ヤギ山通信 その213 「まほろば」宮下さん講演会

社長七飯町講演_R


山田農場の直売所でも販売している調味料は、
札幌の自然食品店「まほろば」さんから仕入れています。
そのまほろばさんの社長である宮下さんのお話しを聞く会を
企画することになりました。

主催の「七飯の食を考える会」は、主婦9人の小さな会で、
私もメンバーに入っています。
わが子の通う、軍川小学校(全校18名)とのコラボの食育を行ったり、
「食」関係の講師を呼んで料理教室や学習会、
講演会を企画したりしています。
今回は、私の一押しで(笑)、宮下さんを呼ぶことに。

「食育」という言葉が、どこか独り歩きして、
なんでも「食育」になってしまっているなあと思うこの頃。
その今の「食育」と、私の思う「食育」をぶつけつつ、
ぶつかりつつ、今の食の現状も掘り下げて見据えつつ、
迷いながら活動しているというのが本当のところです。

時代の背景を見据え、「まほろば」という理想郷を創りつつ、
60歳を過ぎてから新規就農した宮下さんのお話・・
同じところを見ているような気がして、
その視点の向くままをお聞きしてみたいなと。

みなさまもぜひ。

自然食品店まほろばHP

ヤギ山通信 その212 12月の感謝祭

IMG_3238_R.jpg
12月、恒例の感謝祭をやりました。
毎年初冬に、お世話になった年寄りヤギやヒツジを
お肉にして、家族全員で解体・加工する日です。

3年前からレギュラー入りした藤吉一家と、みんなで行いました。
今年は8歳のヤギ「みどり」と、
それから、知り合いの人と物々交換したヒツジの枝肉。
例年より少ないのですが、今年はまだまだ他の子が現役だったので
「食べない」ことに。

「食べる」かどうかの決断は、秋にします。
老齢で、来年の出産に耐えられるかどうかが判断基準です。
よく、山羊たちの寿命を聞かれるのですが、
こちらが決める・・のが普通です。
うちは、「元気でお肉になる状態」をよくよく見極めて決めます。
あまり無理して老齢の子に種付けしても、
ちゃんとお腹の中で育てないとか、出産後弱って死んでしまうとかで、
逆に可哀そうなことになってしまうし、
お互い、「幸せな状態で食べてあげられるとき」・・それが
寿命だと思っています。

IMG_3241_R.jpg
老齢の子は固いので、どんどんミンチにして、
冷凍したり、ビン詰め肉にして保存します。
以前はソーセージを作っていたのですが、購入する腸がどこの羊のものか
わからないということでやめました。
(塩漬で販売されています。結構高い!)
自分でヤギや羊の腸をキレイにして使うこともできるのですが、
すごーく手間らしく、それよりはソーセージ以外でもいいじゃない!
ということで、ビン詰め肉メインで保存。

IMG_2774_R.jpg
昨年、トマトソースと一緒にビン詰めしたものは、
1年経っても食べられています。
(1Lビン×40本もできました。)

IMG_3240_R.jpg
ちなみに、農場で生まれたオスは、どうするのか?
うちでお肉では食べません。
食べたくないのではなくて、養うのが大変なため、
後継で残すメス以外は、オスもメスも離乳後に
本州の方へ販売し、引き取りに来てもらっています。

というわけで、わが家で食べるのは、ほとんどがお世話になった
老齢の子ばかりです。
ここで生まれて、大事に育てて、そして最後はいただきます。
「いただきます!」って素晴らしい言葉ですよね。
動物も、野菜も、なんでも、いただくものは、やっぱり
「いただきます!」です。

「みどり」というヤギは、何度も死に掛けた子で、
3回くらい、ギリギリの所から帰ってきた子でした。
最期は、元気なおばあちゃんという感じで、
なんとも逞しい山羊だったなあ。。

そんなストーリーも噛みしめながら、山の神様と、
「ここ」の神様に手を合わせ、お神酒をし、
「みどり」を見送って・・
そんな感謝祭です。

ヤギ山通信 その211 心躍る書

IMG_3231_R.jpg
真冬並みの寒気の往来、冬日・真冬日の応酬・・
12月に入ってから雪かきばかりしている気がします。
家まで続くこの坂道を、みんなで除雪するのですが、
今年はなんだかハルサクがやる気満々。
新しく買ったママさんダンプでどんどん、ドカドカ!
助かります、マジで。

さてさて、冬のお楽しみが少しづつ始まっています。
夏場はほとんど本が読めないのですが、
やっと本が読める時期になってきました。
読みたかった本が溜まっていて、まずはどこから・・

IMG_3234_R.jpg
まさに心躍る書。
日本や海外のナチュラルワイン生産者との出会いは、
今の私たちの道を開いてくれたと思っています。
色んなヒントがたくさん詰まっている本。
こういう本は時間かかっても何度も読み返すことが、
財産になります。

