ヤギ山通信 その21 秋の山田農場

2012秋 023_R
久しぶりの更新ですみません。
やっと朝晩の冷え込みが始まり、紅葉もすすんできました。
こうなると、もう少しで放牧も終わりです。
山羊たちは、落ち葉や栗を拾って食べたり、お散歩程度に山を歩き、昼寝をしたりしています。
秋から冬は、畜舎でのエサが中心になりますが、今は主にこれ。2012秋 016_R
かぼちゃ。
ジャイアント・・とかいう、昔で言えば土手カボチャ。
でも、かぼちゃとて馬鹿にできません。
2012秋 020_R
食べる、食べる、食べる・・。
切って、種を取って(種とワタは豚のご飯)あげるのですが、牛がこの世で一番好きなのは、かぼちゃ・・?
って言うくらいカボチャが好きなようです。うちでは、動物たちには輸入穀物をあげていないので、秋にいただくカボチャやトウモロコシのガラは、貴重な食料となります。
特に山羊は、秋に発情が来て、種付け・妊娠するので、かぼちゃや栗、豆など、栄養価の高そうな・・でもこの辺で採れたものをあげます。それ以外は夏に採っておいた乾牧草です。
ちなみに、この大量のカボチャは、近所の農家さんたちがカボチャコンテスト用、又はハロウィン用に作った残り物で、堆肥場に行く予定だった物。それ以外にも出荷できないハネカボチャやジャガイモ、人参、大根、とうもろこしなどをいただき、山羊たちにあげました。

秋・・収穫の秋、豊かな秋。
冬に備えるための時間。
自然も動物たちも・・。

コメントの投稿

非公開コメント

山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示