ヤギ山通信 その187 農場直売所Open

IMG_2209_R.jpg
雪解けが昨年よりは遅く、放牧まであとちょっと・・
というこの頃。
パドックの雪が解けてきたので、山羊たちは日中お散歩に出てきます。
山の放牧地への解放まではあと少し。

チーズの方は少しづつ出来てきましたので、
農場直売所をオープンすることにしました。
といっても、今はリコッタのみとなります。
製造数に限りがありますので、必ず予約をお願いします
詳しくはチーズの紹介をご覧ください。

IMG_2957_R.jpg
子どもたちが見ているのは「ハハ」の出産。

IMG_2958_R.jpg
あれよあれよという間に生んでしまいました。
「カラス来ないように見てて~!」
と、子どもたちに頼み、母ちゃんはいったん家へ。
お母さんのために「産後ドリンク」を作ります。
胎盤排出をうながすレメディー+塩+砂糖+お湯=産後ドリンク
余裕があるときには薄めの味噌汁を飲ませます。

4月にあと5頭ほど生む予定ですが、それを過ぎたらひと段落。
あと少し。出産があるときはやっぱり緊張しているせいか、
眠りが浅く、出産後も念のため24時間は見守り隊。
母ちゃんの助産婦勤務もあと少しです。

IMG_2964_R.jpg
すすむ雪解けとともに、どんどん増えていく外仕事。
やっと冬モードが抜けて体が動くようになってきたぞ~!
チーズ造りと、出産・哺乳の合間を見ての薪仕事。
春休み中の子どもたち、今年の働きぶりはめざましい。

IMG_2960_R.jpg
軽トラ1台分の木端。
近所の材木屋さんからいただいてきたお宝。
釜戸用の木端ですが、毎日釜戸を使うわが家には、
大事な燃料なのです。

IMG_2961_R.jpg
「大きめのとか、少し長めの物とかもったいない。」
とコウサク。
親に似て貧乏性(笑)。

IMG_2962_R.jpg
なぜかいろいろ吟味。

IMG_2965_R.jpg
薪仕事が終われば、ぶどう畑の野良仕事。
今年からまた畑が増えるので、更にやることが山のよう。

子どもたちの日常に暮らしの仕事が増えてきた。
朝ご飯の準備。
春休み中に、ほとんど全部できるようになった。
うちはパン種を繋いで、毎日フライパンでパンを焼いています。
それを毎日子どもたちが焼き、
朝ごはんに間に合わせてくれるようになりました。
(中たね法です)
哺乳、えさやり、薪仕事、畑・・一緒に仕事をしていた時
「母ちゃんたちは、これを毎日してたんだよね、すごいなあ」
そう言ってもらえて、まるで褒められた子どもみたいに、
ちょっと嬉しかったなあ、私。
変だよね、逆でしょ、普通(笑)。

IMG_2260_R.jpg
そんなこんなで、春です。
今シーズンもよろしくお願いします!

なお、ご来場の際は、事前に必ずご連絡お願いいたします
農作業の都合で直売所に不在の場合が多いです。
また、チーズの在庫も不確定なので、ご予約も含め、
必ず一度ご連絡の上、ご来場くださりますよう、
お願いいたします。
詳しくは農場直売店の紹介をご覧ください。

コメントの投稿

非公開コメント

成長

子どもたちも、牧場も成長して、人生を豊かに支えてくれているようです。子どもたちの今は、今しかありません。成長するにしたがって姿を変えていき、その時その時の様子に親も成長させられていくようです。まだまだこれからが楽しみの本番ですね。
山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示