ヤギ山通信 その⑭ メイが帰ってきた!

初夏の放牧とウォッシュ 002_R
右がべー子、左がメイです。
今年、メイの分娩が9月下旬の予定でした。
7月の下旬には乾乳(お産のための搾乳休止期間)になったので、町営の牧場に入牧させることにしました。
1ヶ月ちょっとの入牧ですが、今年は干ばつのためにうちの放牧地がカツカツで、少しでもメイに青草を食べさせたいのと、うちの放牧地の負担を減らすために、初めて経験する入牧を決めていたのでした。

メイなら大丈夫、初めての場所でも、周りは見知らぬ牛ばかりでもそつなくやってくれるだろうと考えていました。でも、それは勝手な人間の都合、思い込みでした。

何となく不安はありました。
うちには2頭しか牛は居ないし、居ると言ってもお母さんのべー子だけ。あとは山羊やひつじ。
そんな中で、私たちと一緒に暮らしていたメイが初めての場所に馴染むだろうか・・。
こちらの都合で入牧させたはいいが、心配で心配で・・まるで子供を社会に送り出した親の気持ちでした。

そんな不安はやっぱり当たってしまった・・。
時々ケイスケが様子を見に行ったけど、不安そうに近づいてきて、ぴったりくっついて離れなかったそう。
食えてない感じではなかったけど、心なしかやつれてた・・と聞いて、居ても立っても居られなくて下牧させた。

帰ってきたメイ・・でも様子がおかしい。
全然ガツガツ食わないし(前ならいじきたないくらいガツガツしていたのに)、活気がないし・・。
獣医に診てもらったけど、特におかしいところはないそうだ。
でも、微熱がある感じで、これ以上上がったら、肺炎になる可能性もあると言われ、祈る気持ちでメイをなでた。

ごめんね、メイ。
帰りたかったんだね。
帰ってきてホッとして熱が出たんだね。
もう安心して、どこにもやらないから。

そんなメイ。
1週間ほどかけてどんどんよくなり、今はトウキビがらをガツガツ、草もボリボリむさぼり食い、元通りになった。
おなかも臨月なのもあってポンポコりん。
あー、よかった。これで安心してお産にのぞめるね。

帰ってきて熱を出すなんて、まるで子供のようなメイ。
そして、言葉をかけていっぱいなでてやって、そして元気になっていったメイ。
言霊(ことだま)のことを言っていた方がいたけど、本当にあるんだと思った。
メイとお腹の赤ちゃんのために祈った1週間。
メイからいろんなことを学んだ1ヶ月でした。
画像 065_R

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示