ヤギ山通信 その34 山羊のチーズ始まりました

3月からの山羊たちの出産ラッシュはひと段落し、仕込み始めていたヤギのチーズがようやく食べられるようになりました。今年も色々なお産のエピソードがありました。
産むこと、生まれること、生きること、育てること・・
この季節は生きることを体全体で感じる季節です。

生きたい、生かしたい、生きてくれてありがとう、生かされてもらってありがとう・・。
愛おしく、切なく、励まされ、癒され、そして躍動し、成長する春・・。

そんな農場のストーリーに少し心を寄せながら、チーズを食べていただけると嬉しいです。
お待ちしております。

さて、農場の仕事もハードワークが続いております。
今は薪切り、薪割り。今年の冬を越すための薪を作っています。
私たちの冬の暮らしを守る、大事な大事な仕事です。
まき作り、ラモーナ 005_R
父ちゃんが切った薪を軽トラに積む子供たち。
バカに出来ない、かなりの戦力です(嬉!)

まき作り、ラモーナ 007_R
兄ちゃん、がんばれ~!

母ちゃんも薪割りを手伝います。
長男の妊娠中から始めた薪割り。
今では好きな仕事の一つです。
でも、あんまり体に無理をかけないよう(歳を考えて?)、大きい木は2,3回トライして割れなかったら、父ちゃんへ。「やっぱ父ちゃんだよね~!」と言いながら。

こうやって毎日「生きるための仕事(暮らすための仕事)」をしていると、必要なものはそんなに多くないことに気がつきます。冬を越すための薪と、食べ物があれば十分暮らせるのです。
それを作るために毎日あくせくと働く。
シンプルです。

まき作り、ラモーナ 001_R
今日の本は、「よろしくともだち 内田麟太郎作 降矢なな絵」
ゲラゲラ笑いながら読むユウサク。
こっちまでつられて笑う。
本もおかしいけど、ユウサクもおかしいよ。

まき作り、ラモーナ 003_R
とりあえず服は着たけど、ふるちんで寝てしまったハルサク。
春休み、どこも連れていってあげてないなあ・・。
少し反省、そしてすぐ計画。
よし、今度の土曜日に遠足に行こう!(近場だけど)
やったーー!!
がぜんやる気になる。
大人にも子どもにも、たまにはアメガ必要です。(どこに行こうかな~)


コメントの投稿

非公開コメント

山田農場について

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示