IMG_3233_R.jpg
アーサー・ビナードさん、さすがです。
冒頭に、日本語で「戦後」という言葉があることに
奇妙な印象を受けた・・とあった。
読み進むほどに、一人の人の一つの物語では
済まない事実が見えてくる。

子どもの本の作家たち19人・・
長新太さんから始まり・・著名な方々の体験とイラスト。
小学校中学年以上向けです。

「戦争」や「平和」の本当の意味は、
戦争を体験した方や真実の歴史に
耳を傾け、自分で読み取るしかないと思っています。
そしてそれを暮らしや家庭に落とし込むこと。
子どもたちや家族や仲間と考えること。
その絆を通して繋げていくこと。

映画も、本も、心を助けてくれる気がします。
冬は、山田家の補修(補習?)時間です。






ヤギ山通信 その210 暖かい雪

IMG_2757_R.jpg
降った、降った~。
11月下旬に早めのドカ雪が降ったと思ったら、
ジャンジャン雨が降り・・
そして少し解けたと思ったら、もう完全に
根雪でしょうというレベルの降雪。
文句なく根雪でしょう。

でも、雪なしの真冬日より、ガッツ雪の真冬日の方が暖かく感じます。
そして、こうなるともう、山全体が遊び場です。

IMG_3224_R.jpg
雪って不思議ですよね。
どこ転がってもいいし、丸めたり、好きな形にできるし、
ソリやスキーして転んでも楽しいし。

IMG_2759_R.jpg
この楽しさは、雪国の子ならでは。
除雪はタイヘンだけど、除雪だってよく考えれば、
右から左に「水」を移しているようなもんですよね。
そう考えるとなんだか可笑しい・・
それで体使って、お腹すいて、お酒も美味しく飲めて。
なんだか雪に感謝しないといけないような気持ちになりますね。

植物たちにとっても、雪はとっても大事なお布団。
覆い尽くしてくれることで、冬が越せるのです。

まだもう少しチーズの在庫はありますが、
田舎の冬道は意外な所ではまったりします。
天候も、街中より荒れている場合もあります。
農場訪問の際は、必ず事前にご連絡くださいね!


ヤギ山通信 その209 カンタ!ティモール

カンタ!ティモール
「カンタ!ティモール」
素晴らしい映画でした。
公開が2012年なので、少し時間が経ってしまいましたが、
もっと早く観ていればよかったと思う気持ちと、
今観れてよかったという気持ち。
でも、いつ観ても、普遍的なものを感じる映画でした。

実は、うちの地主さんの実家である、近所の古民家を借りて、
この映画を上映するという会を企画していました。
農繁期が終わる11月、少し余裕ができたときに必ずやりたいと、
2月頃から考えていて、やっと実現することができました。
今週末、身近な人たち20人くらいで観る予定です。

そのための試写をした後、感動の余韻がすごくて、
勢いで追加上映を思いつき、勢いで企画。
私、ネズミ年なんですけど、猪もはいっているかもです(笑)。

というわけでお知らせです。

12月1日(金)18時半~20時半 
場所は大沼多目的会館ポロトポント。
20人くらいの定員なので、参加希望の方は詳細含め、
ご連絡ください。

映画の詳細は以下です。
→ カンタ!ティモール

家族の絆、村の人々の絆、言葉、暮らし、子どもたち・・
悲しい歴史を抱えながら、でも怒りはもたず、
家族や仲間と支え合いながら
生きる姿は、強く美しい。
言葉も、美しく、そして重い。
その言葉を乗せた唄は、なんとも心地よい。
子どもたちは、見たこともないくらい輝いて可愛らしい。

暮らすってそういうことだよなあ。
「暮らしこそ平和だ」
そう言える暮らしをしている人の暮らしを垣間見て、
今、私たちの暮らしを顧みる。

今、観れてよかったです。


山田農場について

山田農場

Author:山田農場
2006年から農場を開墾し、畜舎・住宅・チーズ工房などを自分たちで建てて、2008年からチーズの販売を始めました。山羊・ヒツジを放牧と地元で獲れる作物で育て、なるべく自然な飼い方で、なるべく自然なチーズ作りをしています。季節を感じ、土地の個性を感じるチーズを楽しんでいただけたら嬉しいです。また、自給自足が目標で、お金のかからない、できるだけエネルギーを使わない暮らしを目指しています。
カテゴリーにあるお店の紹介にはアクセス・営業時間など、チーズの紹介にはチーズの種類と価格など、ヤギ山通信には農場の日記を載せていますので、ご覧いただき、お問い合わせは電話・Fax・メールでお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カウンター
記事のカテゴリー
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示