ヤギ山通信 その52 秋の底力(そこぢから)

子ども部屋窓枠まで 008
秋が戻ってきた。
ホッとしている暇はない。
次の雪が来る前に、片づけなくちゃいけなことが色々とあって、母ちゃんの頭と体はフル回転。
今日は電牧線の回収だ。
いつもは父ちゃんとやるんだけど、子ども部屋建築で動けない。
仕方なく母ちゃん一人で約3haの放牧地を歩き、ひたすら回収。
平地じゃないからタイヘン・・。
ユウサクとコウサクにハルサクを見ていてもらって、まずは山側の放牧地から。

子ども部屋窓枠まで 010
子どもたちは楽しそう。
兄弟っていいなっていつも思う。
ヒマしないもんね。

子ども部屋窓枠まで 011
左側のカラマツ林(笹が生えている方)はよその土地。
右側の笹が立枯れているのがうちの放牧地。
びっしり笹で覆われていたのが、7年経って、こんなに綺麗になりました。
旭川の斎藤牧場の斎藤晶さんは、牛を放せば10年で変わると言っていました。
私たちはほとんど何もしていません。
斎藤さんの言う通り、本当に動物たちと自然が変えてくれたのです。


子ども部屋窓枠まで 012
立枯れた笹は、雪や雨風により、倒れ、動物たちに踏まれ、ポロポロになって土へ還る。
もともと自生していた牧草や野草、野芝が広がっていく。
枯れ木や石もそのままに・・。
いずれ土になり、そして草になり、木になり、乳になるから。

子ども部屋窓枠まで 001
これは下の放牧地。
今年はこの秘密兵器で少し楽した。
・・といっても、ただの巻取りハンドルとボビン。
今までは手で巻いていて、手が痛くて痛くて。
早く買えばよかった・・(泣)。

子ども部屋窓枠まで 004
さて、雪に追われて作業するはこちらも同じ。
やっと窓枠まで・・。
外壁が出来れば、雪も雨も関係なく作業できる。
「オレは窓入るまで風呂に入らない!」
と訳のわからない宣言をした父ちゃん。
それほど気合入っているということらしい。

子ども部屋窓枠まで 005
外断熱を行った内壁。
コンパネなので、後で子どもたちとペンキを塗る予定。

子ども部屋窓枠まで 006
東側の窓付近。
床もまだ入っていません。

子ども部屋窓枠まで 013
そしてついに、東側と南側に窓が入りました!
知り合いから頂いた、フィンランド製のかわいい窓。
まるでトムソーヤの秘密の小屋みたい。
あー、お疲れさま~ケイスケ(まだ終わってないけど)。
これで風呂に入れるねえ。
ちょっと感慨深いひと時でした。


コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No title

家、完成に近づいてるね。窓から木や森、空を見て大きくなりたかったな・・。
雄作、耕作、ハルちゃんがうらやましい。
いつか部屋に遊びにいっていい?
卵焼き、持って行くから。
チョコ
山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示