震災とがれきの受け入れを考える学習会in大沼&北斗市

震災がれきってなんだろう・・本当に安全なの?
がれき受け入れが本当に被災地のためになるの?

森町ががれき受け入れを断念したとニュースでありましたね。
賛成反対はともかく、知らないでいること、知らないうちに受け入れていることが問題だと思います。
また、受け入れによる風評被害は農業・観光にも大きな影響を与えます。
まずは斉藤さんのお話を聞いて、みんなで考えましょう。

震災とがれきの受け入れを考える学習会
講師:斉藤武一さん
5月24日(木) 
〔第一部〕 時間 13:30~15:30
      会場 大沼多目的会館(ポロトポント)
      資料代 500円
      お問い合わせ 大沼・こども未来舎(代表:山田 0138-67-2133)

〔第二部〕 時間 18:30~20:30
       会場 北斗市かなで~る・和室
       資料代 500円
       お問い合わせ 北斗市の未来を考える会(代表 0138-75-3638)

*講師:斉藤武一さん
    岩内原発問題研究所代表
    1953年 岩内町生まれ、元保育士、現在学習塾経営
    泊原発の温排水が海に与える影響を調べるために、岩内港での海水温の測定に30年以上取り組む。
    海水温と気温の変化を市民論文として発表。また、原発の問題点やエネルギーの未来を「紙芝居」を
    使い、わかりやすく語る活動を続けている。

コメントの投稿

非公開コメント

山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示