもタコやら何やらかかるらしく・・。
でも、それって誰かがそうやって食べなければ、捨てられちゃうかも?
昔は大漁にとれた時や、網にかかったけど売り物にならない魚などを
竹輪や蒲鉾にしていたらしい。
干したり、練って美味しく食べたり。何でも自分でやってたんだろうな。
食品のもともとの始まりを調べると、そういう暮らしの知恵によく出会う。
手間を惜しまなければ、知恵から生まれる豊かさは、
いつも手の届くところにあるんだね。
美味しい調べもの、またやってみたいな。

コメントの投稿

非公開コメント

冬の宿題。

北海道の冬休みはいつまででしょうか?長いので、冬休みの自由研究という“宿題”が出るのですね。千葉県の冬休みは12月22日から1月6日まででした。今年は、1月10日が始業式で、少し長めの休みでした。たぶん、関東では冬休みに宿題が出ることはほとんどないのではと思います。
ところかわれば、ですね。
寒中寒波で、昨日の昼頃に千葉でも一瞬、白いものがチラつきました。寒いです。と言っても今朝の最低気温は0℃です。

なるほど

やはり、手作りは美味しいでしょうね。美味しさが、見えてきます。丁寧に時間をかけて、作ったものは、いいですね。
山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示