ヤギ山通信 その197 熊

IMG_3122_R.jpg
天候不順です。
北日本、どこもだそうですが、ここ道南も冷夏です。
やませの影響で晴れません。
2番牧草もみな刈れないでいます。
農作物にも影響が出ています。
久々にすごい冷夏です。

この畑は、7月に早刈りで集草。
悪天候になるギリギリ前でした。
8月は3週間ほとんど晴れず・・
やっと少し回復してきたけど、
もはや秋の気配。

IMG_3121_R.jpg
刈らせてもらっているのは近所のじいちゃんの畑。
うちの向かいの山です。
急斜面でぼこぼこなので、いつもタイヘン。
でも、なんとかこのバーディーくんで頑張っています。

IMG_3117_R.jpg
軽トラで集草。乾草庫へ運びます。
北海道でこんなことやってるの、
うちくらいじゃないかしら(笑)。

下に見えるのがじいちゃんち。
向かいの草地がうちの放牧地。
この斜面の途中に生えていたニオウ(野草)に異変が・・

IMG_3118_R.jpg
やはり・・熊の跡です。
ニオウの根っこは熊が好きなので、ガシガシ掘って
ここで食べたのでしょう。
その後サイドの藪へ入った感じでした。
この辺りは獣臭かったので、今朝方いたんじゃないかという話。

ひえ~~!と思ったけど、じいちゃんたちに言ったら
「ああ、上に住んでるからな」とあっさり。。
知ってて山菜採りに行ったりしてるし。
でも、この位置に居て、それ以上は下りてこないんだとか。

この辺りでは、牛のエサにするデントコーンを沢山栽培しています。
そのコーンは熊の大好物。
当然山から下りてきて、人間が刈り取るまで畑に出没します。
幸い、私たちの周辺の山では作っていません。
昔作っていたけど、あまりにも熊の巣になるのでやめたとか。

でも、少し離れたところでは、大規模に栽培しています。
なので、夏休み終わりころから熊の目撃情報が頻繁にあります。
これからの時期、子どもたちの登下校には、町の補助でバスが出ます。
デントコーン刈取りまでの間、車での送迎になるのです。

オオカミがいなくなり、シカや熊の天敵が居なくなったこと、
人間が山を潰し、切り開いて畑や住宅地にしてしまったこと、
・・バランスが崩れるのは当たり前ですよね。
そして熊は保護動物なので、被害がない限り駆除できない。
増えすぎた動物たちは、どうなるのか。
そりゃあ、里に下りてきますよね。

色々対策を考えているようですが、なんか矛盾しかないような気がします。
山奥のじいちゃんたちみたいに、
「熊がいるところに人間が住まわせてもらってるだけなんだからさ」
って、言いながら謙虚に暮らしたら、熊にも伝わるかな。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

私はすごく憧れを抱きこのブログを読んでいます。干し草は集めて軽トラに乗せ運ぶ、こんなことをしてるのはうちだけと言ってますが、私は何でも機械に頼らざるを得ない農家の在り方に疑問を持ちます。
山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示