ヤギ山通信 その⑳ 愛農かまどのこと

以前に通信にも書きましたが、最近釜戸の記事を見たとの問い合わせが多いので、少し説明させて下さい。
これは、愛農かまどです。愛農かまどは少ない薪でむらなくおいしくご飯が炊けるように設計されたかまどです。戦後から昭和30年代にかけて日本の農村に普及されていたそうです。
その技術を受け継ぎ、現代に息を吹き込んだ方がいて、愛農かまどが復活しました。

2012.3.21 003_R
これはうちの愛農かまど。
石鹸で使う牛脂を煮ているところ。

2012.3.入学式優作 015_R
真ん中がオーブン。
パンが焼けたところです。
天然酵母なので、外側はガリっと、なかはモチッと。

熟成庫 024_R
そして、この方が釜戸制作者。
ケイスケの父。(通称:ひげじい)
設計図と写真だけで作ってしまった。しかもたったの2週間で。(そんな人は居ないそうです・・)
いつもひげじいには頭が下がります。
すごい人、そして、わがやの師匠。

これは、ひげじいの打った手打ちうどんを茹でているところ。
暑かった夏。冷たくてシコシコしたうどんの美味しかったこと!
まだご飯は炊いていませんが、もう少し子供たちが大きくなったらかまどで炊いてみようと思っています。
かまどに火を入れ、パチパチと薪が燃えるを見ていると、豊かな気持ちになります。
薪と言ってもシバのような細い枝で十分お湯も沸くし、ご飯も炊けるので、ちょっと枝払いした小枝や、山に落ちている木っ端を拾い集めてくれば立派な燃料になります。
え?大変って?
それが楽しいんじゃあーりませんかー!
体を動かして、糧を得て、忙しいけど気持ちはゆったりです。
かまどを復活させた方も、「楽に生きること」が基本だと言っています。
「楽」は楽しいです。
そんな事を教えてくれるかまどに、ひげじいに感謝です。

コメントの投稿

非公開コメント

あこがれ!!

コチラは四国徳島にて、自給自足目指し、なるべくエネルギーを使わない生活を心がけております。私たちにも息子が2人おり、のらりくらりとパフォーマンスを収入源に暮らしています。
愛農かまどをキーワードにブログを拝見しました。とっても面白く、感動して読みました。愛農かまどの設計図とは、どこかで手に入るのでしょうか?
ご存知でしたら教えて下さい。
ウチのヤギは脱走ばかりです。ミルクにチーズはまだまだ憧れの先です。

No title

こんにちは、いつもお世話になっています。
山田農場にある「アイノウかまど」が、ずっと気になっていました。
一昨日、ホーマック石川店で、羽釜が80%引きでワゴンセールに
なっていてつい買ってしまいました。
そんなに大きな釜、私には無いけどね(^_^;)
愛農かまどって、こういう字なんだね。
検索していたら、ヤギ山通信が出てきました(笑)
次は、かまどを作ってみたいので、その時は
よろしくお願いします★
山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示