ヤギ山通信 その48 芋ほり&畑ランチ

芋ほり
もう一枚の畑の芋ほりをしました。
こっちの畑は、原野だったところを開拓し、ようやくいい畑になった所です。
土はフカフカ、色んな虫が居ます。
芋ほりする前は、当然ながら草ぼーぼーー!
草取りから始め、芋を掘り出したのはお昼前。
働くユウサク。

DSCN1377.jpg

DSCN1378.jpg
働くコウサク。

芋ほりランチ001
働く🍡三兄弟!

芋ほりランチ002
みてみて~。

DSCN1379.jpg
この日は、野村さんと工藤さんがお弁当を作ってきてくれました。
その豪華なこと!!!
卵焼きは、あっという間になくなり、子どもたちの大好きな「白いご飯」のおにぎりも大変美味しく、
(うちは普段玄米なので、たまの白いご飯はごちそうなんです)
工藤さんの実家で獲れた「ケマメ」(枝豆)も止まらない美味しさ。
食後には工藤さんお手製のクッキーが・・。

「喜んでくれるかな・・」
「そういえば、子どもたち卵焼き好きだったよな・・」
そんな風に、子どもたちの喜ぶ顔を思い浮かべながら作ってくれたお弁当。
美味しくて、温かくて、心と体に吸い込まれていきました。

午後も芋ほりを手伝ってくれたお二方。
ありがとう、美味しかった、楽しかった~。
たまにはこうやってイベントにするのもいいなあ・・
でも一番嬉しいのは、仕事がはかどる事よりも、お昼ごはん作ってもらう事の方が嬉しかったりして。
・・ずぼら母ちゃんのホンネ・・

芋ほりで癒されたあ~(笑)。

翌日までかかったけど、無事一冬分のジャガイモを蓄える事が出来ました。
一部、福島へも贈りました。
ありがとうございました。

芋ほり001
めでたし、めでたし♥

コメントの投稿

非公開コメント

山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示